【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

狩野幹太郎

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新関東王者に輝いた。この決勝戦、豊富な運動量と球際の強さで前後半60分間、青理の攻撃の芽を摘み続けた立愛のキャプテン鷲田修一(3年=多摩)をBMOMに選出した。

img_e1559

本人にBMOMの選出を伝えると「オレですか?」と少し驚いた様子で、インタビューの受け答えへの硬さも見られたが丁寧に言葉を選びながら淡々と答えてくれた。

 

まずは試合の感想を聞かせてください。

「雨風が強く悪天候の中でしたけど、全員がやるべきことをしっかりやって無失点で終われたので良かったです。」

 

対戦相手の青理はどんな印象でしたか?

「やっぱり稲穂(稲穂キッカーズ)、フース(中央フースバル)を倒してきただけあって勢いは凄く感じましたし、身長が高い選手も多かったのでセットプレーでは怖さの感じるチームでした。」

 

準決勝から決勝まで少し間が空きましたが、その間チームの雰囲気はどうでしたか?

「毎週試合があったところから1ヵ月くらい空いたんで、練習の雰囲気だったりモチベーションの部分で難しさはありましたけど、直近の2週間でしっかりコンディションを上げて試合に入れたので良かったかなと思います。」

 

自分のプレーの特徴、ストロングポイントはどんなところですか?

「自分は別にそんなにうまいタイプの選手ではないんで、しっかり走って球際で勝つことセカンドボールを拾うことが自分のストロングな部分かなと思います。」

 

最後に昨年度優勝チーム、そして今年度新関東カップのチャンピオンとして迎えるマガジン杯への意気込みを聞いた。

「昨年の優勝という結果はあくまで昨年のチームの結果なので、そこは上手く切り替えて連覇するということはあまり意識しすぎないように、一戦一戦自分たちのサッカーをしたいです。」

 

サッカーサークル会屈指の規模を誇る立愛のキャプテンでプレー中も賢く鋭い読みで相手のボールを奪う彼のコメントからはサッカーIQだけでなく、偏差値の高さもうかがえた。大規模であるが故の強みでもある試合中の応援やヤジにも、「試合に出れていないプレイヤーやマネージャーの声援もあって、ピッチ内も雰囲気良くやれている。」と感謝も口にしていた。

振り返ってみれば、三回戦から登場した今年度の新関東カップ。立愛はHUMAN FC、明治体同連、慶應リコタイ、青山理工と難しい相手との試合が続いたが、計4試合戦って喫した失点はなんとゼロ。無失点で大会を終えた。立愛というとやはり10番山本(3年=ヴィッセル神戸)や11番赤間(3年=八千代)といった前線のタレントに注目しがちだが、後藤(3年=八千代)、鬼塚(3年=専大松戸)の2CBと共に相手攻撃陣に自由を与えなかった鷲田(3年=多摩)の縁の下の力持ちとしての働きがなければ無失点優勝は達成できなかったことだろう。本人も「連覇はあまり意識しすぎないように」と語ったが、マガジン杯では他チームから有力な優勝候補としてマークされるであろう立愛、次の戦いまで2か月を切った中どのようにチーム力を上げてくるのか。決勝戦でも健在であったキャプテンシーでどうチームをまとめていくのか。キャプテン鷲田の活躍に注目だ。

 

Written by

狩野幹太郎

karino

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.12

【新関東リーグ2017】大会総括

10月14日(土)に開幕し、12月2日(土)に閉幕した大学サッカー同好会カテゴリー最高峰のリーグである『新関東リーグ2017』。 早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が1部リーグを制し、…

read more 森井 貴弘
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more 落合陸
コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more 落合陸
コラム 2019.06.05

【BMOM131】田村和己(3年=FCトリプレッタ)工体連のファンタジスタが格上相手に躍動。

5月25日ZOZOパークで新関東カップ3回戦FC.GUSTA(以下:グスタ)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)の試合が行われた。試合は華麗なパスワークから多彩な攻撃を仕掛けるグスタに対し、工体…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more 金子樹
コラム 2017.03.25

【新入生必見!同好会チームガイドvol.1】早稲田大学編その1

新入生へ向けた新歓企画がスタートします! 記念すべき第一回は同好会カテゴリ最激戦区の「早稲田大学」!! 約20ものサッカーサークルがひしめく早稲田のファーストグループは新関東フットボールリ…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.18

【全米に見せたい】青山学院大学理工サッカー部のモチベーションムービーがすごい!!!!

2009年チャンピオンズリーグ 決勝『バルセロナvs.マンチェスターユナイテッド』 世界一を決める重要な試合前にバルセロナのグアルディオラ監督が選手にみせたこちらのビデオをご存知でしょうか?? …

read more 上野澄人

-PICKUP CIRCLE-