【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

BeYonD 編集部

こんにちは!
今回はマガハイ特別企画ということで、
マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!

 

「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」

「バイトの関係で染められない」

「頭皮のダメージが怖い」

 

って方々も、気張って染めてくるようで。

 

その中でも異彩を放ち、

フォトジェニックで、ファンタスティックで、ビューティフルな髪型の

プレーヤー、マネージャーを特集しました!

 

entry no.1

マガハイ恒例のこの色!!

albumtemp

慶應キッカーズA

小林大輔(2年=暁星)
「人工芝と間違えて蹴られないように頑張ります。」

人工芝の緑色は、大会でも多く発見されています。
まさにお手本のような髪型とコメント。

今年もマガハイ始まったな〜
そんな気分でいると

 

entry no.2

albumtemp

早稲田理工サッカー部

人工芝群に出くわしました。
四人続けて人工芝のように蹴り倒したいほどに綺麗に染まっています!

 

entry no.3

マガハイ随一のイベントである開会式が今年は残念ながら雨で中止。
この大会期間、晴れた空を見上げることはできるのかと皆さん不安を抱いたでしょう。

albumtemp

中央大学サッカー同好会マイムマイム
佐々木一成(3年=札幌第一)

濁りのない青に、屈託なき笑顔!
そんな不安を吹き飛ばして私たちの心を空とともにピーカンにしてくれました!!
この後の写真撮影ではゴープロ片手に常にチームの中心にいました。

 

 

entry no.4

albumtemp

FC GUSTA
大貫杏華

雨が上がれば。そうですよね。

毛先が虹色に、綺麗に染まっています!
その背中からは、手間と苦労が垣間見れました。

 

 

entry no.5

 

albumtemp

早稲田大学FC.GUSTA

若杉晃太郎(2年=済々黌)

 

有無を言わせずパイナップルです!
ハーフタイムにお邪魔して写真を撮らせてもらいました!
前半、屈強な相手に負けず劣らず競り合っていた彼。
いくら競り負けても髪の毛だけは常に上を向いていました!!あっぱれ!!

 

entry no.6

albumtemp
早稲田大学理工サッカー部 A

大寺泰楽(2年=滝川)

 

赤いちょんまげに『420』の文字。
意味はここでは言えないと知ることはできませんでした。
彼がマガハイ後、髪が生えるまで420とどう過ごして行くのか。
気になることが多すぎて、夜も眠れず朝も起きれません。

 

entry no.7

 

albumtemp
青山学院理工サッカー部

黒澤礼央(3年=栗の木FC)

幼き頃に食べた知育菓子を連想させるこの色。
青山のオシャレ軍団は我々の常識を凌駕した、ファッションの最先端を常に疾走していますね!!

 

長いマガハイも遂に明日で最終日となりました。

みなさん最後の試合まで全力で楽しみ、夏休み最高の思い出を作ってください!!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.27

【スパイク特集vol.2】~FGスパイクを使いこなせ!!~

みなさん、スパイクコラムの第1弾は読んでいただけたでしょうか? 「読んでないよ~」という方がいましたら、ぜひページを戻って第1弾の方を先に読んでみてください!!   では、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.11

【BMOM67】岡内学人(3年=市立千葉高校)持ち前の技術と笑顔で優勝へと導く!

先日行われた千葉大学学内戦決勝戦で常にピッチ全体を見渡し、決定的な仕事はなかったもののボールによく絡み攻撃のリズムを作った千葉大学FORZZA(以下FORZZA)岡内学人(3年=市立千葉高校)が決勝の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.11

【マネの技術Vol.6】プレイヤーケアの必需品『救急バッグ』の中身に迫る!

熱かった新関東リーグ2017も終わり、3年生は就職活動へ向かう中、 1、2年生を中心に新チームが始動し始めるこの時期!! 各選手来たる来シーズンに向け、新チームにかける想いは大きいと思います! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.29

【審判目線】審判だからこそ分かる、”体育会”と”サークル”の違いとは?

こんにちは!BeYonD編集部です。 大学サッカー界には”体育会”と”サークル”という2つの組織があり、両者の違いは数多く存在します。サッカーのレベルからサッカーに対する熱意までその違いは様々で…

read more 東 孝太郎
コラム 2018.05.11

【BeYonD特別企画】6/19(火) W杯日本代表パブリックビューイングイベント開催決定!!

BeYonDをご覧の皆様こんにちは! まるで夏を思わせるような暑い日GWが終わり、 5月病がひどくなるこの時期。いかがお過ごしでしょうか?   「今年こそはちゃんと勉強するぞ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.03

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.7

先週の5/28(土)に開幕した新関東カップ。 今年度から予選リーグが導入され、2週間に分けて決勝トーナメント出場チーム8チームを決定する。 今週は6/4,5に予選を行うチームを紹介!! …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-