【新関東リーグ1部第3節】マッチプレビュー

高橋佑輔

2017年10月28日、ZOZOにて新関東リーグ1部第3節、全4試合が開催される。
新関東リーグ2017が開幕から2節が終了し、早くも混戦が繰り広げられている。
今後に弾みをつける上で重要な第3節。
3節の見どころを紹介していく。

img_5050

第1試合 早稲田大学稲穂キッカーズ(3位) VS 明治大学体同連サッカー部(2位)

第3節最も注目が集まるのはこの対戦カードだろう。
開幕から2連勝を飾り1位と同勝ち点で2位に着く明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と昨年度王者・早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が顔を合わせる。
注目が集まる理由の一つ、この2チームは9月に開催されたマガジンカップの決勝にて熱い戦いを繰り広げている。
マガジンカップでは終始拮抗した戦いが行われるも、終了間際に稲穂10番長瀬(3年=國學院久我山)がPKを決め、稲穂に軍配が上がっている。

体同連はマガジンカップでの因縁を晴らすべく、絶対に負けられない戦いになるだろう。対する稲穂も三冠日本一に向けて落としてはならない試合となる。

稲穂の注目選手は92番FW中島(1年=早大本庄)。前節、終了間際に直接FKを決めてチームを救う勝ち点3をもたらした。強力な攻撃陣を揃えるもリーグ戦では得点の奪えない展開が続いている。この状況を中島がいかに打開するかが鍵となる。

一方、体同連は8番遊馬(3年=熊谷西)がキーマンとなる。前回退場となった35番中島(4年=前橋商業)を出場停止で欠く中、いかにクリエイティブな攻撃を展開するかが問われる。そこで遊馬の俊足を生かしたドリブルが必要となるだろう。

第2試合 明治大学Groovy kids(7位) vs 立教大学サッカー愛好会(1位)

開幕2連勝を飾り現在首位に立つ立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)とリーグ戦で苦戦を強いられている昨年度2位明治大学Groovy kids(以下:グルービー)が戦う。

立愛は目標となる優勝に向けて確実に勝ち点3を取りに行き3連勝を狙う。
3連勝の鍵となる選手はルーキー14番山本(1年=ヴィッセル神戸U-18)。一年生ながらスタメンとして出場している彼は、期待通り別格の存在感を示している。小柄な体格だが、細かく繊細なボールタッチで敵陣を切り裂くドリブルが持ち味だ。

一方開幕から1分1敗で、本来の実力を出し切れていないグルービーは、ここで初勝利を飾り今後に弾みをつけるために負けられない一戦となる。
この一戦注目したいのは3番妹尾(4年=作陽)だ。2試合7得点という絶好調な立愛攻撃陣をシャットアウトする鍵となる。異次元の跳躍力を持つ彼は開幕からの2試合でもことごとくハイボールをはねかし続けた。立愛戦でも持ち前の体を張った守備に期待が寄せられる。

img_1607

第3試合 中央大学フースバルクラブ(6位) vs 早稲田大学FC.GUSTA(5位)

第3試合は1分1敗の勝ち点1で並ぶ対戦カードとなる。

中央大学フースバルクラブ(以下:フース)は優勝候補筆頭であったが未だ勝ち星を上げられていない。
今回の対戦カードは昇格組の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)。後半の巻き返しに向けて確実に勝利をものにできるかが求められる。

対するグスタは春に1-3で敗北した経験がある。目標である1部残留に向けて、格上相手に対しチーム全体で勝ちをもぎ取ることができるだろうか。
ここでの勝敗が今後のリーグ戦の行方を左右すると言っても過言ではない。

フースはボランチ若杉(3年=新潟明訓)が核となる。ロングパスを多く使うタレント集団において中盤でボールを収め、前線の選手にいかにチャンスボールを配球できるかが重要だ。

グスタで注目すべくは1年生DF関慎之介(1年=浦和レッズU-18)だ。CB,SBをこなすマルチDFは強い対人スキルを持っているだけでなく、高精度なキックでゲームを組み立てることができる。
ポゼッションでゲームを作り上げるグスタの核となる働きに期待出来る。

ae72f26a-6ffd-44a7-a8e1-a0b1c372b83a

第4試合 青山学院大学理工サッカー部(4位) vs 明治大学生田サッカー蹴友会(8位)

そして第4試合は4位青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)と最下位明治大学生田サッカー蹴友会(以下:生田)が対戦する。

前節、数的優位の状態で勝ち越せなかった青理は手痛い敗戦となり上位から一歩離される展開に。
最下位相手に華麗なポッゼッションを展開し上位陣に食らいつくことができるのか。

一方、生田は1部昇格後2連敗を喫し、1部の厳しさを体感している。しかしながら前節では王者・稲穂相手にラストワンプレーまでスコアレスという戦いを繰り広げた。敗戦だったものの手応えを感じているだろう。

青理の注目選手はFW田中(3年=駒場)。青理の華麗な崩しにおいて最後に確実にフィニッシュできるかが問われる。

生田の注目選手は8番岩間(2年=座間)である。小柄ながらスピードに乗ったドリブルは稲穂相手においても驚異的な存在を放っていた。また後半に繰り広げたボレーシュートは会場を沸かせた。彼のゴールで初白星を飾ることができるのか。

 

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ 明治大学 体同連サッカー部のチームページ 青山学院大学 理工サッカー部のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 【新関東リーグ1部第3節】マッチプレビューのチームページ

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.07.20

【新関東カップ2018MVP】選ばれたのはこの男…!?

例年の新関東カップは早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が三連覇を果たしていて、今年も早稲田稲穂が四連覇目を果たすかと思われていた。 この前人未到の四連覇を打ち壊し、優勝したのが中央大学体同連フ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.27

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.4

  明治学院大学 白金FC チームPR 昨年度は新関東2部リーグ2位、アットホームカップ全国大会ベスト4と白金FC初となる快挙を達成し、勢いのあるチームです。今年度は勢いそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.29

【キャプテン特集】全員が入って良かったと思えるサークルへ

みなさんこんにちは! リーグ戦も始まり、ほとんどのチームがあと約1か月で3年生が引退してしまいます。 そんな中、今年2部から昇格しノリに乗っている 立教サッカー愛好会主将(以下:立愛) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.20

【イケメン特集vol.3】お笑い担当!?國學院ミスターコン出場中のイケメンに取材!

  こんにちは!!   もう11月の中旬に入ってしまいました。。。。 時間がすぎるのは早いですね。。。。 秋のこの時期といえば文化祭 文化祭といえば そ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.23

【サークル × 体育会イベント】早稲田稲穂キッカーズキャプテン 中島剣士郎『実際にはサッカーに熱中する同じ大学生』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。この日はサークルvs体育会でバチバチの試合が繰り広げられた後に、交流会が開催され、お互いのイメージや価値観を交…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-