【BMOM82】亦野陸生(3年=八千代) 鮮やかなFKで同点弾を演出

高橋佑輔

[10.28 新関東リーグ2017・1部第3節 青山理工 1-1 明治生田 ZOZOPARK]

img_5200

一点のビハインドを負って迎えた後半17分、センターよりやや左で手に入れたFKのキッカーを務めたのが64番亦野(3年=八千代)だった。右足で狙いを定めたボールはゴール右上へと綺麗な弧を描いて吸い込まれていった。

「いい位置でFKもらってくれて落ち着いて蹴れば入るかなと思ってたのでうまくいってよかったです」と
このように本人も狙い通りの一撃に満足そうに答えた。

第2節では数的優位という有利な展開で勝ち点の得ることのできなかった青山学院大学理工サッカー部。(以下:青山理工)
「前節負けているのでチームとして勝ち点3を確実に取るという気持ちで試合に臨んだ」
と本人も述べているように、最下位の明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)相手に勝ち点を取りに行きたいという試合であった。

しかし、試合が始まると序盤は明治生田に押し込まれる展開に。
前半6分に失点を喫し、不利な状態に立たされるとなかなか攻め手の作れない苦しい時間が続いた。
この状況に関して亦野は
「先制されて苦しかったですが焦らずゆっくりいこうと思ってました」
と気持ちを述べた。

この発言の通り、青山理工は亦野を中心に自分たちのペースを取り戻し、得意のパスワークで明治生田ゴールを何度も脅かした。
「個人的にはサイドバックの安藤(3年=座間)と左サイドを崩したかったのですが相手が対応してきたので少し中めでプレーしました」
と試合を振り返った。プレーエリアを中に移しポゼッションサッカーの起点として働いていた。
また試合を通しセットプレーのキッカーを務めた亦野。彼のキックからチャンスが演出されるというシーンも幾度か見られた。

そしてFKで貴重な同点ゴールを挙げ、なんとか勝ち点1をチームにもたらした。

img_5202

そしてこれからのリーグ戦に向けて
「最後うちが押していた分勝ちたかったですが切り替えて残り4試合頑張ります!」
と意気込んだ。
試合終盤、猛攻を仕掛けるも追加点の取れなかった青山理工。リーグ戦を勝ちきる上で決定力を上げるのは必須課題になる。
残り4試合、この結果に満足せず戦い続けなければならない。

img_5201

青山学院大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学サッカーサークルその1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.08

【BMOM97】大木優(1年=慶應志木)が2アシストの活躍!立教愛好会撃破の立役者に!

[06.02 新関東カップ 2018 準々決勝  慶應e.l.f. 3 - 0 立教愛好会 ZOZO PARK HONDA FOOTBALL] 3回戦で同じ慶應大学で1部所属の慶…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.07.14

【チームの根vol.5】“破天荒副キャプテン” 早稲田大学HUMAN F.C. 阿部雅也(4年=渋谷幕張)

昨年苦くも、新関東リーグで入れ替え戦の末1部残留が叶わなかった早稲田大学 HUMAN F.C.(以下、HUMAN)。ただ今期の学内戦では再び早稲田の頂点に立ち、復活の狼煙を上げている。今回は、そんなチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.11

【特別企画】強豪校出身者特集ルーキー編 〜サークルはタレント揃い??〜

こんにちは!BeYonD編集部です!   大学入試が終わり、そろそろ各大学サークルで新歓が行われる時期となりました。大学でもサッカーを続けたい、でもサークルと体育会どちら…

read more 東 孝太郎
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.22

【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.07

【GK特集】知ってるようで知らないGKの気持ち

どうも、コムドットにはまり 「内定もらえない可能性これ一切なーい」と調子に乗っていましたが 「内定が一切ない」になりそうな森です。 今回は今まであまり触れられてこなかったポジションに…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-