【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

森井 貴弘

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。
あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。

 

昨年度のリーグ戦、今年度のカップ戦の両大会準優勝の明治グルービー青山学院理工サッカー部に0-4にまさかの大敗。
青山理工は土佐林(3年=八千代)の30m級のフリーキックを決めるなど攻撃陣が爆発。
ポゼッションサッカーを展開し、グルービーの守備陣を終始翻弄し続けた。
明治グルービーはまたしても苦手とする開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。

 

今年度のカップ戦の覇者でリーグ戦連覇を目指す早稲田稲穂は、中央フースバルと激突したが、両GKの活躍もあり、スコアレスドローに終わった。
大多数のギャラリーの中で行われた試合は同好会カテゴリーとは思えない段違いのスピード感の中、両者の攻防が繰り広げられた。
お互いいくつか決定機をつくり出すも、早稲田稲穂のGK河瀬(3年=香川高松)と中央フースバルのGK小川(2年=杉並FC)のビッグセーブに阻まれ、そのまま勝ち点1を分け合った。

 

昇格組の早稲田GUSTAは今年度のマガジン杯準優勝の古豪明治体同連と対戦するもラスト8分で逆転され、2-3で敗れた。
明治体同連のフリーキックをGUSTAのGK那須(3年=延岡)がこぼしてしまい、それを35番中島(4年=前橋商業)が押し込み先制。その後GUSTAは大野(3年=柏陽)と金田(1年=國學院久我山)のゴールで逆転する。
このままいくかと思われたラスト8分。
明治体同連の途中交代で投入された、29番三好(年=福島東)が後半28分・35分と立て続けに2ゴールを挙げ逆転した。交代策がズバリ的中し、明治体同連が開幕戦勝利を挙げた。

 

こちらも昇格組の明治生田立教愛好会に挑むも、圧倒的な立教愛好会の雰囲気が会場を飲み込み0-3で敗れた。
大応援団に後押しされた立教愛好会は前半立ち上がりの11番藤田(3年=暁星国際)のゴールを皮切りに3得点し、3-0で立教愛好会が開幕戦を勝利で飾った。

 

次節(10月21日)は開幕戦勝利の青山理工と明治体同連が激突。
また、開幕戦明治グルービーと早稲田GUSTAの敗者同士が激突する。
お互い絶対に負けられない第2節から目が離せない!

 

【第1節】(10月14日)
[Zozopark Honda Football Area]

明治グルービー 0-4 青山学院理工サッカー部
[青]山田隆太(15分)、土佐林佑(27分)、丸山駿(40分)、高橋涼太(44分)

早稲田稲穂 0-0 中央フースバル

明治体同連 3 2早稲田GUSTA
[明]中島僚太(26分)、三好駿(63分、70分)
[G]大野奨平(41分=PK)、金田直輝(61分)

明治生田 0-3 立教愛好会
[立]藤田和也(4分、40分)、岡田真夏斗(65分=PK)

%e5%9b%b31

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.08

【BMOM38】小川潤之助(2年=杉並FC) 守護神のビッグセーブ連発で稲穂フェスタ連覇達成!

ゴールデンウィーク最終日に行われた第15回稲穂フェスタ。中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の2連覇で幕を閉じた今大会。 その決勝戦、青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)との対戦で…

read more 澤田結人
コラム 2017.09.24

【BMOM74】ユニオンカップ3連覇に大きく貢献したスーパーサブ。その男とは一体何者だ!

ユニオンカップ決勝戦が9月22日に行われた。決勝戦まで駒を進めたのが早稲田大学水曜サッカー会(以下:水曜)と同じく早稲田大学CHUTAR(以下:CHUTAR)であった。 試合は2-1で水曜がCHUT…

read more 浅川大樹
コラム 2020.06.20

【マネの想いvol.4】”稲穂は大学生活の全て”

第4弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学稲穂キッカーズ 3年 船見優奈さん −稲穂キッカーズ(以下稲穂)に入ったきっかけを教えてください。 最初は新歓コン…

read more 高橋ちひろ
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【美女マネ特集vol.5】第5回は、シロガネーゼもあっぱれの明治学院大学のあのチームのマネ!

こんにちは!     気付けば週1回ペースで会っていますね!   これくらいのちょうどいい距離感でこれからもやっていけたらなと思います! …

read more 上野澄人
コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more 小川雄矢
コラム 2016.11.22

【BMOM13】鷹野 友哉(3年) 復帰戦で底抜けの肺を披露

ドラマティックボーイ   明治体同連は、先日の新関東リーグ最終節で青山理工と対戦した。残留圏に残るために勝利が絶対条件であった。明治体同連は2点差をつけ勝利すれば、自力での残留を決め…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-