【マネの想いvol.3】”プレーヤーと共に新しいチームへ”

BeYonD 編集部

3年マネージャー特集 第二弾 法政大学工体連サッカー部 田村瞭奈さん

「プレイヤーと共に、新しい工体連を作り上げた唯一の3マネ」

%e5%b7%a5%e4%bd%93%e9%80%a3-%e7%94%b0%e6%9d%91%e7%9e%ad%e5%a5%88_170110_0003

−法政大学工体連サッカー部(以下工体連)に入ったきっかけを教えてください。
新歓のときに、危ないサークルには入りたくないなぁと思ってたんです。貰ったチラシの中に「工体連サッカー部」っていうチラシを見つけて、部活なら安心できるかなぁと思って新歓に行ってみたら、部活ではなかったんですけど、面白い先輩がいっぱいいて、練習にいったあとに2個上の先輩とすごく仲良くなって。他のサークルを考えてなかったのでとりあえず入ってみました。

 

−同期のマネージャーが1人だったと伺ったんですが。
3人いたんですが、私1人になってしまいました。私は、1人になっちゃった、続けていけるかなって思ってたんですが、2個上の代が引退する最後の練習のあとに、今の代表とご飯に行き「瞭奈には続けてほしい」って代表が言ってくれて。あっちはたぶん覚えてないんですけど(笑)それで、続けようって思えました。

 

−素敵なプレイヤーですね。そのようなマネージャーの環境で変化はありましたか?
私が人見知りで、また人見知りが激しいプレが多かったので1、2年の頃の関わりはそこまでなくて、変わりはなかったかも(笑)3年になってから、たくさん話しかけてくれるようになりました。

%e5%b7%a5%e4%bd%93%e9%80%a3-%e7%94%b0%e6%9d%91%e7%9e%ad%e5%a5%88_170110_0009

−やはりプレイヤーからはとても大切にされていたんじゃないかなって思うんですが、何かエピソードはありますか?
工体連は合宿が新歓合宿と法政カップとマガ杯なんですが、私の実習の都合で新歓合宿が最後の合宿の予定だったんです。でも、新歓合宿のあとに、「法政カップに勝ったらアットホームカップに行けるから、瞭奈のために頑張ろう」ってプレが泣きながら言ってくれました。法政カップでは、準決勝まで勝ち進み、アットホームカップに行けるんじゃないかって思ったんですが、結局勝てなかったんですよ。そしたら、動画が送られてきて、プレが正座しながら、「本当にごめん!!!」って(笑)で、マガ杯も実習で行けない予定だったんですが、土日なら行ける!と思って金曜日にレンタカーをかりて、1人で行ったんです。そしたらプレが、「マガ杯は仕事しなくていいから思い出作れ」って言ってくれて、後輩のマネも仕事を全部やってくれました。で、私がマガ杯から帰った次の日に、繰上げでアットホームカップに行けることがわかって、プレたちと泣きながら電話しました。

 

−プレイヤーからGoProをもらったと聞いたんですが。
私の誕生日が17日なんですが、最後の練習が16日で、練習が終わったあとに誕生日ムービーをプレゼントしてくれたんです。すごい嬉しくて号泣しました。それで終わりだと思ってたら、19日が引退だったんですが、試合が始まる前に、「この場をかりて言いたいことがあります」って言って、ハッピーバースデーを歌いながらプレゼントを渡してくれて、それが、私がずっと欲しいって言ってたGoProだったんです。

%e5%b7%a5%e4%bd%93%e9%80%a3-%e7%94%b0%e6%9d%91%e7%9e%ad%e5%a5%88_170110_0001

−すごいですね。では、そのような中でどのようなマネージャーでいようと思っていましたか?
工体連はモチベーションムービーを作る伝統がなかったんですが、モチベーションをあげるのもマネの仕事かなと思って、毎回ムービーを作ってました。初めてで、どうやったらいいかわからないし、マネがこんな上から言っていいのかなと思うこともあったけど、仲良くなったからこそ言えることもあって、プレからもよかったよって言ってもらえるのが嬉しくて、作り続けてました。ミサンガの文化もなかったんですが、プレが一部昇格に熱い想いを持っているのを知ってたから、後輩のマネと作ってリーグ戦の初戦の前に渡しました。引退した後に会ったときに、鞄につけてくれてるのを見ると嬉しいですね(笑)

 

−写真を撮るのも田村さんの仕事だったんですよね?
はい。合宿ってたくさん写真撮るじゃないですか。Twitter、インスタ、LINEとか全部見て、私の撮った写真に変わってる変わってる!って思ってました(笑)

 

−3年生を振り返ってどうですか?
法政カップ優勝と一部昇格を目標にしてたんですが、結果は3位で、新関東リーグも勝てると思っていたチームに負けてしまったりして、目標は何も達成できなかったかもしれない。でも、今まで学年ごとっていう雰囲気だったんですが、うちらの代はそれを変えていこうって思っていて、他のサークルがやっているようなこと、BBQや毎月1回の飲み会とか、ディズニーに行くとか、そういうことを代表中心にやっていったことで工体連を変えられたんじゃないかなぁと思います。

 

−勝手にですが、キラキラしているサークルだなぁというイメージがありました(笑)では、後輩に伝えたいことはありますか?
ありがとうございます(笑)代が替わってすぐってまだみんなの意識が低くて辛いこともあると思うんですが、頑張って続けていったら楽しいよって伝えたい。マネはすごくいい子たちで、工体連のために頑張ってくれている子もいるので、プレも頑張ってもらいたいなぁと思います。

 

−あなたにとって工体連とは?
彼氏かな(笑)工体連のためならなんでもできる。

%e5%b7%a5%e4%bd%93%e9%80%a3-%e7%94%b0%e6%9d%91%e7%9e%ad%e5%a5%88_170110_0002

「辞めようと思ったこともあったけど、続けてこられたのはプレイヤーたちのおかげだった、感謝を伝えたい」と田村さんは言った。同期のマネージャーがいない環境で、ずっとプレイヤーを支え続けてきた。少ない人数で、マネージャーとしてやれることも限られている中で、みんなの「女将」であり続けた彼女は、みんながサッカーを、サークルを楽しめるようにサポートし、自らも楽しんだ。今年の“キラキラしていた”工体連を作り上げてきた一員に彼女がいたことは間違いないだろう。2年生もマネージャーが1人だという工体連。「女将」の背中を見続けた「若女将」はどのような工体連を作っていくのか。「女将」を初めとするみんなが、心から応援している。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.05.29

【BMOM127】中村亜門(2年=横河武蔵野)決勝点でチームを3年ぶりのベスト8へ導く!

新関東カップ3回戦 慶應義塾大学慶應キッカーズ(以下:慶應キッカーズ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合が5月25日に矢田部サッカー場にて行われた。 ポゼッションを得意とするチ…

read more 平野楓
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史
コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.07

【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more 金子樹
コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-