【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

BeYonD 編集部

同志社大学三ツ葉キッカーズ

野村まどかさん

img_0265

−三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。
プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たちの代の人数はプレが約50人、マネは約12人でした。練習は週4であり、大会は春の丹波でやる大会、稲穂フェスタ、同好会トーナメント、東西交流または強化遠征、夏合宿、マガジンカップ、同好会リーグに出場します。3年の冬で引退です。プレマネとも練習の参加は、学校があるときは最低週2回、休み期間は全員参加です。

−サッカー以外のところでの雰囲気はどのような感じですか?
三ツ葉自体としては学年で遊びに行ったりしてます。マネ同士でもごはんに行ったりしてますよ。

img_0263

−マネージャーをしていて、学年が上がるにつれて変化があったかと思うんですが、いかがですか?
気持ち的な部分では結構変わったと思います。高校からマネをしてて最初は体育会に入ろうと思ってたので、やっぱり三ツ葉はサークルって感じがして辞めようかなって思ったこともありました。けど、だんだん時間が経って一緒にいる時間も長くなるとこのチームでずっと一緒にいたいなって思ったり、無理してでも練習に参加しようって思うようになったりして、三ツ葉がだんだん好きになったと思います(笑)
−どんどん愛おしくなっていく感覚わかります(笑)

img_0264

−では、関西で三ツ葉が圧倒的に強いと言われる理由はなんだと思いますか?
やっぱり練習の多さだと思います!私の代では休み期間は週5.6くらいで練習があったし、なかなか毎日練習してるサークルって関西にはないと思うので!

−関東にもそこまでやるチームはほとんどないと思います!毎日練習があって全員参加だと、マネージャーは厳しいところがありませんか?
あんまり厳しいって思ったことはないです。マネはサッカーはしないけど、チームのひとりとして練習があるなら行くのが義務かなって考えてます!だから逆にマネやのに、「来てくれてありがとう」とか選手に言われるのが、嫌でした(笑)

−なるほど・・・全学年のマネージャー全員がそういう方向性でチームに参加しているんでしょうか?
そうでもなかった子もいたとは思います。でも基本的に三ツ葉に入る前にマネも選手とかわらず絶対参加ということを伝えるようにしていて、特にわたしの1つ上のマネキャプはとてもしっかりしている方だったので、行かなきゃいけないっていう思いがマネ全体に根付いた感じでした。

img_0262

−マネージャーとして、理想はありましたか?
プレからもマネからも1番に頼られる存在でありたいと思っていました。

−そのような姿を目指しやってきた中で嬉しかったエピソードはありますか?
引退のときにメッセージとかもらうんですが、私がマネキャプでよかったってメッセージをもらって嬉しかったです(笑)チーム発足時はマネキャプって何したらいいんかわかんなくて、自分ってみんなからマネキャプって思われてないんだろうなぁと勝手に思ってたこともあったので、みんなから認めてもらえてたのかなって感じるとすごく嬉しかった。

−素敵なエピソードですね!では、三ツ葉さんは、昨年は「サークルの枠を超えた日本一のチームへ」という目標を掲げられていましたが、そちらについての想いを教えて下さい。
三ツ葉キッカーズとして何が得られるのか、何のために日本一を目指すのかを各人自分と向き合って考えた上で三ツ葉の全員にとってただのサークルではなくてそれ以上の存在になるって意味だと思っています。

−やはり関西同好会リーグ覇者と新関東リーグ覇者が戦う東西対抗戦(以下決定戦)への想いは強いのでしょうか?
三ツ葉としては大きいです!!!チームの発足もその目標のためにどう1年を過ごすかを考えてきてるし、他の大会も日本一をとるための1つの通過点かなと思ってます!

−決定戦に出るのは三ツ葉なのが当たり前、みたいな空気感もあると思うんですがいかがですか?
私も1回生の時はそう思ってたんですけど、一昨年、去年を通じて関西も強いチームたくさんあるなって思いました。実際に一昨年も去年もここ勝てないと決定戦にでれないって試合もあったので関西だからといって気が抜けないなって感じました!

−関東のチームの印象はありますか?
遠征でちょこちょこ見る機会あるとチームの結束感がすごいなって思ってます、個人的に。マネの人数も圧倒的に関東のチームは多いからみんなで応援してるって感じを受けてました。

−昨年は稲穂キッカーズと戦っていますが、そのときはどういう心境でしたか?
これまで決定戦でみた先輩たちの姿や、応援してくれているOBの方の分まで自分の代こそは全国1位になりたいと最高学年として特に意識していた気がします。

−野村さんにとって、三ツ葉で過ごした時間はどのようなものでしたか?
私にとって三ツ葉は大学生活そのものって感じです(笑)4年間振り返ったら三ツ葉での思い出しかなくて、今考えたら毎日三ツ葉に通ってたのって結構引きこもりがちな私にとっては予定を埋めてくれてすごい充実させてもらってたな〜って思います(笑)

img_0260

−今年も東西交流戦の出場が決まりました、おめでとうございます!一言お願いします。
決定戦に出るのが目標じゃないので、最後まで努力して万全の体制で挑んでほしいです。

−最後に。あなたにとって三ツ葉キッカーズとは?
青春ですかね(笑)私の大学生活を色付けてくれたのは三ツ葉しかないです。

img_0266

関西の強豪として誇りと責任をもち、関西のサッカーサークルをいつの時代も牽引してきた三ツ葉キッカーズ。謎につつまれた三ツ葉キッカーズの一体感と強さの理由は、マネージャーもチームの一員という感覚をもち、プレイヤーとともに「日本一」を目指して全力で1日1日を過ごしてきたからなのかな、と感じた。
野村さんは「私の大学生活を色付けてくれたのは三ツ葉しかないです」と言った。このことばを言えるのは、野村さんが三ツ葉キッカーズの一員として、プレイヤーを支え、応援し、同じ想いでともに戦ってきたからでしかない。そう言えるマネージャーがどれだけいるだろうか。言えないといけないということではないが、私はそう言える野村さんをうらやましいと思う。

マネージャーの想い、通称「マネ想」は今回のvol.10で一旦幕を降ろします。
私は、いろいろなマネージャーがいていいと思います。いろいろなマネージャーがいるからこそ、サッカーサークルは楽しい。でも、彼女たちのインタビューをみて、マネージャーもプレイヤーも何かを感じて、それが悩めるマネージャーや、チームのためになったらいいなと思っています。
今後も発展し続けるであろうサッカーサークル界の主役が、プレイヤーだけでなく、マネージャーでもあるように。みんながそれぞれの形で輝けるサークル界であることを願っています。
インタビューを受けてくれた皆さん、稚拙な文章ではありましたが愛読してくださっていた皆さま、本当にありがとうございました。
これからも、元マネージャーとして、サッカーサークルを応援しています。

同志社大学 三ツ葉キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.23

【BMOM41】伊東大地(3年=勝田)長身から繰り出される多彩なプレーでチームを勝利に導く!

新関東カップ2017 2回戦東京理科大II部(以下理科大)vs日本大学経済学部サッカー部(以下日経)との試合は日経が2-1で勝利を収めた。日経が理科大DFを圧倒する場面があったがその中心にいたのが伊東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.19

【新関東リーグ2019・1部第1節マッチハイライト】今年も始まった新関東リーグ!注目の1部開幕戦、初戦を勝利で飾ったチームは!

10月19日、鹿島ハイツにて令和最初の新関東リーグ1部第1節の4試合が行われた。 今季の開幕カードは昇格組の早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)と昨季4位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グ…

read more 丸山椋大
コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.10.14

【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。 あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。   昨年…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more 齋藤優
コラム 2016.11.07

【同好会基礎情報Vol. 3】秀才揃い?!理工系リーグとは?

  大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントなどについて解説する連載企画。   今回の第3弾では、こちらも最近よく聞くようになった「理工系リーグ」につい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.17

【千葉大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

22番岡内(3年=市立千葉)は確かな技術と笑顔がトレードマーク。心なしか歯が出ている。素晴らしい活躍で優勝へ大きく貢献した。 27番藤方(3年=県立船橋)は岡内と共に中盤を支配し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-