【マガ杯2023・準決勝】サークル日本一へ。関西の強豪同志社大学三つ葉キッカーズが決勝へと駒を進める!

東 孝太郎

RESULTS

第41回マガジンカップ2023 準決勝

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
中央大学
サッカー同好会
7 PK 6

9月8日から開幕した第41回マガジンカップ2023は、12日終焉を迎える。
12日は決勝戦が行われ、サークル日本一が決定する。

準決勝まで勝ち進んだ関西の強豪同志社大学三つ葉キッカーズA(以下:同志社三つ葉)は、準決勝で中央大学サッカー同好会の4年生を中心に編成されたBe Legends(以下:レジェンズ)と対戦した。

同志社三つ葉は緊急事態に陥っていた。
大会が開催された当初より体調不良者が続出し、万全な状態で大会に望むことができていない。
準々決勝では交代選手一人という状況で、早稲田大学FC.GUSTAを1-0で下した。
交代選手も満足にいない状況下でここまで勝ち進んできたが、連戦による疲労は溜まっているはずだ。

そんな緊急事態の中、昨年サークル日本一に輝いたr中央大学サッカー同好会のOB、レジェンズを迎え撃つ。

同志社大学三つ葉キッカーズスターティングメンバー

Be Legendsスターティングメンバー

前半

同志社三つ葉がボールを保持し、序盤はペースを握る。
ディフェンスラインから丁寧にボールを繋ぎ、相手陣内に押し込んでいく。

最初にチャンスを作ったのは同志社三つ葉。
左サイドバックの33番岡田祥吾(3年=丸岡)の鋭い縦パスに、8番松原颯也(3年=新潟明訓)のポストプレーで14番丸山和也(3年=新潟明訓)がボールを受け、シュートを放つ。これがこの試合最初のシュートとなる。

レジェンズはGK加藤翔大(4年=浦和西)のロングキックに、エースで10番の新谷唯我(4年=日大三)がボールを収めて攻め込んでいく。
10番新谷にボールを集め、攻撃のリズムを作っていくサッカーを展開する。

7分同志社三つ葉に再びチャンスが訪れる。
33番岡田の縦パスを30番古澤光(3年=帝京可児)がダイレクトで14番丸山へ。丸山はダイレクトパスで8番松原にスルーパスを送り、ゴール前まで迫るが、これはオフサイドの判定。
細かいパスワークでレジェンドを翻弄していく。

互いにシュートちゃんチャンスを知れほど作ることができず、お互い一進一退の攻防が続く。

すると25分、ここまで膠着状態だった試合が動く。
同志社三つ葉の右サイドバック26番川本陸友(2年=京都共栄)がクロスを上げると、そのボールがそのまま直接ゴールに吸い込まれ、同志社三つ葉が先制する。

ここで流れに乗りたい同志社三つ葉であったが、レジェンズも反撃。
両サイドハーフの11番横山駿介(4年=上鶴間)と7番渡辺礼恩(4年=真岡)が積極的にドリブルで仕掛け、相手ゴールに迫る。

前半終了間際の29分、レジェンズがコーナーキックを獲得すると、8番岡部佑哉(4年=挟山ヶ丘)のクロスに合わせようとした6番鈴木翔(4年=コンサドーレ札幌)が倒され、PKを獲得。

このPKを10番新谷が落ち着いて決め、前半終了間際にレジェンズが同点に追いつく。

後半

先手を取ったのは同志社三つ葉。
開始1分右サイドハーフの14番丸山のアーリークロスに反応した8番松原がペナルティエリア内で倒されるが、ホイッスルは鳴らず。

その後は両チーム共ロングボールを主体として相手陣地に攻め込むも、なかなかシュートまでは至らない。
ここまで勝ち上がってきたチームということもあり、互いに球際が激しくファウルが増えてくる。

9分、同志社三つ葉がこの日最大のチャンスを迎える。
右サイドバック26番の川本のクロスに30番古がヘディングでゴールを狙うが、ここはレジェンズGK加藤がスーパーセーブでレジェンズを救う。

このチャンスを機に同志社三つ葉が攻勢を強める。

6番主将の小亀将治(3年=東海大仰星)が司令塔となりゲームメイクし、右サイド26番川本と14番丸山から数多くのチャンスを作る。

守備の時間帯が長かったレジェンズだが、11番横山が相手センターバックのミスを見逃さずボールを奪うと、一気にゴール前まで運びシュートを放つが、これは惜しくも枠の外に外れてしまう。

続けて22分ゴールキックのこぼれ球を10番新谷が広い、相手GKが前に出ていることを見計らって中央の位置から絵ロングシュートを放つが、クロスバー直撃。

徐々にレジェンズペースへと試合が動いていく。

28分、レジェンズ11番横山が右サイドを突破したこぼれ球を10番新谷が広い、カットインから個人技で相手を振り切ると左足でミドルシュート。これはわずかに枠から外れる。

レジェンズは終了間際の怒涛の攻撃を決めきれず、このまま後半終了。

前後半で決着が付かず、勝敗の行方はPK戦へ。
両者一人ずつ外して迎えた8人目。
先攻の同志社三つ葉は冷静に決めたが、後攻のレジェンズは失敗。
同志社三つ葉が念願の決勝進出を果たした。

体調不良者続出という緊急事態に陥ってしまったものの、粘り強さを見せ見事勝利した。
サークル日本一まであと一勝。
関西勢唯一の参加チームとして、関西のプライドと誇りを存分に見せつけてほしい。

同志社大学
三ツ葉キッカーズの詳細を見る
中央大学
サッカー同好会の詳細を見る

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

試合情報 2017.09.05

【アットホームカッププレーオフ決勝】國學院ROSSOと専修愛好会の試合は1点を争う好ゲームに!

アットホームカッププレーオフ決勝戦

国学院大学 ROSSO
1-0
専修大学サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

アットホームカッププレーオフ決勝戦

国学院大学 ROSSO
1-0
専修大学サッカー愛好会
試合情報 2017.02.06

【新人戦2年生大会・準決勝】昨年度準決勝敗退の法政大学Irishが見事雪辱を果たす!

新人戦2年生大会・準決勝

法政大学
学団連サッカー部
0-1
法政大学 Irish
read more BeYonD 編集部

新人戦2年生大会・準決勝

法政大学
学団連サッカー部
0-1
法政大学 Irish
試合情報 2017.05.24

【関西同好会トーナメント1回戦】京大理工サッカー部が2点差を追いつき、PK戦を制した

関西同好会トーナメント 1回戦

京都大学
理工サッカー部
2-2
立命館大学
FC.Tridente
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント 1回戦

京都大学
理工サッカー部
2-2
立命館大学
FC.Tridente
試合情報 2017.06.02

【関西同好会トーナメント】TRIOSが京大理工を退け、準決勝に駒を進める!

関西同好会トーナメント

関西大学
FC. TRIOS
2-1
京都大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント

関西大学
FC. TRIOS
2-1
京都大学
理工サッカー部
試合情報 2017.11.15

【新関東リーグ1部・第6節】白熱した伝統チーム対決は引き分け!!立教愛好会は4試合ぶりに勝ち点を獲得。

新関東リーグ2017・1部第6節

立教大学
サッカー愛好会
1-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2017・1部第6節

立教大学
サッカー愛好会
1-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2019.10.23

【新関東リーグ2019一部・第2節】早稲田グスタが2発先制も中央フースバルが追いつき、痛み分け

新関東リーグ2019一部・第2節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2019一部・第2節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】理科大II部の堅守を破った日大経済が3回戦に駒を進める!

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
試合情報 2016.11.09

【新関東FL1部第5節】青山理工が1点を争う激闘を制し上位浮上

新関東FL1部第5節

青山学院大学
理工サッカー部
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第5節

青山学院大学
理工サッカー部
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.06.09

【関西同好会トーナメント】TALOSが決死の守備で粘るも、優勝候補ONZEが1-0と下し初戦突破

関西同好会トーナメント

大阪大学 TALOS
0-1
京都産業大学
ONZE
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント

大阪大学 TALOS
0-1
京都産業大学
ONZE
試合情報 2017.05.27

【新関東カップ2017 3回戦】これぞジャイアントキリング!!首都大八雲が脅威の粘りで慶應リコタイを逆転で下す!

新関東カップ2017 3回戦

首都大学東京
八雲FC
3-2
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 3回戦

首都大学東京
八雲FC
3-2
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部

-PICKUP CIRCLE-