【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

古平 翔太

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったものの今後、同好会カテゴリで活躍していくことであろう要注目選手をピックアップしていきたいと思います!!

 

FW

img_8592

信州大学PIPO 6番 長尾周平

1年 下館第一高学校

得意の俊足を活かし、前線からの守備と裏への抜け出しでチャンスを演出した。また、スピードにのった状態でも当たり負けしない強さも持ち合わせ、その積極的なプレーでPIPOの躍進に大きく貢献した。

「優秀選手に選んでいただくことができたのは、共にプレーしてくれるチームメイトや支えてくれるマネージャーのおかげです!!今後も”信州大学 PIPO”の一員として、チームとしても個人としてもさらに上達できるよう練習を重ねていきたいです。」

 

MF

f7e08ef3-18d2-48fc-97ad-3c4ff554bad3

日本大学法学部サッカー部 80番 諸井悠理

1年 鹿島学園

中盤の選手に必要な能力は全て持ち合わせる日法の絶対的選手。相手のプレッシャーをもろともしない落ち着きや足元の技術もさることながら、奪えると思った際の相手への寄せの強さは同好会トップクラス。

「今大会は点も決めれず、課題を残す結果となりましたが、自分の持ち味を出せたと思います。今後はさらに得点に関わっていける選手になりたいと思います。」

 

國學院大学ROSSO 33番 岡田慎

1年 浦和東高校

一瞬のスプリント能力を活かし攻守幾度となく中盤で相手ボールを掻っ攫った。また、奪った後のボール運びも巧みで攻守両面に活躍し、ROSSOになくてはならない存在だった。

「今大会で注目選手に選んでいただきありがとうございます、とても嬉しいです。今大会では、自分なりに攻守両方の面で活躍ができたのではないかなと思います。自分は先輩からの勧誘でROSSOに入ることを決心しました。実際こんなにも元気に仲良く活動でき、こういった大会に参加できる素晴らしい環境に恵まれたサークルに入ることができて幸せです。予選敗退という結果で終わってしまったので、今後は勝つことを目標にするのはもちろんですが、サッカー外の面でも注目される、自分はそんなチームになりたいなと思っています。」

 

DF

img_8594

法政大学Jenny’s 69番 小川 陸

1年 静岡学園

最終ラインから常に声を出しチームを盛り上げるムードメーカー的存在。ボールへの寄せが早く、相手フォワードに自由を与えなかった。また、ロングキックの精度も高く、最終ラインから攻撃の起点にも最終ラインからなった。

「選ばれると思ってなかったのでとても嬉しいです!次はチームの勝ちに繋げられるよう頑張ります!」

 

GK

img_8593

慶應大学FC e.l.f. 25番 黄 公博

1年 専修大松戸高校

派手なプレイヤーではないがミスが少なく、正確なセービングと判断力が持ち味。予選リーグの法政学団連戦ではビッグセーブを連発し、優勝候補筆頭の学団連に善戦した。

「優秀選手に選ばれた事は非常に嬉しいです。しかしチームとしては結果を残せなかったのでこれから上のステージで戦えるように頑張っていきたいです。」

 

新人戦1年生大会②において眼を見張るような活躍をした彼らが、今後いかにして活躍していくかに注目していきたい!!

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.18

【9/22(金)開催】各業界トップクラスの内定者が集結!19卒「BeYonD就活キックオフ座談会」

こんにちは! BeYonDをご覧頂いている皆様、どの様な夏休みをお過ごしでしょうか? 今年は冷夏が続き、東京都心部は8月1日から雨が降り続いてるそうですね。 「あれ、そんな降ってたっけ?…

read more 鈴木瑠華
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more 金子樹
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2017.05.31

【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。 その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』 毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人
コラム 2017.10.18

【BMOM77】三好駿(2年=福島東)ラスト10分の攻防、鍵を握るのはこの男!

新関東リーグ2017の1部第3節、明治大学体同連サッカー部(以下体同連)と早稲田大学F.C.GUSTA(以下GUSTA)の試合がZOZOパークで行われた。 初戦ということで、両チーム気合が入っていた…

read more 遠藤拓朗
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.06

【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。 先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-