【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

遠藤拓朗

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。
新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービー)を1-0で下し、見事新関東カップ3連覇を達成した。
前半は両者一歩も譲らない展開を見せたが、均衡を破ったのは稲穂だった。前半終了間際、稲穂の米澤直也(3年=早稲田実業)が得意のインターセプトでボールを奪うと、そのままボールを運び決勝ゴールをお膳立てした。本人も「普段しないドリブルなんかしてみました」と語っているように、意表をつくプレーで相手ディフェンスラインを崩した。
img_1526
この試合では、グルービーのエース23番小田島(3年=國學院久我山)とのマッチアップだったが、落ち着いた対応とハイプレスで相手エースに仕事をさせないように封じ込め、攻撃面では正確なロングパスで攻撃の基盤を作り、稲穂のサッカーを体現していた。さらに選手達の足が止まってくる試合終盤にも持ち前の運動量で走り続け、3年生の意地を見せつけた。

また、新関東カップ3連覇、並びに今後の意気込みについて伺うと
「正直3連覇のプレッシャーはありました。それと同時に僕たち稲穂キッカーズが目指している三冠日本一の1冠目でもあったので何としても取らなくてはいけないタイトルでした。今は1冠目を取れて安堵してますが、9月にはマガハイがありますし、まだまだ今日の試合の内容ではいけないのでもっと上のレベル「サークルを越えたサークル」を目指してこれからも、皆で頑張っていきたいと思います。」
気持ちを伝えてくれた。今年こそ三冠日本一を達成出来るのか、今後の稲穂の活躍に期待が寄せられる。

 img_1524

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

遠藤拓朗

endou

Keywords

Recommend

コラム 2021.03.31

【新歓記事2021】vol.7 法政大学

本日は法政大学の4つのサークルを紹介していきます! ぜひ参考にしてみてください! 法政大学工体連サッカー部 ・大学名・チーム名( 法政大学工体連サッカー部 ) ・自分達のサークルを一文で表…

read more 早坂
コラム 2019.02.12

【BeYonD?×Criacaoイベント】新3年生幹部が集結!!リーダーズカレッジ

2019年1月16日(水)西新宿にあるCriacaoオフィスにて 新関東リーグに所属するサッカーサークルの新3年生幹部30名集めたリーダーズカレッジが行われた。 今回はそのリーダーズカレッジで…

read more 成瀬将希
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.10

【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

こんにちは!   BeYonD編集部です。   今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。 …

read more 狩野幹太郎
コラム 2016.11.11

【BMOM9】CB福田拓也(3年) 先制点を挙げ勝利に貢献

 攻守の要  福田   第5節、4連勝で勝ち点12と首位を走る稲穂は、勝ち点1差の立教愛好会と対戦した。結果は誰もが驚いただろう。5-0で稲穂が大勝した。稲穂の攻撃陣が爆発するきっか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.28

【少人数キャリアセミナー開催決定!】現社長+元人事が語る魅力的な人材とは?

BeYonDをご覧の皆さんいかがお過ごしでしょうか? テスト勉強に追われている人や 夏休みを迎えてスケジュールを埋めて夏へのモチベーションを上げている人など 様々だと思います!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.02

【BMOM55】藤田和也(3年=暁星国際) フランス帰りの爽やかボーイが1G1Aの活躍で勝利に導く!

【新関東カップ2017 4回戦】鹿島ハイツ第2グラウンド 日大理工サッカー部 1-4 立教サッカー愛好会 MF藤田和也(3年=暁星国際) 新関東カップ2017 4回戦。日本大学理…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more 古平 翔太
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more 長谷川聡志
コラム 2018.05.11

【BeYonD特別企画】6/19(火) W杯日本代表パブリックビューイングイベント開催決定!!

BeYonDをご覧の皆様こんにちは! まるで夏を思わせるような暑い日GWが終わり、 5月病がひどくなるこの時期。いかがお過ごしでしょうか?   「今年こそはちゃんと勉強するぞ…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-