【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

大貫 杏華

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね!
夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。
そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”
プレイヤーの真剣な姿、マネージャーの応援する姿、プレマネ共に過ごす姿…様々なシーンが収められています。
そこで今回は、

カメラマネ

に注目したいと思います!!!
試合中、レンズ越しに一所懸命プレを追いかけている彼女達の技術と想いに迫りたいと思います。

今回インタビューさせていただいたのは…
中井莉子さん <早稲田大学 HUMAN F.C.>
勝見みかいさん <早稲田大学 HUMAN F.C.>
酒井みゆきさん <東京学芸大学 FC.LEO>
深堀沙希さん <明治大学 生田サッカー部蹴友会>
小島梨聖さん <早稲田大学 FC.GUSTA>
以上、5名にお話を伺いました。

img_0340

○まず始めに、なぜカメラを撮ろうと思ったのですか?
HUMAN中井:最初はMVを作りたいと思って、サイバーという役職につきました。そのサイバーの中にカメラもあり、カメラをやるようになりました。
HUMAN勝見:中井さんがサイバーに誘ってくれたので一緒にやろうと思いました。
LEO酒井:1個上の先輩が役職を指名する形式をとっています。皆の日常の表情や楽しかった出来事を写真に残すことは素敵だと感じ、また皆の思い出になる物を残せるのは嬉しいことだと思い、カメラ担当には憧れていました。そして、代替えの時に指名されたのでカメラ担当になりました。
GUSTA小島:元々写真を撮るのが好きだったのですが、ひとつ上のカメラ担当の先輩がみんなの輝いている瞬間を収める姿を見て、私もプレマネのいきいきとした表情を撮りたいと憧れを抱いたことがきっかけです。img_0336

◯使っているカメラの種類は??
HUMAN:PENTAX
生田:OLYMPUS E-M10 MarkⅡ
LEO:canon eos m3(ミラーレス)
GUSTA:Olympics

◯工夫している点、撮るコツは?
HUMAN中井:偏りがなく、みんなの様々な自然な表情を撮ることを心がけています。また、みんなが一丸となって戦っている姿をできるだけ残したいと思っています。自分の心が動かされた瞬間を逃さないように常に集中することを心がけています!
HUMAN勝見:常にピントを合わせて、タイミングを逃さないようにしています。あと、立って撮るのでなく座って撮ったほうがかっこいい写真になると思います!
LEO酒井:なるべく思い出として普段の様子も残したいと思うので、日常のみんなの様子を取るように頑張っています。
生田深堀:連写モードに設定し、たくさん撮って後からよく撮れているものを選ぶようにしています。また、背景をぼかすなどの工夫をしています!
GUSTA小島:先輩に教えて頂いたのですが、なるべくボールを追うようにして撮るのがコツです。そうするとプレの真剣な姿が自然と切り取れます。あと、ズームで撮ることで、選手の表情に臨場感が出ている方が好きなので。また、決定的瞬間を逃さないためにシャッターを切り続ける思いっきりの良さ、チームが盛り上がる時こそドンと構える冷静さをちょっと意識しています(笑)img_0347

◯レンズ越しに試合を見ていると、試合全体が見辛いと思いますが、それでもカメラを撮り続けるやりがいはなんだと思いますか?

HUMAN中井:たしかに試合全体は見ることが出来なかったり、勝った瞬間みんなと喜びたくてもみんなが喜んでいる姿を撮っているから一緒に喜べなかったりと、少し寂しいことはあります。けれど、みんなのことをずっと追っているので、みんなの色々な表情が見られてアツい気持ちになれるところが楽しかったりします。あとはレンズ越しにプレを見ていると、誰よりもプレの近くにいる気がして、一緒に戦っているんだと実感させてもらえるのもカメラ担当ならではだと思います!みんなからの写真ありがとうの一言や、みんなで写真を見返している時に一生懸命すぎてすごい顔になっているプレやマネの姿を発見したときに大笑いしている瞬間も楽しくて大切な時間だなぁと思います。

HUMAN勝見:レンズ越しだと、試合中のプレイヤーの真剣な表情や激しくぶつかり合っている様子、苦しくなっても必死に頑張っている姿などをみんなよりも鮮明に見ることが出来るので、勝手にプレイヤーの1番近くで応援している気分になっています(笑) カメラ担当でなければきっと気づけないような、一人一人の頑張りが見えるので楽しいです!点が入った時や勝った後のみんなの笑顔を撮るのは最高に楽しいです!

LEO酒井:私が撮った写真をSNSのアイコンにしてくれたりするとやりがいを感じます!あと、合宿や試合の後に自分が撮った写真を見返して、みんなで笑い話をしたり、思い出話をしたりしていると、写真担当でよかったなぁと思います!

生田深堀:普段一緒に過ごしている時とは全く違う、プレイヤーの真剣な表情やサッカーを楽しんでいる姿をレンズ越しにより鮮明に見て撮るのが楽しみです!

GUSTA小島:たしかに試合全体を捉えるのは難しいですが、プレ1人1人に焦点を当てられることで、それぞれの1プレーに対する想いみたいなものを感じられる気がします。また、次のプレーを予測しながら撮るので、戦術眼を鍛えられたりします(笑) その予測が上手くいった時の喜びはカメラ担当ならではだと思います。まあ何と言っても、撮った写真をみんなに喜んで貰えるが1番の喜びです。サークルのみんなが大好きなので(笑) 少しでも思い出作りのお手伝いが出来ていたら幸いです。img_0338

みなさん一人一人に熱い想いがあり、素敵ですね。写真を撮る立場だからこそみんなと共に過ごせない寂しさも感じる時もあり、しかしそれ以上にプレからの言葉やみんなの笑顔にやりがいを感じているのですね。
さて、そんなカメラマネ達の存在をどう感じているのか、少しだけプレイヤーに伺ってみました!!

『プレとしては、自分の写真を撮ってくれているのがとても嬉しいし、モチベーションにもつながる。試合中の写真は顔が変だったりするから、この写真をみんなに見られるのかと思うこともある(笑) けど、みんなを均等にズームで撮ってくれる臨場感ある写真は本当に嬉しい。試行錯誤しながらカメラを撮っている姿が良い!(笑) あの時の写真があるかなとか思いながら、合宿後に写真を見るのは楽しみ!
チームとしても、サークルとしての思い出が記録として残るのはとても嬉しいし、参加できなかった人も写真を見て思い出を共有できるからより仲が深まると思う。試合以外の時間もカメラで遊んでいたりするから、マネ同士でも楽しめていると思う。みんなでいろんな写真を見て話したりする時間は楽しいし大切な時間だと思う。』

Processed with MOLDIV

カメラマネ達の想いは、ちゃんとプレイヤーに届いているようですね!これからも、たくさんのサークルの思い出を写真として残してくれるカメラマネに期待ですね!!

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ 明治大学 生田サッカー部蹴友会のチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

大貫 杏華

onuki

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more 浅川大樹
コラム 2017.05.05

【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

  GWも終盤にさしかかってきましたね!   どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!   そしたらやっぱり気になるのが、明…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.28

【BMOM117】増井裕次郎(3年=修道)8年ぶりの1部へ!導いたのは Mr.信頼感!

  11月24日(土)、新関東リーグ1部昇格戦の明治大学Esperanza(以下:明治エスペランサ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合がZOZOPARK HONDA …

read more 那須将司
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2017.04.24

【BMOM33】 丹羽遼(3年=東海大仰星) バランサーに徹した男のスーパーボレーで延長戦を制し、グアムの切符を掴み取る!

【BMOM33】京都産業大学 ONZE 15番 MF 丹羽遼   Guam Championship本大会・決勝は東洋大学 FC Liberte(以下Liberte…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.05

【マネの想いvol.2】”いつもプレの1番側にいる存在へ”

マネージャー特集 第2弾 早稲田大学HUMAN F.C. 吉留里乃さん 「いつもプレイヤーの1番側にいるマネージャーでいよう」 −HUMAN F.C.(以下human)に入ったきっ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2020.02.22

【BMOM 140】橋爪健(1年=西武文理)中央フースバル、期待の新人エースが優勝の立役者に!

2/17(金)に日野陸上競技場で行われた中央大学学内戦の決勝戦はPKの末、中央大学体同連フースバル(以下:中央大学フース)が中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)に勝利し、中央大学No.1の栄光を…

read more 落合陸

-PICKUP CIRCLE-