【審判の想い】〜番外編〜 そこのあなた審判にいつも文句を言ってはいませんか?

BeYonD 編集部

今回はマネの想いならぬ「審判の想い」と題して、審判の気持ちについて学生審判にインタビューをしてきました。

 

 

身近なようで身近ではない審判、そんな知られざる審判のリアルな声を4つの質問を通して聞いてみました。

 

 

 

今回インタビューを受けてくれたのは・・・

 

 

アットホーム審判委員会 委員長 早稲田大学理工サッカー部 新3年 松尾 峻寛    

 img_6899

        

 

 

 

なぜ審判をやろうと思ったか。

初めて審判をしたのは高校2年のときでした。当時の動機はお小遣い稼ぎといった不純なものでした。しかし、大学に入学して今のサークル(早理)で試合を重ねるにつれて、審判によって試合の勝敗が左右されることが増えたように感じました。その一番の要因は、級を持っていない人が審判を行うことだと考えられます。だから、サークルサッカーの地位を向上させるためにも、自分は率先して審判活動へ参加しようと思い今に至ります。

 

 

 

審判のやりがいとは

審判をすることで感じるやりがいはただ1つ。それは、審判を通してよりサッカーを理解することができるということ。特にルールに関して、プレーしている選手はいくつか誤解している点があると感じています。審判を通してルールを勉強していく中で、その誤解は解消され、「より賢く、ルールを味方につけたプレー」ができるようになりました。

 

 

審判を通して得たもの

サークルサッカーで審判をする回数が増えたことで、色んな選手と関わることができます。多くのチーム、選手と関わることで、自然とお互いの中で信頼関係が生まれました。「あの審判なら安心して試合ができる」といった声をこの2年間で何回も聞くことができ、非常に嬉しく思います。この信頼関係こそが、審判を通して得たものであり、試合を進める上でなくてはならないものだと思います。

 

 

審判を通して、プレーヤーとして変わったこと

1番変わったことは、審判の判定に対して異議を申し立てなくなったことです。試合をしていれば、ヒートアップしてしまい、異議を申し立てたくなるときもあります。しかし、自分が審判をしているとき、自分の判定に対して異議を申し立てられるのは、あまり良い気持ちがしません。試合が終了したときに、選手と審判のどちらもが気持ちよく試合を終えることができるように、プレーヤーとして努めるようになりました。
春が近づき、これから新関東カップ、学内戦、新歓杯と試合する機会が多くなってきます。審判にイラっとすることもあるでしょう。ベンチからヤジを飛ばしたくなることもあるでしょう。しかし、審判に文句を言っても互いにいい気持ちはしません。選手も審判も応援する人も皆がいい気持ちで終われる試合を増やし、新関東をより良いものにしていけたらいいですね。

img_6900

 

最後に・・・

松尾くんより

 

アットホームカップ審判委員会の募集について

毎年行われているアットホームカップは、学生が主体となって大会を運営しています。TwitterなどのSNSを通して、各学内戦の結果などを発信しているのをよく見かけると思いますが、審判委員会はやはり毎年人手不足です(笑)10月に開催される本大会だけでなく、各学内戦にも審判として派遣されます。当然のことながら、アルバイト料も支払われますし、級の取得に伴う費用や審判グッズも大会側から負担されるので、自分からお金を負担せずに審判をすることができます。なにより1番の利点は、他のチームとの関わりが増え、友達の輪が広がることです。学生生活でしか体験することのできない貴重な経験を、審判委員会でしてみませんか?

 

気になる方は是非クリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「アットホーム審判員会募集記事」

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e5%af%a9%e5%88%a4%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e5%8b%9f%e9%9b%86

ご連絡お待ちしております。

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.22

【チームの根vol.4】”同好会の黒子の中の黒子”中央大学サッカー同好会 長谷川拓(4年=日野台)

今年度で設立50年と深い歴史を誇る中央大学サッカー同好会(以下、同好会)。今回は、自他共に認める"ノリと勢い"のチームを陰で支え続けた、元副会長、長谷川 拓[留学中(時差13時間)]に焦点を当てた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-