【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

金子樹

こんにちは!
今回はマガハイ特別企画ということで、
マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!

 

「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」

「バイトの関係で染められない」

「頭皮のダメージが怖い」

 

って方々も、気張って染めてくるようで。

 

その中でも異彩を放ち、

フォトジェニックで、ファンタスティックで、ビューティフルな髪型の

プレーヤー、マネージャーを特集しました!

 

entry no.1

マガハイ恒例のこの色!!

albumtemp

慶應キッカーズA

小林大輔(2年=暁星)
「人工芝と間違えて蹴られないように頑張ります。」

人工芝の緑色は、大会でも多く発見されています。
まさにお手本のような髪型とコメント。

今年もマガハイ始まったな〜
そんな気分でいると

 

entry no.2

albumtemp

早稲田理工サッカー部

人工芝群に出くわしました。
四人続けて人工芝のように蹴り倒したいほどに綺麗に染まっています!

 

entry no.3

マガハイ随一のイベントである開会式が今年は残念ながら雨で中止。
この大会期間、晴れた空を見上げることはできるのかと皆さん不安を抱いたでしょう。

albumtemp

中央大学サッカー同好会マイムマイム
佐々木一成(3年=札幌第一)

濁りのない青に、屈託なき笑顔!
そんな不安を吹き飛ばして私たちの心を空とともにピーカンにしてくれました!!
この後の写真撮影ではゴープロ片手に常にチームの中心にいました。

 

 

entry no.4

albumtemp

FC GUSTA
大貫杏華

雨が上がれば。そうですよね。

毛先が虹色に、綺麗に染まっています!
その背中からは、手間と苦労が垣間見れました。

 

 

entry no.5

 

albumtemp

早稲田大学FC.GUSTA

若杉晃太郎(2年=済々黌)

 

有無を言わせずパイナップルです!
ハーフタイムにお邪魔して写真を撮らせてもらいました!
前半、屈強な相手に負けず劣らず競り合っていた彼。
いくら競り負けても髪の毛だけは常に上を向いていました!!あっぱれ!!

 

entry no.6

albumtemp
早稲田大学理工サッカー部 A

大寺泰楽(2年=滝川)

 

赤いちょんまげに『420』の文字。
意味はここでは言えないと知ることはできませんでした。
彼がマガハイ後、髪が生えるまで420とどう過ごして行くのか。
気になることが多すぎて、夜も眠れず朝も起きれません。

 

entry no.7

 

albumtemp
青山学院理工サッカー部

黒澤礼央(3年=栗の木FC)

幼き頃に食べた知育菓子を連想させるこの色。
青山のオシャレ軍団は我々の常識を凌駕した、ファッションの最先端を常に疾走していますね!!

 

長いマガハイも遂に明日で最終日となりました。

みなさん最後の試合まで全力で楽しみ、夏休み最高の思い出を作ってください!!

Written by

金子樹

kaneko

明治大学 Groovy Kids

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more 大塚朝史
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more 鈴木瑠華
コラム 2019.08.07

【特別企画】マネージャーの実態を聞いてみた!第一弾

こんにちは〜!   長い長い梅雨が明けてくれて、やっとみんなが大好き大好きおまちかねの夏が始まりましたね〜!   太陽ギラギラのもと、白いボールを追いかけて、キ…

read more 篠田 麻衣
コラム 2018.11.06

【BMOM112】谷口諒(3年=桃山学院) 立愛の勝利に導く決勝点をアシスト!

10月20日、鹿島ハイツにて新関東リーグ・1部第3節、立教サッカー愛好会(以下:立愛)と慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)との試合が行われた。 お互いに丁寧にボールをつ…

read more 三木大輔
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more 狩野幹太郎
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more 高澤航平
コラム 2016.12.27

【OB・OGインタビューvol.1】えっ?!ゲキサカのディレクターはあの強豪チーム出身?!

新連載!!【同好会OB・OGインタビュー】ということで、大学同好会カテゴリーを卒業して、現在、社会で活躍しているOB・OGの方々に当時の思い出などをインタビューしていきます! 記念すべき第1回の今回…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more 長谷川聡志

-PICKUP CIRCLE-