【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

成瀬将希

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。

昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイアントキリングを果たし見事創立初の慶應のチャンピオンに輝いたのがfc.elfである。(以下:エルフ)

エルフはポゼッションを得意とするチーム。特に中盤の選手の技術には非常に高いものがあり、決勝戦でも粒ぞろい4年生オールスター軍団、町おこし組合に終始主導権を渡さなかった。

そんな中1年生ながらチームのポゼッションに大いに尽力するだけでなく、試合を決める決勝点まで挙げチームを悲願の初優勝に導いた河合瑞樹(1年=慶應志木)を今回の決勝戦のBMOMに選出したい。

b53cf6d0-da68-448c-8237-f322fcc7fee6

河合の持ち味はとにかく得点の嗅覚と圧倒的なテクニック。決勝でも敵をあざ笑うかのようなプレーが多くみられた。またオフザボールの動きが非常にいい選手でもあり、次へのプレーまでがスムーズなところも素晴らしい。

 

まずはエルフの初優勝について聞いてみた。

「正直びっくりしてます。気づいたら優勝してました!」

と非常に率直で素直な感想をくれた。1年生らしい初々しいコメントを残してくれた。

 

続いて得意なプレーを聞いてみた。

「鳥かごの股抜きです!」

テクニック系の選手ならではの回答である。

 

対戦相手の町おこしについて聞いてみた。

「元気モリモリで強かったです」とコメント。

町おこしは応援も激しく勢いに飲み込まれてもおかしくなかった。エルフの選手のメンタリティの強さが伺える。

 

試合中意識していることを聞いてみた。

「常に爪痕を残さなきゃと意識してます!」

とコメント。今回は十分すぎる爪痕である。

 

エルフの好きなところは?

「ゆるーーーいけどやるときはやるってところですかね!あとみんな面白いし優しいので大好きです!」

模範解答である。このようなところでもサークル愛語ってくれるあたりオフザボールが徹底されていると言える。

 

最後に趣味を聞いてみた。

「星を見ることです!」

 

好きな星とかありますか?

「朴智星(パクチソン)です!」

 

しっかりと爪痕を忘れない選手であった。

これからもfc.elf河合瑞樹には注目していきたい。

慶應義塾大学 F C e . l . f .のチームページ

Written by

成瀬将希

naruse

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.13

【スパイク特集vol.1】 ~スパイクの名前にあるHGやFGって何の略?~

みなさん自分のスパイクに愛着やこだわりはありますか? デザインやメーカー、革の種類やポイントの形状、フィット感や値段など… 一足のスパイクを買うだけでも、たくさんの要素を踏まえた上で選んでいると思…

read more 古平 翔太
コラム 2021.04.04

【新歓記事2021】vol.10専修大学

こんにちは!新歓記事vol.10では専修大学の2チームについて紹介していきます!   専修大学サッカー愛好会 ・大学名・チーム名 専修大学サッカー愛好会 ・自分達の…

read more 田坂帆香
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2016.10.26

【同好会基礎情報Vol. 1】新関東フットボールリーグってなに?

大学同好会カテゴリーでサッカーをしていると、よく聞く『新関東』という言葉。 『新関東』ってなんなのさ?!と思ったそこのあなた。遅くなりましたが出来るだけ分かりやすくご説明させて頂きます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.28

【新関東リーグ2017・1部第3節】連勝中の2チームが敗れ3冠をかけた覇者が僅差で首位へ踊り出る!1部全4試合をハイライト!

爽やかな秋の空模様の中、新関東リーグ1部第3節が行われた。 早稲田稲穂 - 明治体同連 1試合目はマガハイ優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同大会準優勝の明治大学体同連サ…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2016.11.09

【ハイライト動画】アットホームカップ決勝

新企画のハイライト動画更新です! 記念すべき第1回目は11月3日に行われた「アットホームカップ決勝」のハイライト動画を作成しました!!   早稲田大学稲穂キッカーズvs法政大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.11.15

【BMOM83】フースバルを勝利へと導く左足!膠着を破った左SB中村豪(2年=洛南)

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ・1部第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 試合は…

read more 大塚朝史
コラム 2019.05.15

【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。 そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、 早稲田稲穂の優勝に…

read more 小川雄矢

-PICKUP CIRCLE-