【BeYonD🐝×Criacaoイベント】新3年生幹部が集結!!リーダーズカレッジ

成瀬将希

2019年1月16日(水)西新宿にあるCriacaoオフィスにて
新関東リーグに所属するサッカーサークルの新3年生幹部30名集めたリーダーズカレッジが行われた。

今回はそのリーダーズカレッジではどのようなことが行われているのか
ということを紹介していく。

 

23a522f2-1556-461a-8949-4b57d8bf498c

↑(リーダーズカレッジ参加者の写真)

講師:竹田 好洋

2000年  神奈川県柏陽高等学校卒業

2000年〜 東日本旅客鉄道株式会社入社

2002年〜 上智大学文学部新聞学科入学

2004年  中央大学商学部経営学科入学

2010年〜 株式会社efcuore創業

2014年〜 株式会社criacaoとM&A 取締役cso就任

 

6a6fded7-abd9-4eae-9ed6-c83d4e64f3b8

 

前回の会に参加した代表者達も数人いるものの、ほとんどが初の参加というのもあり、やや緊張の面持ちのまま会はスタートした。
まず竹田さんが始めたのはグループワーク。

 

ブラインドジェスチャー

①2人組を作る
↓
②片方が目をつぶる
↓
③目を開けている方が竹田さんの動きを口頭だけで伝える
↓
④目を閉じている方は口頭だけを頼りに竹田さんと同じ動きをする。

という手順でグループワークを行った。
意外と簡単そうなこの作業も竹田さんの動きが独特なため、口頭で伝える方がなかなか動きを口で伝えづらい様子が伺えた。

 

a334865d-b79f-4a00-a1d9-33616184efd2

(↑ブラインドジェスチャーの様子)

このグループワークで伝えたいこととは?
目をつぶっている人がサークルの後輩、
目を開けて伝える人がサークルの幹部だとして置き換えてみる。
伝える立場であるサークルの幹部は、相手がどうしたらわかりやすいか、もし自分だったらどうして欲しいのか、
相手の立場になって考えてみる。そして相手にも考えさせる。ということを伝える内容であった。
【伝える】ということの大切さや難しさのわかるディスカッションであった。

 

「良い組織」についてディスカッション

7fd96ad6-f1b6-4b6b-a48b-c312d747c6db

 

【良い組織】とはなんなのか?
というテーマを元に新関東リーグに所属するチームを例にディスカッションを行った。
良いサークルとは果たしてどのようなチームなのか?
勝てるチーム?応援されるチーム?のことを言うのか。
この問いを考えていく上でやってはいけないことは一般論にとらわれることである。
良いチームというものはこうあるべき。こうでなければいけない。
この一般的な理論。べき論で考えてはいけない。
自分の経験したことにこそ重みがあり、そこには感情がある。相手に伝える時に伝わりやすい。
リーダーが経験した実体験を含めてそこで感じた個人の思いを組織とリンクさせる。
これができてこそ初めて良い組織が生まれる。

 

組織の成功循環

ここではいい組織に見られる成功循環に関して図を元に解説していただいた。

05f7710a-fa7f-497c-9ab6-a5feef8697b8

(マサチューセッツ工科大学 ダニエル・キム教授)
大抵のチームは結果の質を求めるところから入ってしまい、結果の出ない苛立ちが原因で対立が生まれるなど組織が悪循環に陥る傾向にある。
しかし、本当に結果を出す良いチームはまず関係の質を構築することから入る。
関係の質がいいとチームの団結力も生まれ、おのずと結果はついてくるのだ。
結果を求めることに急ぎすぎず、結果から逆算して組織を作っていくことが大切である。
という内容から、組織内で良い関係を築いていくことの重要性を学んだ。

関係の質を高め組織を強くするとは?

組織の成功循環の話を元に、次はどうすれば組織の関係の質を高めていけるかという内容についての話がされた。
関係の質を高めるには

①自分を知る
②他者、組織を知る
③自分を他者に理解してもらう

の三つの行動が重要になる。
つまりは、まず自分を理解してもらうために、相手を知る。
相手を知るためにまずは自分を知る、ということが重要だということだ。
組織を強くしていく上で個々人の自己分析をするということは、マネジメントにおいて非常に重要な意味をなしてくる。
という内容から自己分析と他者理解の重要性を学んだ。

 

あなたの組織の存在意義はなんですか?

そして、「自分たちの組織の存在意義」ということについてのお話も頂いた。

「なぜ勝ちたいのか?」
「なぜ優勝したいのか?」
「なぜ練習をするのか?」
「そしてそれらを達成した時その先には何があるのか?」

という問いから
未来を見据え、常に自分達のありたい姿を想像し考える。
抽象的で難しい問いだがこれを考え続けることがリーダーには不可欠である。
ということを学んだ。

 

リーダーズカレッジとは?

組織のリーダー人材を集めて、

「リーダーとして組織を束ねる時に意識しなくてはいけないことはなんなのか?」
「リーダーのあり方とはなんなのか?」
「そもそも良い組織ってどんな組織なのか?」

と言った問いををディスカッションを交え意見をぶつけ合い、いろいろな価値に触れながら

そのチームらしさ、リーダーらしさを追求をしていくセッションのことである。

 

なぜリーダーズカレッジをサッカーサークルでやるのか?

これまでのサッカーサークルではリーダーが、組織マネジメントのやり方を知らないまま、先輩のやり方や自分の経験に基づいてマネジメントを各チーム行っていた。
そのノウハウをすでに社会人となったビジネスマンから学び、同じサッカーサークルの仲間と共有することで

「自分たちのチームではどう使えるだろう?」

と考えて欲しいとの想いで始まった。
ある意味1つの目標のために似たような目的を持つ意識の高い者達が集まる体育会より、
色々な価値観、色々な目的意識をもった者が集まる新関東マネジメントの方が難しさは変わってくるのだ。

 

総括

・組織作りは理念やありたい姿に紐解きそれをリーダーが本気で信じれるかが大切。

・そのためにはまず個人のありたい姿、哲学、価値観、もしくはチーム、個人の獲得経験を明確にすること。

 

メッセージ

誰よりも学び続け、思考し続け、行動し続ける。
また、自分なりのリーダーシップを持ち、チームを背負い組織を統率する覚悟と責任を持つ。
今回参加した代表者達にはそんなリーダーになってもらいたい。

そしてリーダーズカレッジを通して様々な価値観や社会に触れることで、同好会カテゴリーの所属するすべての人が自分という枠組みを超えて輝くこと、より良いチーム作りを行い、全員で大学サッカー同好会カテゴリーを盛り上げ、地位・認知度向上につなげてほしい。

 

次回講師予定

北原亘

元フットサル日本代表キャプテン

・2001年〜 早稲田大学稲穂キッカーズ

・2006年〜 名古屋オーシャンズ

・2017年〜 criacaoパートナー

 

井筒陸也

関西学院大学サッカー部主将

創部初の日本一、大学サッカー史初の四冠

・関西学院大学

・徳島ヴォルティス選手会長

・2019年〜criacaoパートナー

 

その後の飲み会もかなり盛り上がりました!
価値観を広げて自チームの運営に生かすことができるのはもちろんのこと、色々なサークルと仲良くなれる場でもあるので今回参加されていないチームも是非次回の参加をお待ちしております!

42068908-6965-4df0-9e87-0aa61e316ce9

 

 

 

Written by

成瀬将希

naruse

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more 上野澄人
コラム 2018.05.23

【BMOM94】歓喜の逆転弾!静かな司令塔がこの日は主役に!?

    5月19日にサークル界の「国立競技場」、鹿島ハイツで行われた新関東カップ3回戦。 新関東リーグ1部の明治生田蹴友会(以下:明治生田)と2部中央大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.21

【新関東カップ2018】新人賞

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。 4月に大学生になったばかりで加入して間…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.16

【新関東リーグ2017・2部Aブロック第1節】新関東1部を懸けた険しい戦いが始まった!

先週末に行われた新関東FL2017 2部Aブロック第1節は鹿島ハイツにて行われた。1部への狭き門はどのチームが通ることができるのだろうか。 今年度、いい結果を残してきている慶應義塾大学理工サッカ…

read more 浅川大樹
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-