【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

BeYonD 編集部

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったものの今後、同好会カテゴリで活躍していくことであろう要注目選手をピックアップしていきたいと思います!!

 

FW

img_8592

信州大学PIPO 6番 長尾周平

1年 下館第一高学校

得意の俊足を活かし、前線からの守備と裏への抜け出しでチャンスを演出した。また、スピードにのった状態でも当たり負けしない強さも持ち合わせ、その積極的なプレーでPIPOの躍進に大きく貢献した。

「優秀選手に選んでいただくことができたのは、共にプレーしてくれるチームメイトや支えてくれるマネージャーのおかげです!!今後も”信州大学 PIPO”の一員として、チームとしても個人としてもさらに上達できるよう練習を重ねていきたいです。」

 

MF

f7e08ef3-18d2-48fc-97ad-3c4ff554bad3

日本大学法学部サッカー部 80番 諸井悠理

1年 鹿島学園

中盤の選手に必要な能力は全て持ち合わせる日法の絶対的選手。相手のプレッシャーをもろともしない落ち着きや足元の技術もさることながら、奪えると思った際の相手への寄せの強さは同好会トップクラス。

「今大会は点も決めれず、課題を残す結果となりましたが、自分の持ち味を出せたと思います。今後はさらに得点に関わっていける選手になりたいと思います。」

 

國學院大学ROSSO 33番 岡田慎

1年 浦和東高校

一瞬のスプリント能力を活かし攻守幾度となく中盤で相手ボールを掻っ攫った。また、奪った後のボール運びも巧みで攻守両面に活躍し、ROSSOになくてはならない存在だった。

「今大会で注目選手に選んでいただきありがとうございます、とても嬉しいです。今大会では、自分なりに攻守両方の面で活躍ができたのではないかなと思います。自分は先輩からの勧誘でROSSOに入ることを決心しました。実際こんなにも元気に仲良く活動でき、こういった大会に参加できる素晴らしい環境に恵まれたサークルに入ることができて幸せです。予選敗退という結果で終わってしまったので、今後は勝つことを目標にするのはもちろんですが、サッカー外の面でも注目される、自分はそんなチームになりたいなと思っています。」

 

DF

img_8594

法政大学Jenny’s 69番 小川 陸

1年 静岡学園

最終ラインから常に声を出しチームを盛り上げるムードメーカー的存在。ボールへの寄せが早く、相手フォワードに自由を与えなかった。また、ロングキックの精度も高く、最終ラインから攻撃の起点にも最終ラインからなった。

「選ばれると思ってなかったのでとても嬉しいです!次はチームの勝ちに繋げられるよう頑張ります!」

 

GK

img_8593

慶應大学FC e.l.f. 25番 黄 公博

1年 専修大松戸高校

派手なプレイヤーではないがミスが少なく、正確なセービングと判断力が持ち味。予選リーグの法政学団連戦ではビッグセーブを連発し、優勝候補筆頭の学団連に善戦した。

「優秀選手に選ばれた事は非常に嬉しいです。しかしチームとしては結果を残せなかったのでこれから上のステージで戦えるように頑張っていきたいです。」

 

新人戦1年生大会②において眼を見張るような活躍をした彼らが、今後いかにして活躍していくかに注目していきたい!!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.06.04

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

明治大学ESPERANZA チームPR サッカーも遊びも全力! 注目選手 山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー! 注目新入生 今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.10

【完全個別キャリア面談のご案内】パッションナビで自分らしい就活をしよう!

皆様こんにちは! そして新年あけましておめでとうございます! 早速ですが、BeYonDプロジェクトから完全個別キャリア面談の紹介をさせていただきます。 以前もBeYonDと共同で就活…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.04

【新歓記事2021】vol.10専修大学サッカーサークル

こんにちは!新歓記事vol.10では専修大学の2チームについて紹介していきます!   専修大学サッカー愛好会 ・大学名・チーム名 専修大学サッカー愛好会 ・自分達の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.16

【大好評イベント!】マネージャーカレッジ開催!

みなさんこんにちは! BeYonD兼稲穂キッカーズマネージャーの高橋ちひろです。   普段はプレーヤーメインの記事が多いですが、 今回はマネージャーの皆さんにお知らせ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.18

【新関東リーグ2017】ベストヤングプレーヤーは立教愛好会山本(1年=ヴィッセル神戸U-18)が受賞

ベストヤングプレーヤー 山本彩斗(1年=ヴィッセル神戸U-18) 12月2日の入れ替え戦をもって終了した新関東リーグ2017にて立教大学サッカー愛好会の山本彩斗がベストヤングプレーヤーと…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.11.02

【BMOM113】早稲田グスタGK樋口就大(3年=宮崎西) 好調の早稲田グスタを支える守護神

10月27日に鹿島ハイツにて新関東リーグ20181部第4節が行われた。 4試合の激しい試合の中で特に注目されていた中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と早稲田大学FC.GUSTA…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-