【就活記事vol.1】早稲田稲穂 米澤直也(4年=早稲田実業)の某大手広告会社の内定獲得に迫る!

浅川大樹

某大手広告会社1に就職予定の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)6番米澤直也(4年=早稲田実業)の就職活動に迫った。

早稲田稲穂では、副キャプテンを務め“対人負け知らず”のサイドバックとして3冠日本一に貢献した。幹部になった理由は、チームを指揮する側は学生であり、選手は同じ学生に評価される。そこで、不満を与えチームがバラバラにならないようにしたいという事が大きな理由。

そして米澤は、“異なる価値観を持ったメンバー全員がチームのために何かしらのプラスの行動を”というチーム作りに励む。モチベーションが低い選手とのコミュニケーションを大切にし、チームを活気づけるような役割を果たした。ブラジル体操の際に折り返しの時に、みんなの表情を確認するなどチームの状況へのセンサーは常にあった。

そんな米澤の就職活動という視点を持って、昨年の夏から振り返りたいと思う。

3df73933-6ddd-4fbf-8e0e-1e48ed0eaf8f

2017年の夏

8:2(サッカー:就活)

チームの目標のカップ戦、マガジン杯、リーグ戦制覇の3冠に向けて、2冠目のマガジン杯制覇にとにかく集中していた。去年は、3冠の内マガジン杯のみ準優勝という結果であった中、プレッシャーや難しさをチームは感じていた。しかし、米澤は、プレッシャーや難しさを強く感じていた中で、「楽しむ」ことに重きを置いており、その先に優勝が付いてくると考えていた。サッカーを「楽しむ」雰囲気をチームに伝染させ、プレッシャーなどを感じつつも非常に良い雰囲気を作りあげ、2冠目のマガジン杯を制覇した。米澤は、当時を一言で表すと「楽しい」と表現するほど雰囲気がいいチームを作れていたのだろう。

一方の就活においては、チームのオフの合間に行くしかなかったため参加が難しかった。夏インターンには、1社参加したものの選考を受けて雰囲気を味わっただけであった。父親の反面教師で安定をとにかく求めていた。「メーカー(製造業)がいいな。まあ就活はしっかりやろう」となんとなく考えていた。当時は、大手企業かつ家庭の時間を大切に安定できる企業に入ることが成功だと考えていた。

 

引退した時

0:10(サッカー:就活)

チームは、リーグ戦5勝2分で無敗優勝。日本一決定戦では、PK戦で勝利し3冠日本一という伝説を作った。米澤自身も「やりきった」と完全燃焼。しかし、米澤は最後のこの試合で人生初めてのレッドカードをもらった。泣きながらグランドを去るが、どこに行ったらいいかもわからずにいた。本来なら、応援メンバーに混ざってはいけないのだが、最前列で応援していた熱い男だ。モチベーションは、完全に就活に向かっていたと話す。

そこから、就活モードに入ると思われたが、年末にロンドンへ大切な人に会いに行くイベントがあり、バタバタしてしまっていたため、就活を本格的に行えなかった。しかし、その時にある某大手広告会社2勤務の30個上の早稲田稲穂OBを思い出す。OBの方は、2年次の日本一決定戦で米澤のプレーを高評価し、「うちの会社に来い!」と米澤に声を掛けたのだ。米澤は、一思いにこのOBの方に連絡すると「タイミングが遅い!まあ、どうにかする!紙とペンはあるか!」と勢いを持って聞かれたが、ショッピング中の米澤は「すみません。持っていません」と答えた。するとOBの方は「広告会社と言えば、紙とペンだろ!!」と米澤に喝を入れる。そんなこともあったが、米澤は某大手広告会社2の社員の方々にお会いするアポを取ることができた。

この社員の方とお会いする直前の正月に兄との出会いがある。そこで、兄から「人生の大半を仕事に費やす。そこで楽しめる、やりたい仕事でないともったいない」という言葉を受ける。夏はとにかく安定を求めていた米澤だが、ここで楽しめる仕事をしたいという考えに180度変わった。

その直後に、某大手広告会社2の社員の方の話を聞き、広告業界に興味を持ち始めた。広告業界以外にも金融業界やスポーツメーカーにエントリーする。その中で、広告業界は圧倒的に志望度が高く、某大手広告会社2の社員16人とのOB訪問を重ね、自身も完全なるガチガチロジックの志望理由を作れていたと話す。

迎えた4月。某大手広告会社2の本選考1次。某大手広告会社2から大変よくしてもらったこともあり、内々定をもらえると自信を持っていた米澤。しかし、その後の某大手広告会社1の1次選考の直前に某大手広告会社2の1次選考不合格の結果を知る。顔も心も真っ青なまま某大手広告会社1の1次選考に臨む。この選考が終わった後も第一志望であった某大手広告会社2の不合格を引きずっていた。米澤は、人間不信にさえ陥ってしまっていた。

窮地に立った米澤は、志望度の高い印刷業界の書類落ちなども畳みかかり、背水の陣でOB訪問3人の某大手広告会社1の最終選考に臨む。米澤自身は、受かると思っておらず金融会社から内々定をもらっていたため、金融マンになる覚悟をしていた。

追い込まれ続けてきた米澤に人生最大級の好機が訪れる。それは、某大手広告会社1からの内々定の連絡だ。某大手広告会社2の落選からの大逆転の出来事であった。

 

早稲田稲穂時代には、下級生の頃から活躍を見せ、多くのタイトルを獲り3冠日本一をも手にした米澤。同好会カテゴリの誰もが憧れるキャリアを積んだであろう。しかし、就活でどん底を味合う。その中で、早稲田稲穂で幹部としてのチーム作りや3冠の重圧などの苦境を乗り越えた経験が活かされたのか。就活でも最後に大逆転。米澤自身も同好会カテゴリに全力で取り組んだ経験があったからこそ成功できたと断言していた。

e7b0a127-7c5a-4ad2-94b2-4a2746217e5a

米澤からのメッセージ

「“理想の仕事=自身の強み×やりたい事”をよく考え、志望会社を決めてみてください。今サークルで何をするか考え、熱を持って取り組めば理想の会社に入ることができます。面接でも、稲穂のことしか話していないので、本気でチーム作りに励んでよかったと思っています。それと、就活時期に大人を信じすぎてはいけないよ(笑)」

 

アットホームカップや新関東リーグに向けて、切磋琢磨・試行錯誤・一致団結していると思います。みなさんのサッカーや就活の成功を期待しています。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

浅川大樹

asakawa

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.22

【チームの根vol.4】”同好会の黒子の中の黒子”中央大学サッカー同好会 長谷川拓(4年=日野台)

今年度で設立50年と深い歴史を誇る中央大学サッカー同好会(以下、同好会)。今回は、自他共に認める"ノリと勢い"のチームを陰で支え続けた、元副会長、長谷川 拓[留学中(時差13時間)]に焦点を当てた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.29

【特別企画】プレマネ必見!!胸キュン仕草まとめました!!

こんにちはBeYonD編集部です。     もう6月も末ですね、、、     夏です。っていうか梅雨真っただ中です。。。 …

read more 狩野幹太郎
コラム 2018.11.15

【BMOM116】苅部杜行(3年=新潟明訓)帰ってきたフースバルの心臓が優勝の立役者に!

11月11日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて1部リーグ第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 中央フースバル…

read more 小川雄矢
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史
コラム 2020.05.29

【ウイイレNo.1はどのサッカーサークルに…】5月30/31日開催決定!

サッカーができないこの時期に、ウイイレでサッカーサークルNo.1を決めちゃいます!     みなさん、なかなか外で運動ができない日々が続いていませんか? &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM48】大寺泰楽(2年=滝川)”早理の起爆剤”が勝利を手繰り寄せる!!

5月27日新関東カップ2017  3回戦、早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)は2部上位枠として3回戦から参戦した慶應キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)と対戦した。 ”早…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.04.06

【新歓記事2019】vol.11 神奈川大学・専修大学

こんにちは! 新歓記事第11弾は神奈川大学と専修大学のサークルを紹介!強豪チームから個性的なチームまで多様なサークルがひしめきあっています!! まずは神奈川大学から! 神奈川大学AGRA…

read more 高木啓行
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more 渡部雄飛
コラム 2017.02.11

【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kan…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.25

[BMOM28] 藤生凛太郎(1年=柏日体)「輝くシャドーストライカー」

「あとは合わせるだけでした」   上智大学学内戦、上智大学サッカー愛好会と上智大学FUN-ta-SISTERとの決勝戦は立ち上がりから膠着状態が長く続き、後半に突入してか…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-