【試合ハイライト】1,2年生学年別ラウンド決勝、学年最強の称号を手にするのはどのチームか!?

とーや Dしゅんぺい

2月13日雨が降り気温も下がる中、駒沢オリンピック公園総合運動場にて1,2年生各カテゴリーの王者が決まる熱い試合が繰り広げられた。

 

1年生中央大学フースバルvs青山学院理工サッカー部

1年生は予選を勝ち抜いた中央大学フースバル(以下:中央フース)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青学理工)、1年生にとっては初めての学年合宿、そして2023年初のタイトルを手にするのはどちらのチームか?

 

試合展開は、中央フースが長くボールを握る展開となる。

前半10分、99番野口恭平(1年=静岡学園)が中央でためを作り、左サイドへパス、そこから41番鈴木大誠(1年=桐蔭学園)がカットインシュート。ボールはニアに刺さりゴール。中央フースが貴重な先制点を手に入れる。
追いかける展開となった青学理工は失点直後に、26番中村雄貴(1年=大和)のアーリークロスから、16番村田唯月(1年=かえつ有明)が反応しシュートを打つ。しかし、中央フースGKの好セーブに阻まれてしまい同点とはならず。
その後は、お互いチャンスを生かせずスコア1-0のまま前半終了。

何としても一点を入れ追いつきたい青学理工だったが、後半も中央フースの展開で試合は進む。

9分には中央フースが右サイドを崩して、マイナスに折り返すと、そこに走り込んだ77番坂本啓悟(1年=筑陽)がペナルティエリア外からミドルシュート。これがサイドネットに突き刺さり、中央フースは優勝をぐっと近づける追加点を手にした。

青学理工も25番小林悠哉(1年=日大藤沢)を中心に攻撃を仕掛けるもここまで無失点で勝ち抜いてきた中央フースの集中した守備を最後まで崩しきれず2-0のまま試合終了。

 

1年生大会は中央大学フースバルが、46チームの頂点に立った。

 

 

 

2年生明治大学体動連サッカー部vs中央大学サッカー同好会

2年生大会は予選を勝ち抜き決勝の舞台にたった明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と先日、YoutubeにてB&Bとして、インフルエンサー集団であるwinner’sと熱い試合を繰り広げた中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)、今年1年間の勢いをつけるために試合は両者譲らず激しい試合となる。

 

中央サカ同は8分に味方DFのクリアを中央で受けた9番信岡光(2年=日大藤沢)がワンタッチで剥がしそのままゴール前まで独走。相手DFを振り切りシュートを放つも、キーパー正面となりゴールとはならず。
明治体同も、21番恩田拓八(2年=八千代)、327番金子京矢(2年=東海大高輪台)を中心に攻撃を仕掛けていくが、スコアレスのまま前半終了。

後半も、両者各々のスタイルで攻撃を仕掛けていくが中央サカ同は阿部真珠(2年=日大山形)、明治体同は北口鼓太郎(2年=八千代)を中心とした気持ちのこもった守備によって、後半もお互い点を決め切れず試合終了。試合はPK戦に突入した。

 

1 2 3 4 5
明治体同連

 

中央サカ同

 

×

 

PK戦は、明治体同GK鈴木皓陽(2年=横須賀学院)の活躍もあり、明治大学体同連が優勝を果たした。

学年大会だからこそ、サッカーの試合だけでなく、試合していないオフ・ザ・ピッチでのプレーヤーとマネージャーが遊んでいる姿などが、他の大会とは違うサークルの新たな魅力をまた見せてくれたような大会であった。
これから学内戦、新関東カップと前期の大きなタイトルが始まっていく。
決勝に進出した4チームはもちろん、予選に出場していたほかのチームの躍進にも期待していきたい。

 

 

 

改めて中央大学フースバル、明治大学体同連サッカー部の皆さまおめでとうございます!!

Written by

とーや Dしゅんぺい

toyaDshunpei

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.24

【BeYonDフットサル部門発足決定】立ち上げメンバーをご紹介!!

こんにちは!! 突然ですが、、、! この度、『BeYonDフットサル部門』が立ち上がることが決定しました!! サッカー同好会カテゴリーだけではなく、 フットサル同好会カテゴリーの情…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.10

青春をもう一度!合宿ランキング!

  連日の猛暑は何処へやら。9月がスタートし、涼しい日も増えてきて秋の訪れを感じる時期になってきましたね。 フレッシュな1年生を仲間として迎えてから少し時間が経ち、お互いのことを…

read more 木村彩歌
コラム 2020.08.03

【マネの想いvol.5】“勝利の喜びを共有させてくれて、ありがとう”

第5弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 慶應義塾大学 慶應キッカーズ 3年 諸星咲奈さん (写真右) ―キッカーズのマネージャーはどんな仕事していますか? 正直1番…

read more 田中菜々美
コラム 2022.11.09

【新関東リーグ2022・1部・2.3節マッチハイライト】過密日程となった2日目。2連戦を物にするのはどのチームか!?

第2節 中央大学体同連フースバルクラブ VS 明治大学生田サッカー蹴友会 前節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)に敗れた中央大学フースバルクラブ(以下:フース)と、明治大学groovykids…

read more 柴田尋生
コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.13

サークルと関わりの多いクリアソンってどんな会社?

本日は大学時代には関西学院大学サッカー部のキャプテンとして日本一に輝き、プロとして徳島ヴォルティスでプレー。その後クリアソン新宿のキャプテンとしてJFL昇格に導くといったすご経歴をお持ちの井筒陸也さん…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2018.03.30

【フットサル新歓記事vol.3】立教大学・青山学院大学編( RCC.univ、Diavolo S.P.F.C.、コモエスタ青山)

立教大学 RCC.univ ・自分達のサークルを一文で表すなら 遊びもフットサルも100%真剣に楽しむ!! ・大学、チーム名 立教大学 RCC.univ ・活動地域 埼玉県、東京都…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.07

【BMOM103】見崎大地(3年=狭山ヶ丘)意地の2連続PKストップ!

7月7日に東戸塚フットボールパークで行われた、明治学院学内戦決勝は白金FC.C vs 白金FC.D。白金FC同士の一戦となった。 30度を超え、給水タイムが設けられるほどの暑さ。その中、試合をよ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.12.20

新関東リーグ2018・1部 ベストイレブン

2018年11月17日、新関東リーグは中央大学フースバルクラブが圧倒的な強さを見せ無敗優勝を果たすという形で幕を閉じた。 中央フースバルは新関東カップに続く、2冠目となる。 BeYonD編集部は今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学サッカーサークルその1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也

-PICKUP CIRCLE-