【審判の想い】〜番外編〜 そこのあなた審判にいつも文句を言ってはいませんか?

BeYonD 編集部

今回はマネの想いならぬ「審判の想い」と題して、審判の気持ちについて学生審判にインタビューをしてきました。

 

 

身近なようで身近ではない審判、そんな知られざる審判のリアルな声を4つの質問を通して聞いてみました。

 

 

 

今回インタビューを受けてくれたのは・・・

 

 

アットホーム審判委員会 委員長 早稲田大学理工サッカー部 新3年 松尾 峻寛    

 img_6899

        

 

 

 

なぜ審判をやろうと思ったか。

初めて審判をしたのは高校2年のときでした。当時の動機はお小遣い稼ぎといった不純なものでした。しかし、大学に入学して今のサークル(早理)で試合を重ねるにつれて、審判によって試合の勝敗が左右されることが増えたように感じました。その一番の要因は、級を持っていない人が審判を行うことだと考えられます。だから、サークルサッカーの地位を向上させるためにも、自分は率先して審判活動へ参加しようと思い今に至ります。

 

 

 

審判のやりがいとは

審判をすることで感じるやりがいはただ1つ。それは、審判を通してよりサッカーを理解することができるということ。特にルールに関して、プレーしている選手はいくつか誤解している点があると感じています。審判を通してルールを勉強していく中で、その誤解は解消され、「より賢く、ルールを味方につけたプレー」ができるようになりました。

 

 

審判を通して得たもの

サークルサッカーで審判をする回数が増えたことで、色んな選手と関わることができます。多くのチーム、選手と関わることで、自然とお互いの中で信頼関係が生まれました。「あの審判なら安心して試合ができる」といった声をこの2年間で何回も聞くことができ、非常に嬉しく思います。この信頼関係こそが、審判を通して得たものであり、試合を進める上でなくてはならないものだと思います。

 

 

審判を通して、プレーヤーとして変わったこと

1番変わったことは、審判の判定に対して異議を申し立てなくなったことです。試合をしていれば、ヒートアップしてしまい、異議を申し立てたくなるときもあります。しかし、自分が審判をしているとき、自分の判定に対して異議を申し立てられるのは、あまり良い気持ちがしません。試合が終了したときに、選手と審判のどちらもが気持ちよく試合を終えることができるように、プレーヤーとして努めるようになりました。
春が近づき、これから新関東カップ、学内戦、新歓杯と試合する機会が多くなってきます。審判にイラっとすることもあるでしょう。ベンチからヤジを飛ばしたくなることもあるでしょう。しかし、審判に文句を言っても互いにいい気持ちはしません。選手も審判も応援する人も皆がいい気持ちで終われる試合を増やし、新関東をより良いものにしていけたらいいですね。

img_6900

 

最後に・・・

松尾くんより

 

アットホームカップ審判委員会の募集について

毎年行われているアットホームカップは、学生が主体となって大会を運営しています。TwitterなどのSNSを通して、各学内戦の結果などを発信しているのをよく見かけると思いますが、審判委員会はやはり毎年人手不足です(笑)10月に開催される本大会だけでなく、各学内戦にも審判として派遣されます。当然のことながら、アルバイト料も支払われますし、級の取得に伴う費用や審判グッズも大会側から負担されるので、自分からお金を負担せずに審判をすることができます。なにより1番の利点は、他のチームとの関わりが増え、友達の輪が広がることです。学生生活でしか体験することのできない貴重な経験を、審判委員会でしてみませんか?

 

気になる方は是非クリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「アットホーム審判員会募集記事」

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e5%af%a9%e5%88%a4%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e5%8b%9f%e9%9b%86

ご連絡お待ちしております。

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.25

【高校別OB座談会 番外編】この春上京した新入生へ。インハイ王者含む北海道4チームが大集合!

    高校別座談会第4弾は、北海道出身特集ということでインハイ王者、プリンスリーグ所属など4チームが集合!左から北星学園大学付属→青山学院大学理工サッカー部井…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.16

【新歓ムービー特集vol.3】荒友キッカーズ、GIOCATORE、Groovy kids、三ツ葉キッカーズ

早稲田大学 荒友キッカーズ https://youtu.be/e4pe9TdAK3g 【コンセプト】 サークルの雰囲気をわかってもらう 【工夫した点】 サッカーとイベントに分けた点 …

read more 古平 翔太
コラム 2018.05.14

【2018新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、立愛、学団連、HUMAN

  新入生の皆さん! そろそろサークルは決まったでしょうか???? ゴールデンウィークが過ぎて、新歓期も落ち着いてきた頃だと思います。 今年もいろんな人から「○万使った〜」「…

read more 篠田 麻衣
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.27

【キャプテン特集vol.1】サークル屈指の熱き闘将

こんにちは! 今回の記事はキャプテン特集です! 第一弾は昨年、悲願の新関東1部昇格を決めノリに乗ってる 慶應義塾大学理工学部サッカー部 3年 田中崇太 さんです。 キャ…

read more 渡部雄飛
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.20

【マネの想いvol.4】”稲穂は大学生活の全て”

第4弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学稲穂キッカーズ 3年 船見優奈さん −稲穂キッカーズ(以下稲穂)に入ったきっかけを教えてください。 最初は新歓コン…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【新歓記事2018 vol.2】早稲田大学のチーム紹介その2

前回に引き続き、今回も早稲田大学のチーム紹介です! 今回紹介するチームは個性派ぞろいです! それぞれの色を持ったチームがたくさんあって選ぶのに頭を抱えてしまいますね。 それでは紹介し…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-