【BMOM31】田中圭介(1年=日大藤沢) ”食いしん坊ドリブラー”

BeYonD 編集部

【BMOM31】法政学団連サッカー部
 MF17 田中圭介(1年=日大藤沢)

 

先日行われたGuam Championship 鹿島ハイツラウンドにて法政大学学団連サッカー部(以下:学団連)は見事優勝を果たした。
決勝の対戦カードは1年生主体ながら高いクオリティーを示し、ここまで勝ち上がってきた学団連と、持ち前の雰囲気と団結力で強豪フースバルを倒し勢いに乗る早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)であった。互いに点を取り合う白熱した試合はPKによって勝者が決められた。

この決勝戦で1アシストを記録し、相手DFを脅かし続けたのが学団連17番MF田中圭介(1年=日大藤沢)である。ボールを受け顔をあげると独特のリズムでボールを運び出し、多くのチャンスを演出した。学団連は早理の素早いプレスに苦しみなかなか攻撃の形を作れない時間もあったが、田中が攻撃に絡むことにより相手選手を剥がし、数的優位の状態で学団連の攻撃を行うことができた。

img_9489

学団連の得点シーンでは、CBからのロングフィードを受けた田中が相手選手を1人交わし決定的なラストパスを送った。守備から一気に得点へと結びつけたそんなシーンであった。
本人は「グアムへの気持ちが強すぎてチームとして充実したサッカーができたと思います。」と今大会を振り返った。
このグアムへの強い気持ちがChampionship本戦でも体現されることを期待できる。実はかなりの食いしん坊である田中。彼の働きによってグアムへの切符を勝ち取り、美味しいものをたくさん食べることができるのか。

s__54558729

また「前日の数時間にも及ぶ戦術確認も勝因だと思います。FIFAでの(笑)」とボケを交えて答えた。きっとコート全体がテレビ画面の中のように見えたに違いない。
この余裕こそが、同好会カテゴリーの良さであり、そしてなによりこの雰囲気の良さが学団連の強さの秘訣なのである。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝
コラム 2022.06.14

【新関東カップ2022 ベスト8 マッチハイライト】負けたら終わりのトーナメント方式 準決勝へとコマを進めたのはどこのチームか!?

2週にわたり繰り広げられた予選を勝ち抜き、ついに集まった8チームが優勝をかけ、負けたら終わりのノックアウト方式でぶつかる! 第1試合 早稲田稲穂vs日大スポ科 第1試合は昨季新関東リーグ・カップ両…

read more 杉本 竣平
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

【新関東リーグ2017】 集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。   第1節以来勝利を挙げられていな…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.09.28

【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

"あの人と対談"という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね! 今春に行われた新関東カップの準決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.01.26

【マネ長対談vol.2】"コロナ禍×サークル活動"マネージャー長が思うこと

第二弾となる今回の "マネ長対談" では、 3年間のサークル活動をやり切った3名のマネージャー長に チームをまとめることの難しさややりがいについて伺いました。   中…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.07

【チームの根vol.6】”敏腕会計士” 立教大学サッカー愛好会 岩佐 顕三郎(4年=広島なぎさ)

立教大学の雄として、実力、そして周りが羨むほどの雰囲気を兼ね備える立教大サッカー愛好会(以下、立愛)。 今回は、立愛を会計長と言う一見地味な役職、マガジン杯の"Dキャプテン"としてチームを支えた男に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.12.06

【新関東リーグ2022・1部・最終節マッチハイライト】遂に最終節を迎えた1部リーグ。最後に笑うチームはどこだ!?

新関東リーグ2022・1部最終節は12/3,4の2日に分けて開催された。また、雷雨の影響で延期となった第6節早稲田大学HUMANFCvs早稲田大学稲穂キッカーズの試合は、12/5に開催された。 12…

read more 大田智輝
コラム 2016.10.28

【新関東FL一部第3節】中央ダービー含めた4試合の見どころ

第1試合(9:00 ko) 明治大学体同連サッカー部vs稲穂キッカーズ 前節、両チームとも完勝したこのカードは先制点が鍵となるだろう。両チームのキャプテン共に守備に重点を置き、「まずは守備をしっかり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-