【新関東カップ MVP】MVPに輝いたのは誰か!?

三田結人

新関東カップ2022決勝が昨日7/2(土)に埼玉スタジアム2022第2グランドで開催された。
今大会のMVPに輝いたのは中央サカ同42番加藤翔太(3年:浦和西)である。

優勝したサカ同の守護神であり、予選から合計でわずか3失点という最小失点の成績を残した。攻撃力が高いチーム相手にも無失点で抑えることが多く、チームの柱となっている。高いセービング力とキック精度を活かし、GKボールからチャンスに変えることもある。試合中の声掛けも持ち味で、決勝ではスタンドから声出し応援が禁止されてた中、常にチームを鼓舞し適切な指示を送っていた。

決勝では特にセービングが輝いていた。前半に攻め込まれピンチを迎えるも好セーブ連発の守護神ぶりを見せていた。チームの気が緩んできた後半には相手の完璧なボレーシュートの絶体絶命のピンチを迎えたが、スーパーセーブで会場を沸かした。ここで体を痛めたが最後までゴールを守り無失点でチームに貢献した。

MVPインタビュー

Q決勝に挑んだ思いは?

暑さに慣れるべく週4で練習してきたので絶対勝てると自信を持って挑みましたね。練習から試合を意識し、声掛けや課題克服を徹底していたのでやってきたことを全て出すつもりで挑みました。

Q今大会の感想は?

持ち前のロングキックでチャンスを演出したかったですけど少なかったと思います。もっと高頻度でチャンスを演出したかったです。
MVPは僕でしたけど、失点しても点を取りかえしてくれた前の選手、多くのセカンドボールを回収してくれた中盤の選手、シュートブロックや競り合いで体を張ってくれたディフェンダーみんなMVPに匹敵する活躍だったと思うので代表していただけた賞だと思っております。

Q今後の目標は?

まだこの代で戦う大会は沢山あるので少しでも多くタイトルを獲得したいです。
新関東カップ優勝できたけどまだまだ満足せず、チーム内の競争や練習の質の向上といった更なる高みを目指したいと思います。
もっと長い目で見た時にこの代だけではなく今の後輩たちにも強い代でいてほしいので伝えれる部分をどんどん伝えていきたいですね。

今大会、多くの優秀な選手目立った中でMVPに輝いた。チームを優勝に導くサカ同の守護神はまだまだ高みを目指す。彼の今後更なる活躍に注目したい。

Written by

三田結人

yuitomita

Keywords

Recommend

コラム 2018.06.13

ドイツの地で海外サッカー挑戦をしてみませんか??同好会で磨いたその実力を海外でみせつけよう!

同好会選手の皆さん!こんにちは、初めまして!FC BASARA Mainzです。 もうすぐ4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップが開催されますね。 日本代表選手のうち、7名もの選手がブンデスリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.10

【BMOM115】津幡康樹(3年=八千代) 首位を走る中央フースバルを支える影の大黒柱が活躍!!

11月3日土曜日、鹿島ハイツで行われた1部リーグ5節は首位維持のために勝ち続けたい中央大学体同連フースバスクラブ(以下:中央フースバル)と残留するために勝ちたい慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.21

【新関東カップ2018】新人賞

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。 4月に大学生になったばかりで加入して間…

read more 遠藤瞭介
コラム 2018.05.25

【BMOM95】早稲田稲穂GK落合裕太(3年=日大藤沢)頼れるGKはカバーリングスキルも卓抜!

[05.20  新関東カップ 2018 3回戦  早稲田稲穂 0(6)-(5)0 早稲田ヒューマン 鹿島ハイツ第4グラウンド] スコアレスドロー、枠内シュート無し。 このような試合展開…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.26

【新関東リーグ2022・2部B・5,6節マッチハイライト】残り2試合となったリーグ戦。最終節へ向け、勢いをつけたのはどのチームか⁉

第6節:法政大学工体連サッカー部 vs 日本大学文理学部 教育サッカーBAMBINO ここまでの成績は3勝2敗の法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)と2勝1分2敗の日本大学文理学部 教育サッ…

read more 野口日向
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部B第6節】マッチプレビュー

  1位 早稲田大学 FC.GUSTA 第4節まで無傷の4連勝を飾り、失点もオウンゴールのみの1点と首位を独走していた早稲田大学FC.GUSTA。5節の法政工体連戦、前半9分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.14

【新関東カップ2022 ベスト4マッチハイライト】プライドをかけた戦い!決勝の舞台に立つのはどのチームか!?

第1試合早稲田稲穂vsFC立教 昨年度王者で2連覇を狙う早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学Groovy Kidsを下し快進撃を続ける立教大学FC立教(以下:F立)さいたまスタジア…

read more 杉本 竣平
コラム 2017.03.11

新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.16

【新歓ムービー特集vol.3】荒友キッカーズ、GIOCATORE、Groovy kids、三ツ葉キッカーズ

早稲田大学 荒友キッカーズ https://youtu.be/e4pe9TdAK3g 【コンセプト】 サークルの雰囲気をわかってもらう 【工夫した点】 サッカーとイベントに分けた点 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-