【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

BeYonD 編集部

○○くんありがとう。○○くんありがとう。
あ〜、サークルに入って良かった!!
どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑
さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう。

ただいま連載中の“マネの想い” みなさん読んでいただけているでしょうか?
プレイヤーが求めていることを考え、一所懸命支えている姿には毎回感動させられ、また尊敬しますね。

ところで、プレイヤーはそんなマネージャーのことをどう思っているのでしょう。
プレからマネへの想いを知るため考えた新企画!“プレの想い”
プレイヤー代表として、引退後の4年生の幹事長とキャプテンにお話を伺っていきたいと思います。

さて、記念すべき第一弾は2017年度から一部昇格したこのチーム!!

早稲田大学 FC.GUSTA

マネージャーを大事にしていると言われているGUSTA!実際のところはどうなのでしょうか…??
昨年度の<幹事長 平優人さん>と<キャプテン 天引航さん>にお話を伺いました。(以下記載

img_0276

 

「マネージャーは一番のサポーターであり、試合で勝利したい理由の一つ」

gusta%e3%80%80%e5%86%86%e9%99%a3

-まず、部活でなくサークルを選んだ理由はなんですか?
:主体的に思いを発信したいから。監督がいるとその人が絶対的存在になり、その人に気に入られるか、いかに評価してもらうかっていうのが上に行く道。自分のしたいことが限定されるのはちょっと違うと思い、自分がやりたいようにサッカーやりたいからサークルを選んだ。

-サークルでしかできないことは?
チーム運営
(お二人とも同じことが一番に浮かぶんですね)
天:みんなを巻き込んでチームができる。自分たちがやりたいことをできる。形が決まってないから、自分たちで形を作れる。部活は監督っていう人が作った形の中で活動するけど、サークルなら自分達で考えて、もしこれがダメだったらこうしようとか自分たちが決めることが出来る。だからこそ、サークルがいいと思った。

-大学に入り、マネージャーがいることをどう思っていましたか?
:高校時代マネージャーがいなかったから、欲しいと思っていた。
:兄がGUSTAだったから入ったが、最初は正直”マネはいらない”と思っていた。高校の時のマネージャーが、テーピングの本を買って練習の合間に読んでいるくらい勉強家で、なおかつ応援もたくさんしてくれるスーパーマネージャーだった。そのせいか、マネージャーの理想像や定義のレベルが高かったから、女子大のマネージャーは男目当てに入ってくるような子ばかりでいらないと思っていた。

-そんなにいらないと思っていたのに、何がきっかけで仲良くなったんですか?
:毎年夏にGUSTAで海に行く企画があって、そこで初めてマネとサッカーじゃないところで遊んだのね。普通にしてれいば仲良くなれるんだ高校の時のマネ像を被せちゃうからダメなんだと気づいた。なんかね、マネージャーじゃなくて違う名前にしたらいいのになと思った笑 サポーターとかファンとか(笑)

gusta-%e3%83%a6%e3%83%8b

-マネージャーがいて助かったことはなんですか?
:試合前キャプテンとして話す時、みんなの気持ちをほぐそうと少し小ボケを入れたりしていたんだ。プレイヤーも笑ってくれるけど、やっぱり緊張しているんだよ。その時に、マネージャーはいつもの状態で笑ってツッコんでくれるから、良い雰囲気になったと思う。
:試合一週間前の練習とかも、プレイヤーは緊張で周り見えなくなることがあるから、練習後マネージャーに“今日の練習どうだった?”って聞いていた。そしたら、みんな元気良かったよとか人いる割に声少なかったねとか、全体の雰囲気を掴んでくれてたのが助かったなぁ
天:そういうのマネは意外と感じ取ってるよね。
(マネージャーだからこそ気づくこともあるんですね!)

-じゃあ逆に、やってもらいたかったことはなんですか?
:やって欲しかったこと…練習の時にナイスシュートとか言って欲しかった。お〜とか!試合の時と同じ感じで。
:試合の時の応援はすごいよな!
(練習の時にも応援して欲しいんですね!)
:単純に女の子にキャーキャー言われたら嬉しいからね(笑) その代わり、技術的なことは無理に求めてないかな〜
:マネはいてくれるだけで良いよ
:マネも楽しくいれる環境になっていたら嬉しいし、それが勝利に繋がったら一番良いんだろうね。マネ幹を作らなかった理由もここに繋がるよ、誰に何をして欲しいとかじゃなくて、来てくれて楽しんでくれたらそれで良いと思う!
あと、俺はサッカーをしている時以外サッカーから離れたかったから、合宿の夜とかにマネと話すとリラックスできて好きだったかな。

-マネがいてくれて良かったと思った瞬間はいつですか?
:優勝した瞬間とか一部昇格した時に、泣いて喜んでくれたりするでしょ?はたから見たら、俺はマネがなんで泣いているのとか思ってそうって思われるかもしれないけど、実際はそういう時に同じチームにいてくれたありがたみを本当に感じた。一部昇格した時とかは、みんなに握手したよ。ありがとうございましたという感謝の気持ちで。
:マネに対する感謝の気持ちはすごく多いね。
:あまり普段はありがたみを感じないけど、結果が出た時にこいつらがいてくれて良かったと思う。

gusta

-GUSTAはプレマネの練習参加は自由だそうですが、そうするとマネそれぞれ参加率に差がありますよね?
:そうだね、でもそれはサークルの良さでもあり、GUSTAの良さだと思う。マネみんなが練習きて仕事するのも良いけど、別に練習に来なくても良いんだ。役割は人それぞれ違うから。例えば飲み会しか来なくても、そこで絶大な能力を発揮して盛り上げたりしてくれる人もいるじゃん。人それぞれの価値観を認め合うのがサークル
:存在意義は周りの人が見出してあげないと。サークルは入部テストや面接もなくて、特にGUSTAは来るもの拒まず去るのも追わずだから、誰が来てもいいような体制を受け入れる側が作ってあげないといけないと思う。もちろん、自分がやりたいことと違う考えの人ももちろんいるだろうけど、運営側はそれを排除せずに、まとめてGUSTAっていうチームとしていなきゃいけないから。それをやりたくて、運営側に回っているし。
:俺らの場合、みんなで楽しくやって結果がついて来たから良かったよな。

-マネの思いの記事でプレはマネの全てと言っている人もいますが…
:俺からしたら逆だな。マネがいなくてもサッカーは成り立っても、サークルとしては成り立たない。だから、マネージャーを大事にする比率の方が高かった。プレは自分がやりたいサッカーをしに来ているけど、マネはそうじゃないじゃん。自分のためじゃなく、誰かのために頑張るということがないと組織は成り立たないから。

-最後に、プレイヤーにとってマネージャーはどのような存在ですか?
一番のサポーター。試合応援しに来たいと思ったら時間とお金を使ってくるし、練習も来たい時に来る。それは、グスタというチームを応援したいからだと思うから。そして、その期待に応えるのがプレイヤーだと思う。

gusta1

基本的に参加自由というサークルっぽさを大事にしているGUSTA。しかし、時間を作って練習や行事に来てくれるマネが多くいる。その裏には、“一人一人の良さを認め合う”、“マネがより楽しく過ごせる環境を作りたい”という運営側の想いがあったのですね。
マネはいてくれるだけで意味がある、応援してくれるマネの想いに応えたい、そんなプレの想いが1部昇格につながったのかもしれません。

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.04.02

[新歓記事2021]vol.8 立教大学・青山学院大学・上智大学サッカーサークル

本日は、立教大学・青山学院大学・上智大学の3大学、全7チームについて紹介していきます!   立教大学サッカー愛好会 ・大学名チーム名 立教大学サッカー愛好会 ・サークルを一文…

read more 青木優太
コラム 2017.09.26

【美女マネvol.25】今回は現在ミスコンにも出場中の実力派マネ!!

  こんにちは!!     三度の飯より美女マネでお馴染みの美女マネ特集です!       …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.07.29

【マネ長対談 vol.1】‘’知られざる他チームの実態‘’

今年も暑い夏がもうすぐそこまでやってきました!? 新しくサークルに入った1、2年生も、少しずつサークルの雰囲気がつかめてきた頃でしょうか? 自分のサークルの雰囲気を知れば、それはもう他のサ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.10

【東西交流戦】関西選抜が関東選抜に1-0で勝利!!両チームの監督を務めた宮沢ミシェル氏、三浦淳寛氏にインタビュー!

8/2~4にかけて東西の中間地点・静岡で行われた東西交流戦。   カテゴリー唯一となる関東と関西の強豪が集う貴重な機会である本大会、第七回目となる今年も熱戦が繰り広げられた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.08

【新歓記事vol.5】新入生必見!日本大学のサッカーサークル比較してみました!

こんにちは、BEYOND編集部です! 今回は新歓記事第5弾!日本大学の紹介です。 ここでは日本大学の3つのサッカーサークルを紹介します。 日本大学に進学する新入生必見です!! …

read more 松本 瑠風
コラム 2022.05.31

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト】決勝トーナメント進出4チームが決定!予選リーグを勝ち抜きベスト8へ駒を進めたチームは!?

5月29日(日)鹿島ハイツにて新関東カップ戦の予選二日目が開催された。この日で第1グループから第4グループの決勝トーナメント進出チームが決まる大事な1日となる。   第1グループ …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM8】FW赤塚武也(3年) 相手の隙をつき決勝点を挙げる

クールなストライカー赤塚 5位の青山学院大学理工サッカー部は、3位の中央大学フースバルクラブと対戦した。結果は1-0で青理が勝利し、2位に浮上。2位浮上への値千金のゴールを決めたのが、エース10番赤…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-