【新関東カップ2022 ベスト8 マッチハイライト】負けたら終わりのトーナメント方式 準決勝へとコマを進めたのはどこのチームか!?

杉本 竣平

2週にわたり繰り広げられた予選を勝ち抜き、ついに集まった8チームが優勝をかけ、負けたら終わりのノックアウト方式でぶつかる!

第1試合 早稲田稲穂vs日大スポ科

第1試合は昨季新関東リーグ・カップ両大会で優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と予選で日大ダービーを制してベスト8をつかんだ日本大学スポーツ学部サッカー部(以下:日大スポ科)。ベスト4一番乗りをかけた戦いが始まる。
試合展開は早稲田稲穂が猛攻を仕掛ける形となる。前半10分、11分と立て続けに点を入れ2点リードで前半を折り返すと後半終了間際にダメ押しの三点目を入れそのまま試合終了。昨年度王者の強さを見せつけベスト4へとコマを進める。

 

第2試合 FC立教vs明治グルービー

新関東リーグ1部所属の明治生田を倒しベスト8に進出したFC立教(以下:F立)と昨年2部リーグを制して1部昇格を決めている明治Groovy Kids(以下:明治グルービー)ベスト4で早稲田稲穂との準決勝をかけた戦いとなった。両者互角な試合展開の中、前半23分F立は13番山中祐之介(2年=市ヶ尾高校)のコーナーキックに16番岩崎慶太(3年=高田)が合わせ先制点を入れる。反撃に出たい明治グルービーは後半10分セットプレーの流れから6番稲田龍(4年=長崎南山高校)が押し込み同点に追いつく。そのまま試合終了かと思われたが後半28分72番小尾僚太(2年=三田)がペナルティエリア内でボールを奪いニアへ強烈なシュート。これが決勝点となりF立は準決勝進出を決めた。

 

第3試合 中央サカ同vs中央フース

ベスト8最注目カードの中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)と中央大学FUSSBALL(以下:中央フース)予選を全勝で突破した両チーム。拮抗した試合となると思われた中央ダービーは開始早々点が動く。
前半4分8番岡部佑哉(3年=狭山ヶ丘)からのセットプレーを10番新谷唯我(3年=日大三)がうまく合わせ先制点を奪う。しかし、中央フースも15分に相手DFのクリアを44番磯辺光(2年=東福岡)がうまく跳ね返し試合を振り出しに戻す。その後球際がさらに激しくなる中、前半終了間際に中央サカ同がショートカウンターを仕掛け最後には24番信岡光(2年=日大藤沢)が押し込み中央サカ同が1点リードで前半を折り返す。
後半は中央サカ同の猛攻で試合が進み、6分、12分、25分と立て続けに追加点を取り5-1で中央サカ同が準決勝へと駒を進める。

 

第4試合 早稲田理工vs明治体同連

昨年度新関東カップ準優勝と悔しい結果で終わりリベンジに燃える早稲田大学理工サッカー部(早稲田理工)。1年での新関東リーグ1部復帰を果たすためにもカップ戦から勢いをつけたい明治体同連(以下:明治体同)最後の準決勝への切符をかけた戦いとなる。試合序盤は早稲田理工が10番草柳祐介(3年=静岡学園)を中心に攻撃を仕掛ける。しかし前半19分明治体同連が左サイドを崩しクロスを上げ、こぼれを18番臼株雄太(3年=大泉)がうまく巻いて押し込み先制点をとる。その後も早稲田理工の猛攻は続くも明治体同の固い守備に阻まれ1-0で試合終了。前回準優勝チームがベスト8で消える波乱の展開となった。

新関東カップ2022準決勝対戦カード

立教大学FC立教vs早稲田稲穂キッカーズ、中央大学サッカー同好会vs明治大学体同連サッカー部

 

Written by

杉本 竣平

sugimotosyunpei

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.05

【新入生必見!同好会チームガイドvol.11】法政大学編その1

法政大学 FC PASSION 【男性メンバー数】 50名 【女性メンバー数】 50名 【SNS・ホームページ】 Twitter:https://twitter.com/shu…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM3]DF村山一輝(3年)闘将が魂ヘディングで決勝点

闘将 村山   立教大学サッカー愛好会は第4節、3位青山大学理工サッカー部との対戦。試合開始早々から両チームにチャンスが訪れ、8分、立教愛好会が先制点を挙げる。決めたのは、「立愛の闘…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.07.29

【マネ長対談 vol.1】‘’知られざる他チームの実態‘’

今年も暑い夏がもうすぐそこまでやってきました!? 新しくサークルに入った1、2年生も、少しずつサークルの雰囲気がつかめてきた頃でしょうか? 自分のサークルの雰囲気を知れば、それはもう他のサ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.14

【チームの根vol.5】“破天荒副キャプテン” 早稲田大学HUMAN F.C. 阿部雅也(4年=渋谷幕張)

昨年苦くも、新関東リーグで入れ替え戦の末1部残留が叶わなかった早稲田大学 HUMAN F.C.(以下、HUMAN)。ただ今期の学内戦では再び早稲田の頂点に立ち、復活の狼煙を上げている。今回は、そんなチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.27

【新歓記事2021】vol.3 慶應義塾大学サッカーサークル その1

2021年新歓記事第3弾では、慶應義塾大学の4つのサークルを紹介します! 慶應生限定のチームもインカレのチームも、どちらも魅力たっぷりなので必見です!!✨    …

read more 田中菜々美
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.07

【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.10.14

【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。 あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。   昨年…

read more 編集部BeYonD

-PICKUP CIRCLE-