【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

森井 貴弘

【新関東リーグ2017】
集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。

 

第1節以来勝利を挙げられていない青山理工はこちらも2連敗中と波に乗れていない立教愛好会に3-1で逆転勝利した。
前半立ち上がりに自陣でのミスを突かれ、先制されるも、その後すぐに、青山理工の7番古林(3年=狛江)の2ゴールで逆転に成功した。
後半にも10番高橋(3年=國學院久我山)がダメ押し弾を突き刺し青山理工が完勝した。
青山理工が悪い流れを吹き飛ばし勝ち点3を獲得し残留争いから一歩抜け出した。
一方、立愛は3連敗となり、残留争いに巻き込まれる結果となった。

 

残留のためには何としてでも勝ち点を積み重ねたい明治グルービー明治生田の試合は1-1で勝ち点1を分け合う結果となった。
グルービーDFのパスミスを明治生田9番(3年=八千代)が奪い、先制に成功したが、
昨日の早稲田稲穂戦で結果を残すことができなかった0番阿部(2年=前橋)がスルーパスに抜け出し、値千金の同点弾を決める。
その後一進一退の攻防を繰り広げるもスコアは動かず、タイムアップとなった。
両チームあと2節でどこまで勝ち点を積み重ねられるか。

 

優勝のためには負けられない早稲田稲穂と残留のためには負けられない早稲田グスタは立ち上がりにPKで先制した1点を守り切り早稲田稲穂が1-0で勝利した。
互いに同じキャンパスのライバルとして非常に熱のこもった試合展開であったが、早稲田稲穂が王者の勝ち癖を見せつけ、勝ち切った。
早稲田稲穂は今日の勝利で2位に勝ち点4差をつけ、次節勝利すれば2連覇となる。
早稲田グスタは明治生田に勝ち点で並ばれ、あと2節負けられない状況となった。

 

昨日青山理工を1-0で下した中央フースバルは、勢いそのままに明治体同連を4-1で下し、集中開催2連勝を飾った。
お互い優勝のためには勝利が欲しい両チームであったが、この日は中央フースバルの攻撃陣が爆発。
7番キャプテン若杉(3年=新潟明訓)がスーパーボレーを含む2ゴールで勝利に貢献した。
明治体同連は痛い敗戦で首位稲穂との勝ち点を4に広げられてしまった。

 

次節(11月11日)は再びzozoparkに舞台を移す。
早稲田稲穂は勝利を飾り、2連覇・3冠を達成することができるか。
一方残留争いにも注目していきたい。

 

【第5節】(11月5日)
[鹿島ハイツスポーツプラザ第1グラウンド]

青山理工 3-1 立教愛好会
[青]古林裕也(12分、20分)、高橋涼太(44分)
[立]浅田拓郎(11分)

明治グルービー 1-1 明治生田
[グ]阿部アンドレ(43分)
[生]吉崎光(28分)

早稲田稲穂 1-0 早稲田グスタ
[稲]中島剣士郎(17分=PK)

中央フースバル 4-1 明治体同連
[フ]若杉俊介(39分、70分+1)、小竹直輝(42分)、オウンゴール
[明]遊馬幹彦(46分)

145198

 

 

 

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more 上野澄人
コラム 2017.04.01

【新入生必見!同好会チームガイドvol.7】上智大学編

The 上智大学FC EAGLE 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ3部 【男性メンバー数】 35名 【女性メンバー数】 25名 【SNS・ホームページ】 Twitter…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.06

【新歓記事2019】vol.11 神奈川大学・専修大学

こんにちは! 新歓記事第11弾は神奈川大学と専修大学のサークルを紹介!強豪チームから個性的なチームまで多様なサークルがひしめきあっています!! まずは神奈川大学から! 神奈川大学AGRA…

read more 高木啓行
コラム 2017.10.02

【美女マネvol.26】シリーズ開始から約1年!節目を華々しく飾る素敵なマネ!

  こんにちは!!   そして本当にありがとうございます!!       なんと、美女マネ第1回公開から約1…

read more 上野澄人
コラム 2017.03.14

【美女マネvol.17】今回は素敵なジャージを羽織り、肉まんを頬張る美女マネ!

どーも、美女マネです!   少し遅くなりましたけど、Jリーグが開幕しましたよね!   そんなJリーグも今年2017年はスカパーからDAZNに移行してDAZN元年…

read more 広瀬翔大
コラム 2020.03.31

【新歓記事2020】vol.9早稲田大学その2

新歓記事vol.9はvol.8に引き続き早稲田大学! 2月に行われた学内戦で惜しくも決勝トーナメントに進出できなかったチームの紹介です。 早稲田大学 荒友キッカーズ ・自分達のサーク…

read more 高澤航平
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.27

【新入生必見!同好会チームガイドvol.3】早稲田大学編その3

第3回も第1回、第2回に引き続き「早稲田大学」の特集です! 新入生は数あるサッカーサークルの中から選ぶことになると思いますが、 今回もユニオンリーグに所属するチームを始め、計6チームをピッ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-