【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

古平 翔太

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の“いぶし銀”こと4番新井だった。

そして新関東カップ2018準決勝で100回目を迎えたBMOMに選出されたのは、またも早稲田稲穂からだった。

準々決勝で立教愛好会を3-0で下し、ノリに乗っている慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)と対戦した早稲田稲穂。前半、99番麻生(2年=佼成学園)に決定機を作られるなど、ヒヤッとする場面があった。そんな中、この77番梶原大和(2年=都立狛江)が均衡を破る先制ゴールを決め、早稲田稲穂に勢いをもたらした。

 

77%e7%95%aa%e2%91%a0

先制点を挙げた梶原の特徴は何と言っても“強くて走れる”ことにある。

体格を活かしたそのキープ力はもちろんのこと、試合中常に前線でハードワークができるのだ。
体格の良いフォワードによくありがちな機動力の無さを微塵も感じさせず、早稲田稲穂の前線からのプレッシャーを支えている。ヘディングに高さがあり、ディフェンスからの配給やサイドからのクロスに抜群の強さを見せる。

この日のゴールは、彼のそんな”強くて走れる”プレーから生まれたものだった。

低い位置からボールを運びにかかったFC e.l.f.に対し、前線から猛烈にプレスをかけ、ボールをカット。
すかさず2番田原(3年=早大本庄)はスペースに抜け出した梶原へ浮き球パス。
相手に体を入れられかけた梶原だったが、ここは強靭なフィジカルと走力を活かして、相手デフェンダーの前に入り込む。
そのままの勢いで右足を振り抜き強烈なボレーシュート。これが早稲田稲穂の先制点となり、チームを勢い付けたのであった。

センセーショナルな先制点を叩き込んだ梶原は、
「試合前にポグバのスーパープレー集を見て良いイメージが出来てました。そのイメージとは違いましたが、とにかくゴールを決めれて良かったです。」とコメント。プレーエリアこそ違えど、抑えの効いた強烈なボレーシュートはポグバを彷彿とさせるには十分なものであった。

 

前線にスピード豊かなアタッカー陣が揃う早稲田稲穂。その中で梶原がどういったプレーを心掛けているかを聞くと、
「練習の紅白戦から結果にはこだわってできてると思います。前線は2年が多いのでもっと連携高めて、相手にとって怖いチームになりたいです。」とコメントしてくれた。実際、この日生まれた3ゴールは全て2年生によるものだった。先発のアタッカー陣は全て2年生により構成されているが、途中出場のメンバーのクオリティも非常に高い。梶原のコメントからも、いかに早稲田稲穂が普段練習から結果にこだわって競争しているのかが伝わってくるだろう。

 

前人未到の新関東カップ4連覇まであと1勝となった。プレッシャーのかかる一戦になることだろうが、キーマンとなるであろう梶原の言葉は謙虚そのものであった。
「どっちが来ても実力はあると思うので、チャレンジャー精神忘れず絶対勝ちたいです。個人的には稲穂の昌子源ことフカツショウの活躍に期待してます。」このフカツショウとは恐らくサイドハーフでスピードに乗ったドリブルが得意な22番深津(2年=星稜)のことだろう。彼のどういったところが稲穂の昌子源たる由縁なのかにも、決勝戦は注目していきたいところだ。

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.09

[BMOM3]DF村山一輝(3年)闘将が魂ヘディングで決勝点

闘将 村山   立教大学サッカー愛好会は第4節、3位青山大学理工サッカー部との対戦。試合開始早々から両チームにチャンスが訪れ、8分、立教愛好会が先制点を挙げる。決めたのは、「立愛の闘…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.09.04

【10/23(月)開催・2019卒対象】第2回BeYonD蹴活イベント開催決定!

みなさんこんばんは! もう夏休みも半分を過ぎてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか 夏で幹部交代のチームも多くあり、 3年生は就職活動に動き出す時期ですね!   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.24

【BMOM33】 丹羽遼(3年=東海大仰星) バランサーに徹した男のスーパーボレーで延長戦を制し、グアムの切符を掴み取る!

【BMOM33】京都産業大学 ONZE 15番 MF 丹羽遼   Guam Championship本大会・決勝は東洋大学 FC Liberte(以下Liberte…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【新関東リーグ 2018】1部 第1節・第2節ハイライト

先日10月13.14日に集中開催形式で新関東リーグ1部 第1節と第2節が開催された。 例年、集中開催は第4節と第5節で行われていたが、今年は異例の開幕戦スタート。 リーグ戦の勢いに大きく影響を与え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.22

【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかった…

read more 古平 翔太
コラム 2017.12.11

【マネの技術Vol.6】プレイヤーケアの必需品『救急バッグ』の中身に迫る!

熱かった新関東リーグ2017も終わり、3年生は就職活動へ向かう中、 1、2年生を中心に新チームが始動し始めるこの時期!! 各選手来たる来シーズンに向け、新チームにかける想いは大きいと思います! …

read more 櫻田彩佳

-PICKUP CIRCLE-