【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

BeYonD 編集部

明治大学ESPERANZA

チームPR

サッカーも遊びも全力!

注目選手

山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー!

注目新入生

今年は2.3年での参加なので新入生は不在です。

このサークルだけには負けられない

明治体同連:友好関係があるサークルだから

自分たちのサークル実は…

エスペは、実は大規模サークルです!

 

法政大学 学団連サッカー部

チームPR

昨年9月の代替後無敗、出場全大会優勝中🏆

注目選手

保田 恵汰:知る人ぞ知る学団連のスーパーサブ!彼を温存しているうちは他のチームに勝ち目はないだろう。。。

注目新入生

坪谷 至祐:強豪市船出身、選手権で得点した経験を持つ学団のスーパールーキー

このサークルだけには負けられない

中央大学サッカー同好会:稲穂フェスタ優勝してたから

自分たちのサークル実は…

実は2年連続学内戦優勝出来てないです😢

早稲田大学・稲穂キッカーズ

チームPR

早稲田大学稲穂キッカーズです!
「全冠日本一」を目標に臨んだ今シーズン。早稲田大学の学内戦は優勝したものの、主催である稲穂フェスタでタイトルを落としてしまいました。
その中で、この大会に向けた想いはどのチームにも負けません。
その想いを乗せてプレーする選手だけではなく、今年のスローガンでもある「圧倒的一体感」を表現する試合に出れないプレーヤーやマネージャーの姿にも注目してください!!

注目選手

森島雅貴(3年・川和高校):稲穂フェスタでチームが苦しむ中、1人絶好調だった幹事長のモリシ。
ムチムチな体を活かした球際の強さとあの体からは考えられない丁寧なパスが彼の持ち味。幹事長として、この大会に向けた想いは人一倍。その想いを乗せたプレーに注目してください!!

注目新入生

小野雄大:早実から稲穂に入ってくれたスーパールーキー。同じく早実産の現正GKが怪我がちの中、この大会で活躍し、カップ戦優勝に貢献してくれるのか。彼の魅力は、めちゃくちゃでかい声での的確な指示。安定感も半端なく、期待大です!

カップ戦への本気度

「全冠日本一」を目指して臨んだ今シーズンにおいて、稲穂フェスタを落としてしまったので、この大会に対する本気度と覚悟は負けません!

自分たちのサークル実は…

実は、ガキが多いんです。真面目そうに見える稲穂キッカーズですが、そんなことは全くありません。オンとオフのギャップにも注目してください!

明治大学 ESPERANZAのチームページ 法政大学 学団連サッカー部のチームページ 早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.27

【スパイク特集vol.2】~FGスパイクを使いこなせ!!~

みなさん、スパイクコラムの第1弾は読んでいただけたでしょうか? 「読んでないよ~」という方がいましたら、ぜひページを戻って第1弾の方を先に読んでみてください!!   では、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.26

【プレからの想いvol.3 】”マネはスパイス”

夏の合宿もほとんど終わり、3年生にとっての最後の夏が終わろうとしています。 久々のこの企画… プレからの想い 今回はユニオンリーグから、 早稲田大学 GIOCATORE このサークル…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM13】鷹野 友哉(3年) 復帰戦で底抜けの肺を披露

ドラマティックボーイ   明治体同連は、先日の新関東リーグ最終節で青山理工と対戦した。残留圏に残るために勝利が絶対条件であった。明治体同連は2点差をつけ勝利すれば、自力での残留を決め…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.21

【同好会基礎情報vol.6】夢のグアムへの切符をかけて…”Guam Championship”とは?

大学生のみなさんなら長期休みを利用して、一度は"海外でバカンスしてみたい" なんて考えたりしますよね? ハワイ、セブ島、サイパン、グアム… もしもサッカーの大会で優勝したらグアムに行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-