【BMOM100】梶原大和(2年=都立狛江)記念すべき100回目を飾ったのは、”強くて走れる”早稲田稲穂の長身フォワード!!

古平 翔太

2016年11月に行われたアットホームカップ関東大会決勝で初めて執筆されたBMOMも、今回で100回目を迎えた。記念すべきビヨンド初のBMOMは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の“いぶし銀”こと4番新井だった。

そして新関東カップ2018準決勝で100回目を迎えたBMOMに選出されたのは、またも早稲田稲穂からだった。

準々決勝で立教愛好会を3-0で下し、ノリに乗っている慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)と対戦した早稲田稲穂。前半、99番麻生(2年=佼成学園)に決定機を作られるなど、ヒヤッとする場面があった。そんな中、この77番梶原大和(2年=都立狛江)が均衡を破る先制ゴールを決め、早稲田稲穂に勢いをもたらした。

 

77%e7%95%aa%e2%91%a0

先制点を挙げた梶原の特徴は何と言っても“強くて走れる”ことにある。

体格を活かしたそのキープ力はもちろんのこと、試合中常に前線でハードワークができるのだ。
体格の良いフォワードによくありがちな機動力の無さを微塵も感じさせず、早稲田稲穂の前線からのプレッシャーを支えている。ヘディングに高さがあり、ディフェンスからの配給やサイドからのクロスに抜群の強さを見せる。

この日のゴールは、彼のそんな”強くて走れる”プレーから生まれたものだった。

低い位置からボールを運びにかかったFC e.l.f.に対し、前線から猛烈にプレスをかけ、ボールをカット。
すかさず2番田原(3年=早大本庄)はスペースに抜け出した梶原へ浮き球パス。
相手に体を入れられかけた梶原だったが、ここは強靭なフィジカルと走力を活かして、相手デフェンダーの前に入り込む。
そのままの勢いで右足を振り抜き強烈なボレーシュート。これが早稲田稲穂の先制点となり、チームを勢い付けたのであった。

センセーショナルな先制点を叩き込んだ梶原は、
「試合前にポグバのスーパープレー集を見て良いイメージが出来てました。そのイメージとは違いましたが、とにかくゴールを決めれて良かったです。」とコメント。プレーエリアこそ違えど、抑えの効いた強烈なボレーシュートはポグバを彷彿とさせるには十分なものであった。

 

前線にスピード豊かなアタッカー陣が揃う早稲田稲穂。その中で梶原がどういったプレーを心掛けているかを聞くと、
「練習の紅白戦から結果にはこだわってできてると思います。前線は2年が多いのでもっと連携高めて、相手にとって怖いチームになりたいです。」とコメントしてくれた。実際、この日生まれた3ゴールは全て2年生によるものだった。先発のアタッカー陣は全て2年生により構成されているが、途中出場のメンバーのクオリティも非常に高い。梶原のコメントからも、いかに早稲田稲穂が普段練習から結果にこだわって競争しているのかが伝わってくるだろう。

 

前人未到の新関東カップ4連覇まであと1勝となった。プレッシャーのかかる一戦になることだろうが、キーマンとなるであろう梶原の言葉は謙虚そのものであった。
「どっちが来ても実力はあると思うので、チャレンジャー精神忘れず絶対勝ちたいです。個人的には稲穂の昌子源ことフカツショウの活躍に期待してます。」このフカツショウとは恐らくサイドハーフでスピードに乗ったドリブルが得意な22番深津(2年=星稜)のことだろう。彼のどういったところが稲穂の昌子源たる由縁なのかにも、決勝戦は注目していきたいところだ。

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.09

[BMOM4]MF三村翼(3年)直接FKで決勝点。攻守で存在感を示す

驚異のセカンド回収率 三村   明治大学体同連サッカー部は、中央大学サッカー同好会との生き残りを賭けた下位決戦。 結果は1-0で明治体同連が勝利した。この大事な決勝点を挙げたのは、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2019.04.03

【就活記事vol.3】同志社大学三ツ葉キッカーズ 鈴木直也 「自分の人生は自分で選択すべき」

就活記事第三弾では、関西の強豪同志社大学三ツ葉キッカーズ(以下:三ツ葉)に大学生活を捧げ、三ツ葉と関西フットボールリーグを変革した熱いパッションの持ち主である鈴木直也に話を伺った。 小中とキャプ…

read more 高木啓行
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more 古平 翔太
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.20

【復刻!大人気美女マネ特集!vol.1】再掲載記念すべき第1回は美女揃いと呼び声高いあのサークルから!

こんにちは!   お久しぶりです!     美女マネ特集部です。     今までこの特集を楽しみに見て…

read more 成瀬将希
コラム 2018.04.09

【新歓記事2018 vol.7】 法政大学のチーム紹介

毎年、激アツな学内戦を繰り広げてくれる数多くの法政大学サッカーサークル チームによって雰囲気が全然違うので、新入生は要チェック! 法政大学学団連サッカー部 ・自分達のサークルを一…

read more 篠田 麻衣
コラム 2019.03.25

【新歓記事2019vol.1 早稲田大学 その1】

新歓の時期がやってきました!今年も新入生に向けた新歓企画が始まります! 1発目に紹介するのは同好会カテゴリの激戦区である「早稲田大学」です!! 学生活動が日本一活発と言われる早稲田大学にはサッ…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.03.25

【新入生必見!同好会チームガイドvol.1】早稲田大学編その1

新入生へ向けた新歓企画がスタートします! 記念すべき第一回は同好会カテゴリ最激戦区の「早稲田大学」!! 約20ものサッカーサークルがひしめく早稲田のファーストグループは新関東フットボールリ…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-