【就活記事 vol.2】早稲田大学HUMAN F.C. 藤林拓哉 「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

高橋佑輔

時にとにかく明るい藤林と称され、持ち前の明るさとカリスマ性で2017年度の早稲田大学HUMAN F.C代表としてチームをまとめ上げた藤林拓哉。
1部リーグ昇格こそできなかったものの、学内戦優勝や新関東カップベスト4などの結果を残した昨年の早稲田ヒューマンは確かな実力を誇った。
その中でも注目したいのは早稲田ヒューマンの楽しそうな雰囲気である。常に応援が鳴り響き、多くの人数が参加
し、サークル員一人ひとりが輝いている姿は誰しもが憧れるものであった。

藤林は教育×ITのベンチャー企業に就職予定だ。
今回はそんな藤林のサークル活動と就職活動に迫った。
これから就活に励む者だけでなく、サークルにコミットし続けている者も一度彼のメッセージに目を通してもらいたい。

e6c19823-97c0-4060-91dd-1996c3eec478

いろいろな価値観の人がいる中で、マネジメントをしていきたい

BeYonD:
「どうしてサークルに入ったんですか?」

藤林:
「比叡山高校時代サッカー部のキャプテンとして、県総体準優勝、県リーグ優勝という結果を残してきました。
個人としても滋賀県国体や関西選抜に選出され、高校まではサッカーでマウントを取れていた人生だったんですよ(笑)

しかし、浪人が自分の価値観を変えるきっかけになりました。
当時、スポーツをやってない人を陰キャラだと思ってたんです (笑)
しかし、自分が陰キャラだと思ってた人は、自分がサッカーに注いでいた熱量を勉強に注いでいるということがわかり、自分が生きていた世界が狭いと感じました。
サッカーのうまさで地位やキャラが決まる世界ではなく、初心者も未経験者もいろいろな人がいる中で、マネジメントしたいと思ったんです。

そしてHUMANに入ったら、多様性があってより社会に近い環境でマネジメントができると思い、サークルを選びました」

就活は何かを本気でやりながらでも可能だ

BeYonD:
「まず、藤林くんにとっての就活とは何かお聞きしたいです!」

藤林:
「就活をやってきて思うことは、就活は何かを本気で取り組みながらでもできるということです。
皆さんには「何を持って就活とするか」というところを考えて欲しいです。

スーツを身にまとい、合同説明会やインターンに参加することが就活だと思ってる人が多いのではないのでしょうか。
それも就活の一つですが、就活の概念を勘違いしてはいけません。
私は「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活だと思っています。

就活では自分自身を理解するということが必要となります。特に自己分析は重要です。
その自己分析は毎日寝る前に少しだけでもできることですよね。
新関東リーグを最後までやりながら自己分析を進めることは簡単にできます。
「一つのことをやりきることが美徳」というのが日本の風潮になっていますが、
就活も新関東も100%で出来ることであり、やるべきことです!

実際に自分は就活を知らなさすぎて、これができなかったので皆さんには新関東も自己分析も両方を走らすことをオススメします。

サークルをやりながら就活するメリットは、よりリアルな感情変化を自己分析の段階で知れるってことですかね。
「あ、俺今やる気に満ち溢れてるな!」
とか
「こんなことをしてるとき、テンション上がってる」
など、サークル活動しながら感情変化を読み取ることで、より自己理解を深められます」

サークルに熱中した大学3年の夏

BeYonD:
「夏休みは具体的にどのような取り組みをしたんですか?」

藤林:
「大学3年の夏はほぼHUMANの生活でした。
週に8回くらいサッカーやフットサルをして、東西交流戦やマガ杯に参加し、HUMANのことしか考えてなかったです。」

BeYonD:
「週8ってすごいですね(笑)
では新関東リーグのときはどんなことをしてましたか?」

藤林:
「新関東リーグのときは特にマネジメントにこだわっていました。

HUMANを新関東1部に昇格させるために、どうやって伝えたらみんなのモチベが上がるだろうということを考えてました。
「一人一人が自分らしく組織に貢献しよう!」「あなたにとって一番いいサークルとは?」「目的を達成できる組織にしようよ!」っていうような話をチームにしたりしてました。

BeYonD:
「かなり組織に目を向けて活動されていたんですね!
この時期は就活とかしてなかったんですか?」

藤林:
「就活面では、10月にクリアソンの方にチームセミナーを開いてもらい、そこで就活の話も少し聞きました。
自己分析とか、自分がHUMANにいる意味とか、自分の立ち位置とかを伝えることが就活の本質だと知ったんですが、、、
だからと言って説明会とかインターンには行かなかったですね。ほぼHUMANとバイトの生活でした!」

c60fa17f-ed29-4fdd-b268-9853465d2e38

12月の就活スタート

BeYonD:
「サークルのためにコミットし続けた経験ってかけがえのないものですよね!
では、就活はいつ頃から始めたんですか?」

藤林:
「就活を本気で始めたのは12月からです。
12月の上旬に現在長期インターンをしているクリアソンの面接に来たとき、
自分が何を言いたいのか、何を話しているのかさえ分からずって状態で、厳しいフィードッバックを受けました。
今まで全くフィードバックを受けてこなかったんで、成長するためにそういう環境に身を置きたいって感じましたね。

そのとき、自分を理解することがホントに大事だなと思いました。
そこからはひたすらに自己分析の生活でした。
2月までモチベーショングラフや自分史を作ったり、社会人からのフィードバックをいただいたり、
自分の中でわかっていても相手に伝えられていないことを整理し続けました。

ここで思ったのが、
『自己分析、いつでもできるじゃん』
『サークルやりながらでもできるじゃん』
ってことです(笑)」

嬉しかったとき、モチベーション上がってるときなど
感情変化が起きた瞬間にスマホにメモしました。」

商社志望からベンチャー志望へ

BeYonD:
「最初から、ベンチャー企業を見ていたんですか?」

藤林:
「最初は総合商社に行きたいと思ってました。
先輩から『お前、総合商社にいそうだな!』って言われて総合商社について調べたのがきっかけです。
『総合商社ってモテる!世間的にかっこいい!』って思ってて、自分のやりたいことやなりたい姿のことは全然考えてませんでした(笑)

しかし、総合商社にOB訪問をしていく中で、
自分が『企業に合わせて話している』、『自分じゃないことを喋っている』ことに気づいたんです。
自分が本当にやりたいことをやれるのかとか、自分の信じた価値に対して走れるのかということに対して疑問を感じたんですね。

それでベンチャー企業を見始めたのは3月くらいからです。
最初はメガベンチャーも視野に入れていたんですが、
なぜ、大手じゃなくてベンチャーを選んだかというと
「実力つけるとは何なのか」と考えたときに、
どれだけ高い目線を持てるか、どれだけ裁量権や経営権を持って働けるか、お金の運用はできるか、やりきる力を持てるか、、、というような要素が出てきました。
それらのことができる会社を考えたとき、小さい企業、つまりベンチャー企業になったんです。

また、自分の成長曲線を書いてみて気づいたことがあります。
成長曲線を書くまでは、組織の中のトップ層でいることが成長できる条件だと勘違いしてました。

けど実際には、自分が成長している時って組織の中の一番下であるときだったんです。
だから、人数少ない環境の中で同期や社員の質にこだわろうと思いました。

「 自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

BeYonD:
「就職活動を通しての感想を教えてください」

藤林:
一言で言うと『楽しかった』ってのが就活を終えての感想です。今まで会ったことない人に会えたり、素晴らしい考えを持った人に会えたり、すごい能力の高い人に会うことができました。
これって就活生ならではの特権だと思ってます。

サッカーで優勝したとか、試合のメンバーだったっていうのは社会では汎用性がないことです。
社会に出ても活かせるのは、優勝のためにある道筋、思い、自分の考えです。
就活生はよく、優勝とか〇〇したという事実にこだわる人が多いです。
それもすごいことですがより大事なのは、その過程で自分が何を思って、どう行動したかということです。
この気持ちこそが社会に出て、会社でも力になると思ってます。

就活は『長い人生における一つのイベント』って考えると、楽しいものです。
しかし、『就活』だけで捉えてしまって、その間、企業の人に気に入られるために偽りの自分を描き続けるとしんどいものになります。
自分が主体的になって、企業の人と対等な立場で求め合うのが大事だと思ってます。

これは自分が聞いた、ある研究結果なんですけど、
自己決定が多岐に渡るほど自分の幸福度が上がる。自分で決めたことの方が幸せにつながるっていう研究結果があるそうです。
それは高校進学も大学進学も就活も全部同じですよね。
つまり就活って企業に入ることが目的じゃなくて、『自分の決定を正解に変えていく覚悟作り』だと思ってます!」

 「組織のために頑張る」って素晴らしい、それが社会

BeYonD:
「これからサークル界で活躍していく選手たちに何かメッセージはありますか?」

藤林:
「まずはサッカーサークルって超素晴らしいものってことをわかってほしい。
サークルでのサッカー選手として、活躍する活躍しないってことは全然重要じゃなくて、
何か思いを持って取り組むことが目先だと就活、そしてこれからの人生を豊かにします。
だから皆さんには自分なりの考えを持ってやりきって欲しい。
組織や誰かのために頑張るって素晴らしいことで、ゆくゆくはそれが社会で必要な能力になると思います!

あとはサークルの良さってみんなの居場所になるってところですよね。
みんなが自分らしく輝ける空間を作ることが最高サークルを作るってことだと思います!

f1710f4f-0bc3-4f66-a402-7d1920faf458

 

藤林くん、貴重なお話をありがとうございました!
藤林くんの今後の活躍を期待しています!

またこれを読んだ就活生や、現役の選手たちも今後の自分の活動に大きく活かしていただけたら嬉しいです。

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more 澤田結人
コラム 2017.04.06

【新入生必見!同好会チームガイドvol12】法政大学編その2

同好会チームガイドMARCH特集も大詰めを迎えました! MARCHのトリを飾るのは法政大学の4チームです! 法政大学工体連サッカー部 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ2部、理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.17

【千葉大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

22番岡内(3年=市立千葉)は確かな技術と笑顔がトレードマーク。心なしか歯が出ている。素晴らしい活躍で優勝へ大きく貢献した。 27番藤方(3年=県立船橋)は岡内と共に中盤を支配し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.20

【参加チーム募集】関西で大好評だったフットサル1年生選手権が関東上陸!!サッカーサークル大歓迎!!

全て倒して王になれ。 最強は誰か?1年生王者は誰か? 【WHO IS NO.1 ?】 参加資格は至ってシンプル。 <世代最強>を欲していること。 勝って勝って勝ちまく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.28

【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

"あの人と対談"という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね! 今春に行われた新関東カップの準決…

read more 浅川大樹
コラム 2016.11.18

【新関東FL1部第7節】 マッチプレビュー

第1試合 青山理工vs.明治大学体同連サッカー部 4位青山理工(勝ち点9)は6位明治体同連(勝ち点6)と対戦する。前回両チームとも負けてしまい残留には後がない状態となった。青山理工は前回試合を終始支…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM4]MF三村翼(3年)直接FKで決勝点。攻守で存在感を示す

驚異のセカンド回収率 三村   明治大学体同連サッカー部は、中央大学サッカー同好会との生き残りを賭けた下位決戦。 結果は1-0で明治体同連が勝利した。この大事な決勝点を挙げたのは、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

「そもそも、お前ら誰だよ?」BeYonD運営メンバー紹介〜関東編〜

みなさんこんばんは。 普段見てくれている人も初めての人もこんばんは。 同好会カテゴリー待望のWEBメディア”BeYonD”の認知度も徐々に増してきて嬉しい限りです。 新企画などもどんどん…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-