3年ぶりの開催!マガジン杯直前記事

遠藤瞭介

9/9~13までの5日間、長野県上田市菅原高原にて第40回サッカーマガジンカップ オープン大会2022、通称マガジン杯・マガ杯が開催される。
新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今大会。全ての現役メンバーがこの大会に初めて参加するということで、この記事を読み少しでもこの大会について理解したうえで当日を迎えてもらえれば幸いだ。

 

大会概要

マガジン杯は株式会社毎日コムネットが主催する、大学サッカーサークル会の一大イベントだ。
特に新関東に所属するサークルにおいては、新関東カップ、新関東リーグと並ぶ3大大会のひとつに数えられる。コロナ禍以前の2018年の大会では立教愛好会、2019年の大会では中大フースバルが優勝を果たしている。

大会の詳細はこちら↙
https://www.soccer-taikai.com/info/detail.php?uid=100001303&r=circle

2018年大会決勝の試合記事はこちら↙
http://be4do.com/results/4307/

注意事項

大会に参加するにあたっての注意事項を確認しておこう。大会を円滑に進行するために参加者全員の協力が不可欠だ。

「基本的な感染対策の徹底」
グラウンドから戻ったらうがい、手洗い、アルコール消毒、その他宿のルールに従うこと

「大会期間中の体調管理」
万が一体調が優れない場合は、宿泊施設、大会本部に連絡すること

「大会期間中のスムーズな進行にご協力を」
試合開始時刻、担当副審時刻に遅れずに行動するように

大会の特徴

マガジン杯の特徴として、

・同一サークルから複数のチームが参加する

・関西のサークルが参加する

・合宿での集中開催で行われる

・最もお祭り感が強い

ことなどが挙げられる。

複数のチームが参加する場合、メンバーの振り分け方はサークルによって異なる。
実力順にチームを構成するチームももちろんあるが、すべてのチームの力がなるべく均等になるようにするサークルもあるため、仮にチーム名に「Cチーム」と記載があっても油断は禁物だ。

また、関西のサークルとガチで試合ができる良い機会でもある。同志社大学三ツ葉キッカーズは現在社会人リーグを戦っており、マガジン杯でも毎年のように好成績を収める強豪チームだ。

大会は5日間に渡って行われ、初日と2日目は予選リーグ、3日目から最終日にかけて順位決定トーナメント及びリーグが行われる。1日に連戦の場合もあるため、熱中症になったり脚が攣ったりすることのないように水分や塩分はこまめに補給しよう。

脚攣り予防についての記事はこちら↙
http://be4do.com/column/5907/

マガジン杯の最大の特徴として、髪色を派手にすることが毎年の恒例になっている。いかに気合を入れて毛先のキューティクルと頭皮を痛めつけてこれるかに君のこの5日間の命運がかかっているといっても過言ではないだろう。
「後でバイト先の店長に怒られる」とかなんとか聞こえてきた気がするがこちらの知ったことではない。ちなみに大会期間が終わればすぐに髪色を暗く戻す人ももちろんいるが、中にはうまくバイトのシフトを調整して派手髪をできるだけ長く楽しもうとする先輩もいた。

当日、個性的な髪色・髪型のイカした人物を目撃したらぜひBeYonDまで一報を。大会後に「マガ髪特集」として特集を組む予定だ。

過去の「マガ髪」記事はこちら↙
http://be4do.com/column/3014/
http://be4do.com/column/4325/

最後に

この期間は同期や先輩・後輩との仲を深めるこれ以上ない機会だ。日中、時間があれば会場周辺のおいしいスイーツを探してみたり、夜は星空スポットを捜索したりするのもいいだろう。サッカーに全力で取り組むのはもちろん、宿での時間などサッカー以外の時間も存分に楽しんでほしい。
そういえば後輩諸君、コンビニなどで先輩におごってもらったら笑顔でお礼を伝えるとともにインスタのストーリーにタグ付きで投稿しておくように。上級生は後輩からの尊敬と親しみを受けなければ生きていけないのである…。

最後に毎日コムネットさんからのメッセージを紹介する。
「ご参加いただく皆さんで40回目の大会に相応しい最高の大会を作り上げ、一緒に歴史を刻んでいきましょう!」

Written by

遠藤瞭介

r.endo

Keywords

Recommend

コラム 2021.03.28

【新歓記事2021】vol.4 慶應義塾大学サッカーサークル その2

    新歓記事vol.4では、vol.3に引き続き慶應義塾大学の3チームを紹介します! FC e.l.f ・チーム名 FC e.l.f. ・自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.11

【マネの技術Vol.6】プレイヤーケアの必需品『救急バッグ』の中身に迫る!

熱かった新関東リーグ2017も終わり、3年生は就職活動へ向かう中、 1、2年生を中心に新チームが始動し始めるこの時期!! 各選手来たる来シーズンに向け、新チームにかける想いは大きいと思います! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.01

【新関東リーグ2020・1部第2節マッチハイライト】優勝のために負けられない一戦の結果は!?

11月1日、開幕戦と共に連日鹿島ハイツで行われた第2節の結果がこちら。 開幕戦を勝利で飾り、共に連勝したい中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)と慶應大学理工学部サッカー部(以下:リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.19

【BMOM31】田中圭介(1年=日大藤沢) ”食いしん坊ドリブラー”

【BMOM31】法政学団連サッカー部  MF17 田中圭介(1年=日大藤沢)   先日行われたGuam Championship 鹿島ハイツラウンドにて法政大学学団連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.28

【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

明治大学体同連サッカー部  藤原由衣さん     −体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか? 2年のときが1番強かったと思います。私た…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.04

【新入生必見!同好会チームガイドvol.10】中央大学編

MARCH特集も大詰めを迎え、今回は中央大学を紹介します! ギリギリ東京に位置し、広大な敷地面積を誇る多摩キャンパスや、理工学部所属の後楽園キャンパス周辺で活動するサークルが数多くあります! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.22

【美女マネvol.22】今回は史上初となる関西のチームから美女マネが登場!!

こんにちは!   夏休みですね~!   BBQ、花火大会など存分に遊び散らかしているであろう皆さん。     もしくは…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-