【就活記事vol.1】早稲田稲穂 米澤直也(4年=早稲田実業)の某大手広告会社の内定獲得に迫る!

浅川大樹

某大手広告会社1に就職予定の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)6番米澤直也(4年=早稲田実業)の就職活動に迫った。

早稲田稲穂では、副キャプテンを務め“対人負け知らず”のサイドバックとして3冠日本一に貢献した。幹部になった理由は、チームを指揮する側は学生であり、選手は同じ学生に評価される。そこで、不満を与えチームがバラバラにならないようにしたいという事が大きな理由。

そして米澤は、“異なる価値観を持ったメンバー全員がチームのために何かしらのプラスの行動を”というチーム作りに励む。モチベーションが低い選手とのコミュニケーションを大切にし、チームを活気づけるような役割を果たした。ブラジル体操の際に折り返しの時に、みんなの表情を確認するなどチームの状況へのセンサーは常にあった。

そんな米澤の就職活動という視点を持って、昨年の夏から振り返りたいと思う。

3df73933-6ddd-4fbf-8e0e-1e48ed0eaf8f

2017年の夏

8:2(サッカー:就活)

チームの目標のカップ戦、マガジン杯、リーグ戦制覇の3冠に向けて、2冠目のマガジン杯制覇にとにかく集中していた。去年は、3冠の内マガジン杯のみ準優勝という結果であった中、プレッシャーや難しさをチームは感じていた。しかし、米澤は、プレッシャーや難しさを強く感じていた中で、「楽しむ」ことに重きを置いており、その先に優勝が付いてくると考えていた。サッカーを「楽しむ」雰囲気をチームに伝染させ、プレッシャーなどを感じつつも非常に良い雰囲気を作りあげ、2冠目のマガジン杯を制覇した。米澤は、当時を一言で表すと「楽しい」と表現するほど雰囲気がいいチームを作れていたのだろう。

一方の就活においては、チームのオフの合間に行くしかなかったため参加が難しかった。夏インターンには、1社参加したものの選考を受けて雰囲気を味わっただけであった。父親の反面教師で安定をとにかく求めていた。「メーカー(製造業)がいいな。まあ就活はしっかりやろう」となんとなく考えていた。当時は、大手企業かつ家庭の時間を大切に安定できる企業に入ることが成功だと考えていた。

 

引退した時

0:10(サッカー:就活)

チームは、リーグ戦5勝2分で無敗優勝。日本一決定戦では、PK戦で勝利し3冠日本一という伝説を作った。米澤自身も「やりきった」と完全燃焼。しかし、米澤は最後のこの試合で人生初めてのレッドカードをもらった。泣きながらグランドを去るが、どこに行ったらいいかもわからずにいた。本来なら、応援メンバーに混ざってはいけないのだが、最前列で応援していた熱い男だ。モチベーションは、完全に就活に向かっていたと話す。

そこから、就活モードに入ると思われたが、年末にロンドンへ大切な人に会いに行くイベントがあり、バタバタしてしまっていたため、就活を本格的に行えなかった。しかし、その時にある某大手広告会社2勤務の30個上の早稲田稲穂OBを思い出す。OBの方は、2年次の日本一決定戦で米澤のプレーを高評価し、「うちの会社に来い!」と米澤に声を掛けたのだ。米澤は、一思いにこのOBの方に連絡すると「タイミングが遅い!まあ、どうにかする!紙とペンはあるか!」と勢いを持って聞かれたが、ショッピング中の米澤は「すみません。持っていません」と答えた。するとOBの方は「広告会社と言えば、紙とペンだろ!!」と米澤に喝を入れる。そんなこともあったが、米澤は某大手広告会社2の社員の方々にお会いするアポを取ることができた。

この社員の方とお会いする直前の正月に兄との出会いがある。そこで、兄から「人生の大半を仕事に費やす。そこで楽しめる、やりたい仕事でないともったいない」という言葉を受ける。夏はとにかく安定を求めていた米澤だが、ここで楽しめる仕事をしたいという考えに180度変わった。

その直後に、某大手広告会社2の社員の方の話を聞き、広告業界に興味を持ち始めた。広告業界以外にも金融業界やスポーツメーカーにエントリーする。その中で、広告業界は圧倒的に志望度が高く、某大手広告会社2の社員16人とのOB訪問を重ね、自身も完全なるガチガチロジックの志望理由を作れていたと話す。

迎えた4月。某大手広告会社2の本選考1次。某大手広告会社2から大変よくしてもらったこともあり、内々定をもらえると自信を持っていた米澤。しかし、その後の某大手広告会社1の1次選考の直前に某大手広告会社2の1次選考不合格の結果を知る。顔も心も真っ青なまま某大手広告会社1の1次選考に臨む。この選考が終わった後も第一志望であった某大手広告会社2の不合格を引きずっていた。米澤は、人間不信にさえ陥ってしまっていた。

窮地に立った米澤は、志望度の高い印刷業界の書類落ちなども畳みかかり、背水の陣でOB訪問3人の某大手広告会社1の最終選考に臨む。米澤自身は、受かると思っておらず金融会社から内々定をもらっていたため、金融マンになる覚悟をしていた。

追い込まれ続けてきた米澤に人生最大級の好機が訪れる。それは、某大手広告会社1からの内々定の連絡だ。某大手広告会社2の落選からの大逆転の出来事であった。

 

早稲田稲穂時代には、下級生の頃から活躍を見せ、多くのタイトルを獲り3冠日本一をも手にした米澤。同好会カテゴリの誰もが憧れるキャリアを積んだであろう。しかし、就活でどん底を味合う。その中で、早稲田稲穂で幹部としてのチーム作りや3冠の重圧などの苦境を乗り越えた経験が活かされたのか。就活でも最後に大逆転。米澤自身も同好会カテゴリに全力で取り組んだ経験があったからこそ成功できたと断言していた。

e7b0a127-7c5a-4ad2-94b2-4a2746217e5a

米澤からのメッセージ

「“理想の仕事=自身の強み×やりたい事”をよく考え、志望会社を決めてみてください。今サークルで何をするか考え、熱を持って取り組めば理想の会社に入ることができます。面接でも、稲穂のことしか話していないので、本気でチーム作りに励んでよかったと思っています。それと、就活時期に大人を信じすぎてはいけないよ(笑)」

 

アットホームカップや新関東リーグに向けて、切磋琢磨・試行錯誤・一致団結していると思います。みなさんのサッカーや就活の成功を期待しています。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

浅川大樹

asakawa

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more 川瀬日明
コラム 2017.03.21

新チーム始動インタビュー第6弾”立教大学サッカー愛好会”

昨年度の新関東リーグで上位争いをするも、リーグ戦連覇とはならなかった立教大学サッカー愛好会(以下立愛)。結果は振るわなかったが、雰囲気は1番。多くの伝統行事がある立愛を引っ張っていくのが、キャプテン近…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.27

【新関東リーグ1部第3節】マッチプレビュー

2017年10月28日、ZOZOにて新関東リーグ1部第3節、全4試合が開催される。 新関東リーグ2017が開幕から2節が終了し、早くも混戦が繰り広げられている。 今後に弾みをつける上で重要な第3節…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2017.09.06

【BMOM71】途中交代ながら持ってる男野々村大輝(2年=東久留米)の一振りで試合を決める!!

先日行われたアットホームカッププレーオフ決勝で日本大学教育サッカーBAMBINO(以下バンビ)は格上である中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に対して1-0で劇的な勝利を収めた。 その立…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.11

【新入生必見!同好会チームガイドvol.17】神奈川大学編

なんともいえない独特なマスコットキャラクター、JINくんとKANAちゃんでお馴染み、通称神大、神奈川大学のサッカーサークルのいくつかをご紹介します! お馴染んでないとの声が聞こえました。…

read more 神垣柚乃
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM41】伊東大地(3年=勝田)長身から繰り出される多彩なプレーでチームを勝利に導く!

新関東カップ2017 2回戦東京理科大II部(以下理科大)vs日本大学経済学部サッカー部(以下日経)との試合は日経が2-1で勝利を収めた。日経が理科大DFを圧倒する場面があったがその中心にいたのが伊東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.07

【チームの根vol.6】”敏腕会計士” 立教大学サッカー愛好会 岩佐 顕三郎(4年=広島なぎさ)

立教大学の雄として、実力、そして周りが羨むほどの雰囲気を兼ね備える立教大サッカー愛好会(以下、立愛)。 今回は、立愛を会計長と言う一見地味な役職、マガジン杯の"Dキャプテン"としてチームを支えた男に…

read more 金子樹
コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more 神垣柚乃

-PICKUP CIRCLE-