【アットホームカップ2022•決勝】厳しいトーナメントを制し全国を決めた両チームが優勝をかけぶつかる!!

とーや Dしゅんぺい

RESULTS

アットホームカップ

中央大学
サッカー同好会
3-0
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部

11月3日(木)味の素AGFフィールドにてアットホームインデペンデンスリーグ決勝が行われた。死の山を勝ち進み新関東カップに続き2回目の関東1に王手をかけた中央大学サッカー同好会(以下:中央サカドウ)と今大会ダークホースとなり決勝までコマを進めた日本大学スポーツ科学サッカー部(以下:日大スポ科)決勝を制し12月の全国へ弾みをつけるのはどちらのチームか?

(中央大学サッカー同好会スタメン)

 

(日本大学スポーツ科学サッカー部スタメン)

前半

前半2分中央サカドウは11番横山駿介(3年=上鶴間高校)からのコーナーキックに24番信岡光(2年=日大藤沢)がうまく合わせ開始早々先制点を入れる。

さらに中央サカドウは5分に10番新谷唯我(3年=日大三高)が左サイドから折り返し24番信岡光がペナルティ外からミドルシュート。これがサイドネットに突き刺さり追加点をとる。


中央サカドウの勢いは止まらず前半
1010番新谷唯我が左サイドを突破して24番信岡光の頭に合わせるもキーパー正面となりゴールならず。

序盤から10番新谷唯我、24番信岡光を中心として中央サカドウペースで試合が始まる。

なんとか反撃に出たい日大スポ科は1224番のスルーパスに抜け出した8番がクロスをあげるも中央サカドウの固いDFに阻まれる。

さらに20分には34番中屋怜歩(1年=静岡学園)が左サイドからカットインシュートを放つも惜しくも中央サカドウGK86番橋本紘(3年=東大和南)の正面となる。


中央サカドウは
2129番滝口颯太(1年松本山雅ユースU-18)が左サイドからしかけクロスをあげ、そのこぼれに反応した38番野田翔太(2年=甲府商業)がシュートを放つもボールは枠外へ飛んでいく。


さらに、中央サカドウは
22分前線でボールをカットした11番横山駿介がペナルティ付近からロングシュート。惜しくもゴールとはならなかった。


前半終盤の
28分には24番信岡光の折り返しに反応した10番新谷唯我が得意の切り返しからシュートを放つものポストに阻まれ追加点とならず、そのまま前半終了。


前半は完全に中央サカドウペースで試合が進む。

後半

なんとか追いつき反撃に出たい日大スポ科とダメ押しの3点目を入れたい中央サカドウ。後半はより激しい球際の競り合いとなる。

110番新谷唯我の見事なサイドチェンジから11番が日大スポ科DFを剥がし10番新谷唯我の頭へピンポイントクロス。中央サカドウが開始早々追加点をとり、後半も中央サカドウペースとなる


このままでは終われない日大スポ科は
434番中屋怜歩のカットインからマイナスへクロス。そこに抜け出した10番高橋稜(3年=東北)が抜け出しシュート。しかし中央サカドウDFにブロックされ得点とならず。

ここから中央サカドウの怒涛の攻撃が日大スポ科ゴールを襲う。

1129番滝口颯太が左サイドから日大スポ科DF4枚を剥がしペナルティエリア内へ侵入。そのまま倒されPKかと思われたが笛はならずそのまま66番長友星澄(1年生=実践学園)と交代となる。

1238番野田翔太のアーリークロスに10番新谷唯我が合わせようとするもの合わせきれずボールは枠外へ。

1355番石塚健太からのアーリークロスに11番横山駿介がスーパートラップ。そのまま左足で打つもボールはゴール外のサイドネットに引っかかる。

さらに、19分には、10番新谷唯我、24番信岡ひかる流れるようなパスワークから最後11番横山駿介が抜け出しシュートを打つも惜しくもボールはゴールバー上を通過する。


21分なんとか一点が欲しい日大スポ科にビッグチャンスが訪れる。
裏に抜け出した24番荒井慶太(2年=浦和南)が左足の強烈なシュートを放つ。しかし、中央サカドウGK86番橋本スーパーセーブによって惜しくも得点とはならず。


29
分試合終盤に8番岡部佑哉(3年=狭山ヶ丘)がクロスをあげるも合わせきれずボールは外へ出てそのまま試合終了。

中央サカドウが今年2度目の関東1位でインデペンデンスカップを締め括った。中央サカドウ、日大スポ科両チームは126.7日の全国大会が決まっている為そこでの活躍にも注目していきたい。

大会MVP:信岡光(2年日大藤沢)

中央大学
サッカー同好会の詳細を見る

Written by

とーや Dしゅんぺい

toyaDshunpei

Keywords

Recommend

試合情報 2017.02.25

【新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝】中央フースバルBが劇的な同点弾の勢いのままPK戦を制し、チャンピオンシップ優勝を果たす!

新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝戦

法政大学
学団連サッカー部
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブB
read more BeYonD 編集部

新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝戦

法政大学
学団連サッカー部
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブB
試合情報 2017.02.08

【新人戦2年生大会・決勝】慶應リコタイが圧倒的な力を見せ、頂点へ

新人戦2年生大会 決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
3-0
法政大学 Irish
read more BeYonD 編集部

新人戦2年生大会 決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
3-0
法政大学 Irish
試合情報 2021.11.23

【新関東リーグ2021・1部第8節】残留へ向けて激突した中大フースバルと明治生田の戦いの行方は?

新関東リーグ2021・1部第8節

中央大学
体同連フースバルクラブ
1-0
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more 山田大晴

新関東リーグ2021・1部第8節

中央大学
体同連フースバルクラブ
1-0
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2021.11.12

【新関東リーグ2021・1部第6節】技巧派集団同士による早稲田ダービー!負けられない一戦で勝ち点3を手にしたのは!?

新関東リーグ2021・1部第6節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more 東 孝太郎

新関東リーグ2021・1部第6節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2017.06.12

【新関東カップ2017 準決勝】グルービーが勢いそのままに逆転勝利を収める

新関東カップ2017 準決勝

明治大学
Groovy kids
2-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more 高橋佑輔

新関東カップ2017 準決勝

明治大学
Groovy kids
2-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2017.02.18

【日本大学学内戦決勝戦】法学部サッカー部が見事な逆転勝利

日本大学学内戦決勝

日本大学
教育サッカーBAMBINO
1-2
日本大学
法学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

日本大学学内戦決勝

日本大学
教育サッカーBAMBINO
1-2
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2017.05.14

【関西同好会トーナメント1回戦】昨年の王者TRIOSが堅実な試合運びで勝利を収める

関西同好会トーナメント1回戦

関西大学
FC. TRIOS
3-0
京都大学
BOMBERS
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント1回戦

関西大学
FC. TRIOS
3-0
京都大学
BOMBERS
試合情報 2021.12.08

【新関東リーグ2021・1部第9節】連勝中で勢いに乗る両チームによる早稲田ダービー!

新関東リーグ2021・1部第9節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
read more 山口輝

新関東リーグ2021・1部第9節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2018.11.07

【新関東リーグ2018 1部 第5節】激しいシーソーゲームは互いに勝ち点1を分け合う結果に!

新関東リーグ2018 1部・第5節

明治大学
体同連サッカー部
3-3
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018 1部・第5節

明治大学
体同連サッカー部
3-3
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.06.10

【新関東カップ2017 準決勝】 危なげない勝利で3連覇へ王手とした稲穂キッカーズ!

新関東カップ2017 準決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 準決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
立教大学
サッカー愛好会

-PICKUP CIRCLE-