新チーム始動インタビュー第1弾”中央大学サッカー同好会”

BeYonD 編集部

新関東リーグ戦が終わり、新チーム始動となった中央大学サッカー同好会。キャプテンの”山本 璃来” 2年=桐蔭)を取材した。img_3231

2015-2016シーズンについて

”1年を振り返って” 

昨シーズンの始まりからの各大会について「去年のチームが始まりまず、プレミアカップがあった。プレミアでは中大フースバルと戦い、引き分け。大会を通して負けなしだったが、グループリーグ敗退であまり記憶にない。そして中大カップ、決勝で中大フースバルに勝利し優勝。さらに、グアムチャンピオンシップも優勝し勢いがあった。いい勢いがあったが、稲穂フェスタ、新関東カップ戦、マガ杯でコロッと負けてしまった。アットホームカップで早稲田稲穂に完敗し、立て直せずにリーグ降格となってしまった」と口を尖らせコメントした。山本は「グアムチャンピオンシップを優勝して、“慢心“が満足いかない結果につながった」と昨シーズンを振り返る。

”ライバル”

1番強いと思ったチームは、「早稲田稲穂」と即答だった。早稲田稲穂について「稲穂は非常に強かった。なにより高い組織力を感じ、少しサークルの域を超えていた」とコメント。さらに「稲穂の中でも、ボランチの新井が印象的。この中盤の2人はポジショニングがうまく、セカンドボールを拾う能力が高く、ほとんどやられてしまった」と苦い表情で話した。「それに、明治グル―ビーの小田島や立教愛好会の浅田など厄介な2年生の選手に要注意だ」と話した

 

2016-2017新シーズンについて

”目標”

新関東リーグ1部昇格

「まず後輩たちに1部は残したい。目標というより絶対にやらないといけないこと。リーグ以外の大会については、上を見ずに足元の試合に集中するのがコンセプト。その中でタイトルが獲れたら、ベストです」と謙虚な姿勢を見せた。2部に降格してしまい、1年で1部復帰できるのか、注目が集まる1年になるだろう。また、ここ最近不振が続いている中央大学サッカー同好会に光を取り戻せるか期待だ。

また山本自身の目標について、「マガ杯MVP」と大きな目標を掲げている。

 ”チームコンセプト

勝ち切るチーム

山本は「自分が同好会に入ってから、なかなか勝ちきれない試合が多く、引き分けやPK戦にもつれてしまう弱さがあった」と話した。山本が入学してから、ビックタイトルから遠ざかっている。そんな不振続きの中大同好会を変えるために「しっかりと守備から入り、簡単に失点しない。奪ったゴールをしっかりと守り切り、勝ち切るチームになりたい」と力強くコメントした。また新チームのメンバーについて「みんないいやつで、後輩を含め仲がいい。その中で馴れ合いという雰囲気となってはならない」と話した。キャプテンの山本はメンバーを一つに統率し、勝ち切る強いチームとなれるのか。

 

”注目選手”

山本は新チーム始動となり、佐伯源太(2年=福岡舞鶴)を注目選手に挙げた。技術が高く運動量が豊富な選手と山本は評価した。山本は佐伯に対して、「ゴールを取れる選手」になってほしいと大きな期待を寄せている。「佐伯が点を取れる選手になれば、チームは大きく変わる」と山本の大きな期待感が伺える。77番佐伯に注目である。

img_3431

中大同好会は、先日行われた多くの強豪が集まるPremier cupにおいて“優勝”という結果を残した。大会を通して無失点優勝を遂げたのだ。Premier cupを終えて山本は「新チーム初の大会ということで、難しい面やうまくいかないことがありました。しかし優勝という結果だけを見れば、非常にいいスタートが切れたと思います。次の目標である中大カップ連覇に向けて、チームとしてしっかりと努力を続けていきたい」とコメントを残した。

img_3434

勝ちに強いこだわりを持つ山本が率いる中大同好会。2部降格となってしまったが、いきなり結果を残した中大同好会の飛躍に注目だ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.06.27

【フットサル】「LEGRO FUTSAL LEAGUE powered by R.project」 とは??

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018開幕!! BeYonDでは今年度より新たにフットサル部門を立ち上げ、フットサルとサッカーの2本の柱で盛り上げることになりました!! そして、フット…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.08.27

【特別企画】社会人が語るサークルの価値 vol.1

こんにちは!BeYonD編集部です。 今回は新シリーズとして、『社会人が語るサークルの価値』について社会で活躍しているサークル出身の方へのインタビューを通して発信して行きたいと思います!本気でサーク…

read more 杉本達郎
コラム 2017.06.06

【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。 先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲…

read more 古平 翔太
コラム 2018.03.31

【新歓記事2018 vol.2】早稲田大学のチーム紹介その2

前回に引き続き、今回も早稲田大学のチーム紹介です! 今回紹介するチームは個性派ぞろいです! それぞれの色を持ったチームがたくさんあって選ぶのに頭を抱えてしまいますね。 それでは紹介し…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.07.28

【少人数キャリアセミナー開催決定!】現社長+元人事が語る魅力的な人材とは?

BeYonDをご覧の皆さんいかがお過ごしでしょうか? テスト勉強に追われている人や 夏休みを迎えてスケジュールを埋めて夏へのモチベーションを上げている人など 様々だと思います!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.11

【BMOM92】 中大同好会の次世代エース! 鯵坂 賢(2年=多摩大目黒) 会心の2発!

5月6日にzozoパークで行われた新関東カップ2018・2回戦中央大学サッカー同好会(以下:中大同好会)と明治学院白FC(以下:明学白金FC)のカードになった。 立ち上がりに苦しんだ中大同好会だった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.07

遂に開幕!新関東リーグPREVIEW SHOW 【前編】

10月16日、いよいよサークル界最高峰リーグとも呼び声高い新関東リーグが開幕する。昨シーズンはコロナウイルスの影響で降格がなかったため、今年は昨シーズンの8チームに昇格2チームを加えた全10チームで真…

read more 東孝太郎
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more 高木啓行

-PICKUP CIRCLE-