新チーム始動インタビュー第1弾”中央大学サッカー同好会”

BeYonD 編集部

新関東リーグ戦が終わり、新チーム始動となった中央大学サッカー同好会。キャプテンの”山本 璃来” 2年=桐蔭)を取材した。img_3231

2015-2016シーズンについて

”1年を振り返って” 

昨シーズンの始まりからの各大会について「去年のチームが始まりまず、プレミアカップがあった。プレミアでは中大フースバルと戦い、引き分け。大会を通して負けなしだったが、グループリーグ敗退であまり記憶にない。そして中大カップ、決勝で中大フースバルに勝利し優勝。さらに、グアムチャンピオンシップも優勝し勢いがあった。いい勢いがあったが、稲穂フェスタ、新関東カップ戦、マガ杯でコロッと負けてしまった。アットホームカップで早稲田稲穂に完敗し、立て直せずにリーグ降格となってしまった」と口を尖らせコメントした。山本は「グアムチャンピオンシップを優勝して、“慢心“が満足いかない結果につながった」と昨シーズンを振り返る。

”ライバル”

1番強いと思ったチームは、「早稲田稲穂」と即答だった。早稲田稲穂について「稲穂は非常に強かった。なにより高い組織力を感じ、少しサークルの域を超えていた」とコメント。さらに「稲穂の中でも、ボランチの新井が印象的。この中盤の2人はポジショニングがうまく、セカンドボールを拾う能力が高く、ほとんどやられてしまった」と苦い表情で話した。「それに、明治グル―ビーの小田島や立教愛好会の浅田など厄介な2年生の選手に要注意だ」と話した

 

2016-2017新シーズンについて

”目標”

新関東リーグ1部昇格

「まず後輩たちに1部は残したい。目標というより絶対にやらないといけないこと。リーグ以外の大会については、上を見ずに足元の試合に集中するのがコンセプト。その中でタイトルが獲れたら、ベストです」と謙虚な姿勢を見せた。2部に降格してしまい、1年で1部復帰できるのか、注目が集まる1年になるだろう。また、ここ最近不振が続いている中央大学サッカー同好会に光を取り戻せるか期待だ。

また山本自身の目標について、「マガ杯MVP」と大きな目標を掲げている。

 ”チームコンセプト

勝ち切るチーム

山本は「自分が同好会に入ってから、なかなか勝ちきれない試合が多く、引き分けやPK戦にもつれてしまう弱さがあった」と話した。山本が入学してから、ビックタイトルから遠ざかっている。そんな不振続きの中大同好会を変えるために「しっかりと守備から入り、簡単に失点しない。奪ったゴールをしっかりと守り切り、勝ち切るチームになりたい」と力強くコメントした。また新チームのメンバーについて「みんないいやつで、後輩を含め仲がいい。その中で馴れ合いという雰囲気となってはならない」と話した。キャプテンの山本はメンバーを一つに統率し、勝ち切る強いチームとなれるのか。

 

”注目選手”

山本は新チーム始動となり、佐伯源太(2年=福岡舞鶴)を注目選手に挙げた。技術が高く運動量が豊富な選手と山本は評価した。山本は佐伯に対して、「ゴールを取れる選手」になってほしいと大きな期待を寄せている。「佐伯が点を取れる選手になれば、チームは大きく変わる」と山本の大きな期待感が伺える。77番佐伯に注目である。

img_3431

中大同好会は、先日行われた多くの強豪が集まるPremier cupにおいて“優勝”という結果を残した。大会を通して無失点優勝を遂げたのだ。Premier cupを終えて山本は「新チーム初の大会ということで、難しい面やうまくいかないことがありました。しかし優勝という結果だけを見れば、非常にいいスタートが切れたと思います。次の目標である中大カップ連覇に向けて、チームとしてしっかりと努力を続けていきたい」とコメントを残した。

img_3434

勝ちに強いこだわりを持つ山本が率いる中大同好会。2部降格となってしまったが、いきなり結果を残した中大同好会の飛躍に注目だ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more 寺島直哉
コラム 2019.11.05

【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学F…

read more 高澤航平
コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.13

【BeYonD特別招待】優勝賞品はボルシア・ドルトムント観戦ツアー!!H.I.S主催フットサル大会

2017年10月28日 H.I.S主催フットサル大会開催決定! この度BeYonDは先日のボルシア・ドルトムント来日ツアーで 一緒にお仕事させていただいたH.I.Sさんのイベントに スポンサー…

read more 古平 翔太
コラム 2019.10.19

【新関東リーグ2019・1部第1節マッチハイライト】今年も始まった新関東リーグ!注目の1部開幕戦、初戦を勝利で飾ったチームは!

10月19日、鹿島ハイツにて令和最初の新関東リーグ1部第1節の4試合が行われた。 今季の開幕カードは昇格組の早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)と昨季4位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グ…

read more 丸山椋大
コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝
コラム 2017.01.04

【美女マネ特集vol.11】新年一発目は実験とサッカーに明け暮れるあのチームのマネ!

  あけましておめでとうございます!   あけおめ!!     あけおめと美女マネって似てますね!! 枝豆もその部類に入り…

read more 上野澄人
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more 古平 翔太
コラム 2020.07.14

【ユニフォーム特集 adidas編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more 小川雄矢

-PICKUP CIRCLE-