【マガ杯2023・決勝T2回戦】ベスト8を賭けた2回戦。早稲田大学FC.GUSTAが今大会のダークホース東北学院大学Liberoに逆転勝利!

東 孝太郎

RESULTS

第41回マガジンカップ2023 決勝トーナメント

早稲田大学
FC.GUSTA
2-1
img_2966

9月10日第41回マガジンカップ2023決勝トーナメントが行われ、ベスト8のチームが決定した。

二回戦では早稲田大学FC.GUSTA A(以下:早稲田グスタ)と東北学院大学Libero(以下:リベロ)が対戦。
互いに一回戦を危なげなく勝利し、この勢いそのままにベスト8進出を決めたい一戦だ。

圧倒的な技術力とタレント力で勝ち進んできた早稲田グスタと、今大会初出場ながら大会に旋風を巻き起こしているリベロ。
早稲田グスタは細かいパスワークから相手を崩し切るパスサッカーを、リベロは22番野木夢翔(1年=東北学院)を中心としたサイド攻撃で試合を優位に進めることができるかが見所だ。

互いに緊迫した試合が予想される中、試合開始のホイッスルが鳴った。

早稲田大学FC .GUSTA Aスターティングメンバー

東北学院大学Liberoスターティングメンバー

前半

早稲田グスタはディフェンスラインから丁寧にパスを繋ぎ、一方のリベロはブロックを形成し互いに相手の様子を伺う。

開始早々チャンスを迎えたのはリベロ。3分注目選手の22番野木がカットインからこの日初めてのシュートを放つ。

5分、ここまでは静観していた両チームだがリベロが試合を動かす。
9番近藤大翔(2年=東北学院榴ヶ岡)のポストプレーでボールを収めると、17番相原優介(2年=新屋)が抜け出しループシュートを放つ。これがGKの頭上を声てゴールに吸い込まれる。ここまでボールを保持されていたリベロが幸先良く先制点を決める。

早稲田グスタは失点したものの慌てる様子はなく、落ち着いてボールを回し虎視眈々と逆転を狙う。

すると10分早稲田グスタがビックチャンスを迎える。
27番福田勇輝(1年=國學院久我山)が左サイドでボールを受けると、中盤の位置から抜け出した16番椎谷俊輔(2年=昌平)へスルーパス。椎谷がサイドを抉りクロスを上げると、ウィングバックから駆け上がった25番日比野洵(2年=修徳)がボレーシュートを放つが、惜しくも枠を外れる。

その直後早稲田グスタ15番バンヒューゾン春希クリストファー(1年=アビスパ福岡)が右にボールを展開すると、96番白尾昴大(1年=國學院久我山)がシュートを放つがGK正面。

ここまで早稲田グスタがボールを支配し、立て続けに攻め込む展開に。中盤を務める7番水野琉太(3年=清水東)、15番バンヒューゾン、16番椎谷を中心に細かいパスワークで中盤を支配する。

一方のリベロは早稲田グスタのパスワークに翻弄され、守備の時間帯が続く。

ボールは支配しているもののなかなかゴールが奪えずにいる中、チームを救ったのはセンターバックの315番森山純平(2年=三菱養和)であった。
15番バンヒューゾンのコーナーキックにファーサイドで頭で合わせ、貴重な同点ゴールを決めた。

このまま前半終了。

早稲田グスタは前半のうちに試合を振り出しに戻し、この流れのまま試合を決めたいところだ。

一方のリベロは中心選手である22番野木が徹底的なマークに遭い、チャンスを作れないまま前半を終える。

後半

後半立ち上がりから主導権を握るのは、前半同様早稲田グスタだ。

リベロはロングボールを軸に敵陣でボールを保持したいところであったが、早稲田グスタの長身センターバック315番森山と5番小笠原康太(3年=昌平)が跳ね返し、自陣にボールを入れさせない。

ここまで劣勢に立っていたリベロであったが、後半チャンスを迎える。

11分22番野木が相手のミスを見逃さず中盤でボールを奪うと、一気にカウンターでゴール前へ。相手二人を交わすがシュートまでは至れない。
しかしこのプレーで獲得したコーナーキックに10番菅原律希(2年=東北学院)がドンピシャで頭で合わせるが、これは惜しくもポスト直撃。このプレーを機に勝ち越したいところだ。

均衡状態が続く中、22分に遂に試合が動く。

早稲田グスタ15番バンヒューゾンのコーナーキックにセンターバック5番の小笠原が頭で合わせ、値千金の逆転ゴールを決めた。

リベロは前線に枚数を残し、ロングボールで打開を図るが、早稲田グスタの粘り強いディフェンスに阻まれる。

そして試合終了のホイッスルが吹かれた、

 

最後まで攻めの姿勢を見せた早稲田グスタが終始試合を支配し、ベスト8進出を決めた。

予選リーグでは1勝2分で2位通過と苦戦した早稲田グスタであったが、ここ一番での勝負強さは流石の一言であった。

持ち前のパスワークに加え、この試合で見せたようなセットプレーから得点できたことは優勝に向け自信になっただろう。

今大会を通じて更にレベルアップしている早稲田グスタに期待したい。

早稲田大学
FC.GUSTAの詳細を見る

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

試合情報 2022.11.15

【新関東リーグ2022・1部・第4節】昇格組同士の激突!!残留に向けて負けられない1戦をものにするのはどのチームか!?

新関東リーグ2部2022・1部・第4節

明治大学
Groovy kids
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more 柴田尋生

新関東リーグ2部2022・1部・第4節

明治大学
Groovy kids
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2022.12.07

【新関東リーグ2022・2部B・第7節】ついに迎えた最終節。笑顔で締めくくるのはMAPLEか、工体連か。

新関東リーグ2022・2部B・第7節

中央大学
MAPLE
2-5
法政大学
工体連サッカー部
read more 野口日向

新関東リーグ2022・2部B・第7節

中央大学
MAPLE
2-5
法政大学
工体連サッカー部
試合情報 2018.07.09

【明治大学学内戦2018決勝】ハイレベルな明治大学の頂点に上り詰めたのは果たして?

明治大学学内戦決勝

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-0
明治大学
ESPERANZA
read more BeYonD 編集部

明治大学学内戦決勝

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-0
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2018.09.15

【マガジン杯2018 決勝】5日間に渡る激闘を制したのは一体どのチームか!?

マガジン杯2018

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-2
立教大学
サッカー愛好会
read more 遠藤瞭介

マガジン杯2018

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2016.11.20

【新関東FL1部第7節】早稲田ダービーは稲穂が勝ち、全勝優勝を挙げる

新関東FL1部第最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2018.11.12

【新関東リーグ2018 1部・第6節】混戦の残留争い!直接対決は攻守のバランスに優れた立教愛好会がチャンスを確実にものにし3-1で競り勝つ!

新関東リーグ2018 1部・第6節

青山学院大学
理工サッカー部
1-3
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018 1部・第6節

青山学院大学
理工サッカー部
1-3
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2019.02.21

【早稲田大学学内戦2019決勝】因縁の早稲田二大対決!稲穂が3期ぶりの優勝か?グスタの初優勝か⁈注目の激戦!

早稲田大学学内戦2019決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
早稲田大学
FC.GUSTA
read more BeYonD 編集部

早稲田大学学内戦2019決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
早稲田大学
FC.GUSTA
試合情報 2023.12.01

[新関東リーグ2023・1部・第7節] 昇格か!?降格か!?負けられない戦いがここにある!

新関東リーグ2023・第7節・最終節

中央大学
サッカー同好会
1-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more 西田祥人

新関東リーグ2023・第7節・最終節

中央大学
サッカー同好会
1-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2016.10.25

【関西同好会リーグ1部第3節】首位対決 龍谷大学龍谷キッカーズvs同志社大学三ツ葉キッカーズは終了間際に龍谷が追いつき引き分け!

関西同好会リーグ1部第3節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
龍谷大学
龍谷キッカーズ
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ1部第3節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
龍谷大学
龍谷キッカーズ
試合情報 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】中大フースが一点を守り切り、残留確定させる勝利。

新関東1部第6節

中央大学
体同連フースバルクラブ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東1部第6節

中央大学
体同連フースバルクラブ
1-0
明治大学
体同連サッカー部

-PICKUP CIRCLE-