【マガ杯2023・予選】予選リーグ最終戦!首位通過を決めるのは明治大学生田か、それとも立教大学サッカー愛好会か!?

東 孝太郎

RESULTS

第41回マガジンカップ2023予選リーグ

明治大学
生田サッカー部蹴友会
4-1
立教大学
サッカー愛好会

9月8日から始まった第41回マガジンカップ2023予選も最終戦を迎える。

グループOは2戦を終えて2勝したチームが2つ。
明治大学生田サッカー部蹴友会A(以下:明治生田)と立教大学サッカー愛好会A(以下:立愛)だ。
両チーム共危なげない試合展開でここまで勝ち進んできており、この一戦の勝者がグループO首位通過となる。

共にサッカーサークル界最高峰リーグである新関東リーグ1部で戦うチームで、互いに負けられない一戦だ。

前半

立ち上がりから両チーム激しい攻防が続き、互いにチャンスを迎える。

開始早々、立愛98番内藤大夢(2年=新潟明訓)がドリブルでサイドを突破すると、マイナスのクロスに20番永富颯大(2年=新潟明訓)がシュートを放つが、これは惜しくも枠を外れる。

3分、今度は明治生田がチャンスを迎える。
77番筬島大智(3年=袋井)がサイドをえぐり、マイナスのクロスに11番川又悠希(3年=市立浦和)が合わせる枠を捉え切れない。

立愛は98番内藤を中心に右サイドからチャンスメイク。
生田は前線の長身FW9番中野耕太郎(3年=國學院久我山)と俊足FW69番水野真成(3年=検見川)にロングボールを送り、チャンスを作る。

10分、互いにチャンスを作る中、明治生田が先制する。
11番川又がロングボールの競り合いに勝ち、セカンドボールを拾った9番中野が344番三好純太郎(1年=国分寺)へスルーパス。GKと一対一を落ち着いて決め、先制に成功する。

続けて13分、相手のミスを見逃さなかった9番中野がボールを奪い、69番水野とのパス交換でゴール前へ。最後は77番筬島がゴール前で冷静に相手を交わしゴールへ流し込んだ。

9番中野と69番水野を中心に明治生田が幸先よく追加点を奪い、試合を優位に進める。

立愛は焦りもあるのか、自陣でのパスミスが目立ち、押し込まれる展開に。相手の素早い前線からのプレスに苦戦していた。

その後試合は硬直状態に。互いにゴール前まで攻め込むもシュートまで至れず、両チームディフェンス陣が集中力を切らさない。

前半終了間際、明治生田9番中野がサイドを駆け上がりクロスを上げると、69番水野がファーサイドで冷静に流し込み、明治生田が勝利を大きく手繰り寄せる3点目を決める。
またしても9番中野と69番水野がゴールに絡み、立愛はこの二人に手をつけられない状態。

このまま前半が終了した。

後半

立愛は逆転勝利を目指して、それまで温存していた6人をピッチへ送り込む。
前線メンバーを総入れ替えで後半に挑む。

しかし開始早々チャンスを迎えたのはまたしても明治生田。
コーナーキックに途中出場の43番日高光輝(3年=駒澤大高)が頭で合わせ、ダメ押しとなる4点目を決める。

何としても一点が欲しい明治生田は、途中出場の10番高田舜(3年=駒込)の鋭いドリブル突破から立て続けにコーナーキックを獲得。6番の鈴木東民(3年=都立駒場)が精度の高いクロスを何度も供給するが、決め切ることができない。

それでも10番高田と99番中村凛太郎(3年=都立大泉)を中心に攻撃を組み立て、両サイドから前半には見られなかった惜しいシーンを何度も演出する。

すると終了間際の27分、立愛は7番岸大祐(3年=かえつ有明)におコーナーキックに6番鈴木が合わせ、一点を返すもここで試合終了。

 

明治生田は予選リーグ全勝で首位通過を決めた。

また立愛は負けはしたものの、2位で予選リーグ通過を決めた。

 

明治生田の前線二人、9番中野と69番水野の攻撃は終始脅威であった。9番中野が長身を生かしたポストプレー、69番水野は俊足を生かした裏への抜け出しと、非常にバランスの取れた2トップである。

決勝トーナメントでも二人の活躍でチームを勝利に導くことができるのか、注目したい。

また立愛は負けはしたものの、途中出場の10番高田や98番内藤が時折個人で打開しチャンスを作っていた。決勝トーナメントで苦しい展開が来たとき、チームを救うのはこの二人かもしれない。

また決勝トーナメントの一回戦で、この両チームは再戦が決まっている。
今回は明治生田の圧勝に終わったが、次は勝敗が読めない展開となるだろう。
明治生田の2連勝か、立愛が予選リーグの借りを返すのか、注目が集まる一戦となる。

明治大学
生田サッカー部蹴友会の詳細を見る
立教大学
サッカー愛好会の詳細を見る

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

試合情報 2017.06.13

【関西同好会トーナメント準決勝】TRIOSが阪大同好会を下し、連覇をかけ決勝戦への切符を手にした!

関西同好会トーナメント準決勝

関西大学
FC TRIOS
2-1
大阪大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント準決勝

関西大学
FC TRIOS
2-1
大阪大学
サッカー同好会
試合情報 2022.11.22

【新関東リーグ2022・1部・第5節】昨年度上位2チームの負けられない闘い。

新関東リーグ一部2022

立教大学
サッカー愛好会
1-2
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more 青木優太

新関東リーグ一部2022

立教大学
サッカー愛好会
1-2
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2018.07.09

【明治大学学内戦2018決勝】ハイレベルな明治大学の頂点に上り詰めたのは果たして?

明治大学学内戦決勝

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-0
明治大学
ESPERANZA
read more BeYonD 編集部

明治大学学内戦決勝

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-0
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2016.10.31

【関西同好会リーグ1部第5節】首位攻防戦は首位同志社三ツ葉が阪大同好会を下す

関西同好会リーグ1部第5節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
3-0
大阪大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ1部第5節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
3-0
大阪大学
サッカー同好会
試合情報 2016.11.22

【新関東FL1部第7節】豪雨の中明治体同連が青山理工を気迫でねじ伏せる!

新関東1部第7節

明治大学
体同連サッカー部
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東1部第7節

明治大学
体同連サッカー部
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2017.05.22

【新関東カップ2017 2回戦】BeeVooが激しい打ち合いを制し、EAGLEに逆転勝利を収める。

新関東カップ2017 2回戦

上智大学
サッカー愛好会EAGLE
2-3
明治大学
BeeVoo
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

上智大学
サッカー愛好会EAGLE
2-3
明治大学
BeeVoo
試合情報 2021.10.20

【新関東リーグ2021・1部第2節】悪天候の中生まれた値千金の決勝点!明治体同連が1部昇格組の中央サカ同を下す。

新関東リーグ2021・1部第2節

明治大学
体同連サッカー部
1-0
中央大学
サッカー同好会
read more 山田大晴

新関東リーグ2021・1部第2節

明治大学
体同連サッカー部
1-0
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2022.11.03

【アットホームカップ2022•決勝】厳しいトーナメントを制し全国を決めた両チームが優勝をかけぶつかる!!

アットホームカップ

中央大学
サッカー同好会
3-0
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
read more とーや Dしゅんぺい

アットホームカップ

中央大学
サッカー同好会
3-0
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
試合情報 2016.11.23

【関西同好会リーグ第6節】同志社三ツ葉が優勝に王手

関西同好会リーグ第6節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
4-0
立命館大学
FC原谷
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ第6節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
4-0
立命館大学
FC原谷
試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】理科大II部の堅守を破った日大経済が3回戦に駒を進める!

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部

-PICKUP CIRCLE-