【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

BeYonD 編集部

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。
今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。

 

優勝

img_1657

早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)

昨年見事に新関東カップ2連覇を達成した稲穂は昨年の先発が5人残り地盤が固まっていることもあり、3連覇が期待されていた。
初戦の日本大学法学部サッカー部戦では新戦力77番中島(1年=早大本庄)とエース10番長瀬(3年=國學院久我山)が前線で上手くフィットし、抜群の突破力を誇る攻撃陣が躍動。危なげなく初戦を突破した。

ところがベスト8で対決した早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)との一戦では思わぬ苦戦を強いられることとなった。
グスタの細かいパスワークに翻弄され決定機を何度も作られてしまい、万事休すかに思われたが、ラスト10分稲穂の走力が上回る。
スーパールーキー中島の活躍もありなんとか鬼門を突破した。

一つ山場を乗り越えた稲穂は準決勝の立教大学サッカー愛好会、決勝の明治Groovy kids戦では自慢の運動量で相手を圧倒。
守備では両サイドバックの7番坂梨(3年=早実)と6番米澤(3年=早実)の早実出身コンビが相手のエースを完封し、グスタ戦以来無失点を継続。
攻撃では長瀬が大事な場面で得点を量産。4試合5得点の活躍でエースとしての役割を全うする。

名門稲穂の勝負強さが光り新関東カップ3連覇を成し遂げた。今回主力として臨んだ末永(3年=都立駒場)を中心とした3年生は入学以来新関東カップ負けなしという快挙を成し遂げた。

 

 

準優勝

img_1658

明治大学Groovy kids(以下:グルービー)

練習頻度は他の強豪サークルよりも少なく、その持ち前のポテンシャルで大会をぬるっと勝ち上がるグルービー。
今大会も個人技の高さを見せつけ決勝まで登りつめた。

ジャイアントキリングを巻き起こし勢いに乗る首都大学東京八雲FCとの初戦では、いくつか決定機的な場面を作られるも34番千葉(2年=マリノスY)と23番小田島(3年=國學院久我山)の個人技で勝利を収める。

続く青山学院大学理工サッカー部戦では圧倒的に主導権を握られながらも4番安藤(1年=水戸商)を中心とした粘り強い守備で得点を割らせず。キーパー森本(2年=広島国泰寺)のビッグセーブやグルービー特有のガヤの効果もあり、奇跡的にもPK戦を制した。

勝てば決勝進出となる準決勝の早稲田大学HUMAN FCとの一戦は、先制されるも重戦車小田島のワンマンプレーで逆転に成功し決勝進出を果たした。
注目の決勝戦では稲穂の徹底的に走り勝つサッカーからチャンスを作ることができず準優勝に終わったが、そのポテンシャルの高さとガヤによる相手選手のメンタルを揺さぶる攻撃はさすがであった。

 

MVP

img_1656

早稲田大学稲穂キッカーズ10番 長瀬良太(3年=國學院久我山)

今大会4試合5得点の活躍でチームを新関東カップ3連覇に導いたエースが文句なしのMVPへ選出。昨年から大事な場面でゴールに絡むことのできる選手であったが今年度はエースとして絶対的な存在へ成長。持ち前のゴール前での勝負強さに磨きをかけ、中盤での守備にも貢献。7番坂梨とのコンビで左サイドを制圧し、名実共に稲穂の10番であることを証明した。

「自分も肩脱臼するなど、怪我人が続出するハプニングもあったが、試合に出る選手、ベンチ、応援、OBOG全員で総力戦で掴んだ優勝だと思います。まだ自分達の納得のいくサッカーが出来てないんで、そこ突き詰めて三冠日本一をとりにいきます!」

 

得点王

img_0454

東洋大学FC.Liberte 11番 西岡祥樹(3年=東久留米総合

新関東FL初参戦の東洋大学FC.Liberte(以下:リベルタ)の長身ストライカーが2試合連続のハットトリックを記録し大会得点王に輝いた。恵まれた体格を活かしたポストプレーでタメを作り、自ら巧みなターンから得点を量産した。技巧派集団リベルタのフィニッシャーは新関東リーグ3部でも得点を量産し、2部昇格に貢献することができるのか非常に楽しみだ。

「新関東カップ初参戦で得点王を獲れて嬉しく思います。チームの協力があったからこそとれたので自分もチームのためになにか還元できたらなと思います。これから色々な大会がありますが、そこでも得点を取っていきたいと思います。特に市立船橋出身の深尾昂平とツートップを組むので、彼と息を合わせることを意識して新関東一部にチームを点を量産し、チームに勝ちをもたらすのが僕らの目標でもあります」

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ 東洋大学 FC.Liberteのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.01

【新入生必見!同好会チームガイドvol.7】上智大学編

The 上智大学FC EAGLE 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ3部 【男性メンバー数】 35名 【女性メンバー数】 25名 【SNS・ホームページ】 Twitter…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.19

【高校別OB座談会vol.3】”都立の星”強豪三鷹の強さの秘訣とは?

都立高校の中で圧倒的な強さを誇る都立三鷹高校。3年前に全国出場し流石の強さを見せた三鷹のOBに昔のことや現在のサークルでの変化などゆったりとした雰囲気で話してもらった。 左から中央大学サッカー同…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.04

【美女マネvol.15】第15回の今回は冬に咲く桜のような趣深いマネ!

  こんにちは!   最近寒いですね~。   と思ったら、     桜が咲いておりました。 …

read more 上野澄人
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more 成瀬将希
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more 古平 翔太
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more 成瀬将希
コラム 2017.09.19

【美女マネvol.24】今回は先日のマガ杯で準優勝したあのチームのマネ!!

  こんにちは!!     先日行われたマガジン杯、例年通り大盛り上がりでしたね!!     敗戦に悔し涙を…

read more 上野澄人
コラム 2016.11.09

[BMOM3]DF村山一輝(3年)闘将が魂ヘディングで決勝点

闘将 村山   立教大学サッカー愛好会は第4節、3位青山大学理工サッカー部との対戦。試合開始早々から両チームにチャンスが訪れ、8分、立教愛好会が先制点を挙げる。決めたのは、「立愛の闘…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM60】三谷朋司(3年=国泰寺) 超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ

超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ 三谷朋司(3年=国泰寺)   関西同好会トーナメント準決勝京都産業大学ONZE(以下ONZE)対立命館大学CRACKS(以下CRACKS…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-