【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

BeYonD 編集部

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。

先に日法サッカー部8番(名前)が先制点をあげるも、負けじと中央フースバルの頼れるエース39番小竹直輝(2年=新潟明訓高)が1点取り返す展開となり、スコアは1-1のまま延長、PK戦へと持ち込まれる拮抗した試合となった。

 

そんな中、決勝へと勝利に導いたこの男をBMOMに選びたい。

中央フースバル 1番小川潤之助(3年=杉並FC)だ。

67cd2f3c-5aaf-4763-bf96-c7c79fb05186

小川はサークル界NO.1ゴールキーパーとの呼び声も高く、正確なパントキックや予測力の高いセービングが持ち味である。

今回の試合でも、小川自身がPKを外すシーンもあったが、見事に3本ものPKをセーブしチームを勝利へと導いた。それ以外にも今までの彼の数々のスーパーセーブはチームを救ってきた。彼はチームに絶対に欠かせない存在と言っても過言ではないだろう。
小川はプライベートでこそ、とてもお喋りでうるさく、おちゃらけているものの、試合になると一変、目の色が変わり、落ち着いたプレイでとても頼もしい存在になるそうだ。チーム内では普段の生活ももう少し静かに落ち着いて欲しいとの声も上がっているとのこと。

そんな小川に試合を終えての感想を聞いてみた。

「日程変更や気温の面でかなり厳しい戦いになると思ったのですが案の定、先制されてこのまま終わると思ったところで攻撃陣が同点にしてくれたのでPKは自分の見せ場だなと思って臨みました。決めれば勝ちのところを外したのはあれですけど勝てたんで良かったです!」

と喜びの声があがった。
また決勝に向けては、

「フースバルが未だかつて経験したことがないカップ戦の優勝という新たな歴史を刻むチャンスを掴んだので、連戦の疲れなどは関係なくフースバルに関わる全ての人で優勝します。」

と意気込んでいた。

 

決勝もこの男のセービングに期待したい。

17afa5e5-3d93-4290-ab29-bb5ff54351f5

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.12.08

【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

同志社大学三ツ葉キッカーズ 野村まどかさん −三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。 プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たち…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.28

【少人数キャリアセミナー開催決定!】現社長+元人事が語る魅力的な人材とは?

BeYonDをご覧の皆さんいかがお過ごしでしょうか? テスト勉強に追われている人や 夏休みを迎えてスケジュールを埋めて夏へのモチベーションを上げている人など 様々だと思います!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.28

【新入生必見!同好会チームガイドvol.4】慶應義塾大学編

大好評の第一弾「早稲田大学編」に続き、第二弾はやはりこの大学。"慶應義塾大学編"です!   今回紹介するのは新関東フットボールリーグとユニオンリーグに所属するチームを筆頭に、イン…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.06

【BMOM112】谷口諒(3年=桃山学院) 立愛の勝利に導く決勝点をアシスト!

10月20日、鹿島ハイツにて新関東リーグ・1部第3節、立教サッカー愛好会(以下:立愛)と慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)との試合が行われた。 お互いに丁寧にボールをつ…

read more 三木大輔
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.11.20

【イケメン特集vol.3】お笑い担当!?國學院ミスターコン出場中のイケメンに取材!

  こんにちは!!   もう11月の中旬に入ってしまいました。。。。 時間がすぎるのは早いですね。。。。 秋のこの時期といえば文化祭 文化祭といえば そ…

read more 篠田 麻衣
コラム 2019.02.25

【インタビュー記事 ISA 坂井惟史氏】ISAのサッカー留学事業に迫る!! 

「人生の転換期は間違いなくイギリス留学!」 と語る、坂井惟史氏。 今回、BeYonDでは留学事業を柱にサッカー事業を幅広く展開する International Sports Acad…

read more 川瀬日明
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-