【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

森井 貴弘

【新関東リーグ2017】
集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。

 

第1節以来勝利を挙げられていない青山理工はこちらも2連敗中と波に乗れていない立教愛好会に3-1で逆転勝利した。
前半立ち上がりに自陣でのミスを突かれ、先制されるも、その後すぐに、青山理工の7番古林(3年=狛江)の2ゴールで逆転に成功した。
後半にも10番高橋(3年=國學院久我山)がダメ押し弾を突き刺し青山理工が完勝した。
青山理工が悪い流れを吹き飛ばし勝ち点3を獲得し残留争いから一歩抜け出した。
一方、立愛は3連敗となり、残留争いに巻き込まれる結果となった。

 

残留のためには何としてでも勝ち点を積み重ねたい明治グルービー明治生田の試合は1-1で勝ち点1を分け合う結果となった。
グルービーDFのパスミスを明治生田9番(3年=八千代)が奪い、先制に成功したが、
昨日の早稲田稲穂戦で結果を残すことができなかった0番阿部(2年=前橋)がスルーパスに抜け出し、値千金の同点弾を決める。
その後一進一退の攻防を繰り広げるもスコアは動かず、タイムアップとなった。
両チームあと2節でどこまで勝ち点を積み重ねられるか。

 

優勝のためには負けられない早稲田稲穂と残留のためには負けられない早稲田グスタは立ち上がりにPKで先制した1点を守り切り早稲田稲穂が1-0で勝利した。
互いに同じキャンパスのライバルとして非常に熱のこもった試合展開であったが、早稲田稲穂が王者の勝ち癖を見せつけ、勝ち切った。
早稲田稲穂は今日の勝利で2位に勝ち点4差をつけ、次節勝利すれば2連覇となる。
早稲田グスタは明治生田に勝ち点で並ばれ、あと2節負けられない状況となった。

 

昨日青山理工を1-0で下した中央フースバルは、勢いそのままに明治体同連を4-1で下し、集中開催2連勝を飾った。
お互い優勝のためには勝利が欲しい両チームであったが、この日は中央フースバルの攻撃陣が爆発。
7番キャプテン若杉(3年=新潟明訓)がスーパーボレーを含む2ゴールで勝利に貢献した。
明治体同連は痛い敗戦で首位稲穂との勝ち点を4に広げられてしまった。

 

次節(11月11日)は再びzozoparkに舞台を移す。
早稲田稲穂は勝利を飾り、2連覇・3冠を達成することができるか。
一方残留争いにも注目していきたい。

 

【第5節】(11月5日)
[鹿島ハイツスポーツプラザ第1グラウンド]

青山理工 3-1 立教愛好会
[青]古林裕也(12分、20分)、高橋涼太(44分)
[立]浅田拓郎(11分)

明治グルービー 1-1 明治生田
[グ]阿部アンドレ(43分)
[生]吉崎光(28分)

早稲田稲穂 1-0 早稲田グスタ
[稲]中島剣士郎(17分=PK)

中央フースバル 4-1 明治体同連
[フ]若杉俊介(39分、70分+1)、小竹直輝(42分)、オウンゴール
[明]遊馬幹彦(46分)

145198

 

 

 

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.12.20

【BMOM88】鯵坂賢(多摩大目黒=1年)技巧派FWがプレミアカップ連覇を手繰り寄せる。

プレミアカップ2017は中央大学サッカー同好会(以下:中央同好会)の2連覇で幕を閉じた。新関東FL1部や2部の強豪チームや、アットホームカップでも躍動したチームが数多く出場した激戦必至の2日間であった…

read more 高木啓行
コラム 2017.05.31

【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。 その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』 毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.02

【美女マネvol.26】シリーズ開始から約1年!節目を華々しく飾る素敵なマネ!

  こんにちは!!   そして本当にありがとうございます!!       なんと、美女マネ第1回公開から約1…

read more 上野澄人
コラム 2017.09.24

【BMOM74】ユニオンカップ3連覇に大きく貢献したスーパーサブ。その男とは一体何者だ!

ユニオンカップ決勝戦が9月22日に行われた。決勝戦まで駒を進めたのが早稲田大学水曜サッカー会(以下:水曜)と同じく早稲田大学CHUTAR(以下:CHUTAR)であった。 試合は2-1で水曜がCHUT…

read more 浅川大樹
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.10

【BMOM115】津幡康樹(3年=八千代) 首位を走る中央フースバルを支える影の大黒柱が活躍!!

11月3日土曜日、鹿島ハイツで行われた1部リーグ5節は首位維持のために勝ち続けたい中央大学体同連フースバスクラブ(以下:中央フースバル)と残留するために勝ちたい慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッ…

read more 落合陸
コラム 2017.01.25

【美女マネvol.14】今回は昨年ミスユニバース埼玉にも選ばれた実力派のマネ!!

  こんにちは~!!   本格的に寒くなってきましたね~。   テストに追われている皆様、風邪と不正行為だけは気を付けてくださいね!! …

read more 上野澄人

-PICKUP CIRCLE-