【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

森井 貴弘

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area
青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA

11月11日に行われた新関東リーグ1部第6節。
ここまで未勝利で7位に沈む早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は残留の為に何としてでも勝ち点が欲しい中、
今年一度も勝てていない青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)に1-0で勝利した。

この無失点勝利に大きく貢献したのが早稲田グスタのGK那須将司(3年=延岡)である。

 

149561
早稲田グスタは後半2分に21番三橋(1年=國學院久我山)のゴールでリーグ戦初めて先制に成功する。

しかし、迎えた後半21分。
早稲田グスタの5番金子(3年=早稲田本庄)がシュートブロックしたところでハンドの判定。
青山理工にPKを与えてしまう。

このとき早稲田グスタの誰もが「ああ、、またこのパターンで追いつかれて、勝てないのか。。」と思ったことであろう。

しかし、この日は違った。

青山理工の10番高橋(3年=國學院久我山)が左隅を狙ったシュートは
「試合中のPKには自信がある」と語ったGK那須がコースを読み切り弾き出し同点を阻止した。

早稲田グスタはそのままGK那須を中心に失点を許さず、苦手意識のあった青山理工に勝利。
残留へ向けた大きな勝ち点3を手に入れた。

「大好きなお酒を断ち、コンディションが高校時代以上に整っていた」GK那須はこの日を振り返り、

「初戦の明治体同連戦を自分のミスで逆転負けに繋げてしまったことがずっと頭に残っており、
思うように勝ち点が積み重ねられない状況に非常に焦りを感じていた」と語り、

「残留に向けて絶対に負けられない試合をチーム全員で望み、勝ち点3を掴むことができてこの上ない喜びを感じています。」と喜びを爆発させた。

しかし、残留が決まったわけではない早稲田グスタは、最終節に立教愛好会との大一番を控える。
「2年前に2部に降格してしまったときにとても悔しい思いをしているので、来週は絶対に勝って残留を決めて歴史を作りたいと思います!」と力強く語ってくれた。
次週11月18日立教愛好会との残留を掛けた大一番。
那須が早稲田グスタを勝利&残留へ導けるか注目したい。

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.18

【BMOM77】三好駿(2年=福島東)ラスト10分の攻防、鍵を握るのはこの男!

新関東リーグ2017の1部第3節、明治大学体同連サッカー部(以下体同連)と早稲田大学F.C.GUSTA(以下GUSTA)の試合がZOZOパークで行われた。 初戦ということで、両チーム気合が入っていた…

read more 遠藤拓朗
コラム 2019.06.15

【BMOM133】後藤諒(3年=八千代) 立教愛好会縁の下の力持ちが緊張の取材デビュー!

6/8(土)@鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた新関東カップ準決勝。立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会) vs 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)は前半2点を挙げ、勢い…

read more 小口 瑞乃
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more 上野澄人
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more 成瀬将希
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2018.04.18

【新歓記事2018 vol.8】東洋大学、専修大学チーム紹介

東洋大学 FC Variente ・自分達のサークルを一文で表すなら 東洋1at homeなサッカーサークル ・大学、チーム名 東洋大学 FC Variente ・活動地域 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more 高木啓行
コラム 2020.05.01

【サッカー美女マネ特集vol.2】多くの美女がいる美男美女サークルから!

皆さんこんにちは!     お久しぶりです!     美女マネ特集部です!     お…

read more 丸山椋大
コラム 2021.05.09

【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています! 今回の記事では、中央…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-