【新関東リーグ2021・1部第1節マッチハイライト】遂に開幕!開幕戦を白星で飾るのはどのチームか!?

東 孝太郎

10月16日、新関東リーグが開幕した。矢田部サッカー場で行われた第1節の結果がこちら。

 

 

今季の開幕カードは昨シーズン優勝し、現在2連覇中の早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)。早稲田グスタが終始ボールを支配する展開で前半に11番後藤直也(2年=國學院久我山)のゴールで幸先良く先制点を奪う。その後も多くのチャンスを作るも決定力に欠く早稲田グスタは、後半に途中出場の41番大川俊哉(3年=緑ヶ丘)に同点弾を許しそのまま試合終了。3連覇を目指す早稲田グスタにとって痛い引き分けとなった。

 

 

もう一つの開幕カードは、多数のタレントを要する早稲HUMAN.FC(以下:早稲田ヒューマン)と昨年2部から昇格を果たし1部残留を目指す中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の対決。互いに実力が拮抗した試合で、両チーム惜しいシーンを作るも両ゴールキーパーの活躍もあり1点が遠く、痛み分けとなった。

 

 

昨季2位の早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)は明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)と対決。前半終了間際、明治体同連の53番野津春樹(2年=逗子開成)のスーパーゴールで明治体同連が先制する。明治体同連の堅実な守備に苦しめられる早稲田理工だったが、後半5分11番田中元一朗(3年=東工大附属)のゴールで同点に追いつき、そのまま試合終了。互いに球際が激しく、多くのチャンスを作るもあと1点が遠かった。

 

 

今季新関東カップ、学内戦共に優勝と勢いに乗る早稲田大学稲穂キッカーズは、中央サカ同と共に2部から昇格した立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)の対戦となった。前半開始早々早稲田稲穂の38番双木駿(1年=早大本庄)のゴールで先制し、試合を優位に進めるが立愛も98番高田舜(1年=駒込)のゴールで前半のうちに追いつき前半のうちに追いつく。しかし早稲田稲穂の99番蔵田旺祐(2年=早稲田実業)が途中出場ながら2ゴールを挙げる活躍を見せ、早稲田稲穂が見事開幕戦勝利を収めた。

 

 

開幕戦3試合が引き分けと、今年の新関東リーグ1部は実力が拮抗していることが窺える。また今季は人数制限や試合前の体温チェックなど感染対策が万全な状態で運営されている。声を出しての応援はできないものの、各チーム工夫した応援でチームを鼓舞し、熱く盛り上がった開幕戦となった。

 

なお、慶應大学理工サッカー部と中央大学体同連フーズバルクラブの試合は延期となった。

 

 

[第1節]

早稲田グスタ 1ー1  明治生田

早稲田ヒューマン 0ー0 中央サカ同

早稲田理工 1ー1  明治体同連

早稲田稲穂 3ー1  立愛

 

[順位表]

 

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.31

【新入生必見!同好会チームガイドvol.6】明治大学編その2

今回は明治大学の続編です! 前編の4チームとはまた違った雰囲気を持つ4チームを取り上げていきます 明治大学の新入生は是非、このチームガイドを参考に、1つでも多くの新歓に足を運んでほしいと思います!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.10.23

「可愛すぎてファールなのでは?」同好会カテゴリーだけでなくミスコンでも活躍する美女マネ達

今回はサッカー同好会カテゴリーのみならず、ミスコンでも活躍する加藤葉純さん(FC立教)、鈴木彩恵さん(中央大学サッカー同好会)、松林佑那さん(慶應キッカーズ)の3名にインタビューしました!必見です! …

read more 青木優太
コラム 2023.03.06

【新歓記事vol.4】新入生必見!!立教大学&法政大学サッカーサークルを比較してみました!!

こんにちは!BEYOND編集部です!3月に入り多くの新入生はどのサークルに入るか悩んでいる時期ではないでしょうか?今回は、法政大学、立教大学の4サークルについてまとめてみました!是非サークル選びの参考…

read more 山崎夏果
コラム 2023.10.27

美女マネ特集2023!

[avatar /] お疲れ様です。ついにサークルの集大成である新関東リーグが始まるので、いつも支えてくれるマネージャー特集の記事を書こうと思います! 「支えてくれてありがとう 美女マネージャ…

read more 夏果山崎
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.24

【BeYonDフットサル部門発足決定】立ち上げメンバーをご紹介!!

こんにちは!! 突然ですが、、、! この度、『BeYonDフットサル部門』が立ち上がることが決定しました!! サッカー同好会カテゴリーだけではなく、 フットサル同好会カテゴリーの情…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。 新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM15】浅田 拓郎(2年) 次世代の怪物が前線で躍動

怪物でごわす   立教愛好会は、先日の新関東リーグ最終戦で中央同好会と対戦した。結果は3-0で立教愛好会が勝利した。闘将村山のゴラッソなどを含む3得点と攻撃陣が躍動。その攻撃陣の中心…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-