【新関東リーグ2022・2部B・5,6節マッチハイライト】残り2試合となったリーグ戦。最終節へ向け、勢いをつけたのはどのチームか⁉

野口日向

第6節:法政大学工体連サッカー部 vs 日本大学文理学部 教育サッカーBAMBINO

ここまでの成績は3勝2敗の法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)と2勝1分2敗の日本大学文理学部 教育サッカーBAMBINO(以下:日大バンビーノ)。昇格争いに身を乗り出すためにも勝ち点3の欲しい両者の戦いとなった。
カウンターを軸に攻め立てる日大バンビーノは前半、カウンターやセットプレーから3得点を挙げる。このままでは終われない法政工体連は後半、足の止まってきた日大バンビーノに対してパス回しで揺さぶり、13番相沢敬心(3年=真岡高校)や88番八木健(2年=川越東高校)のゴールで2点を返すが、反撃もそこまで。3-2で日大バンビーノの勝利となった。

第6節:明治学院大学白金F.C vs 慶應義塾大学キッカーズ

上位に食い込むために勝利の欲しい明治学院大学白金F.C(以下:明学白金)と、ここまで未だ勝利のなく初勝利の欲しい慶應義塾大学キッカーズ(以下:慶應キッカーズ)の1戦。
前半15分、試合が動く。明学白金21番假屋秀太(3年=明治学院東村山)がコーナーキックのこぼれ球を押し込み、先制に成功する。
このままでは終われない慶應キッカーズは後半、アーリークロスのこぼれ球をダイレクトで中に放り込むと、9番小野真翔(3年=多摩大目黒)が頭で合わせ、同点となる。さらにその後、勢いのままに慶應キッカーズはネットを揺らすが、ここはファールをとられてしまい逆転とはならない。
試合はそのまま終了。1-1の引き分けとなった。

第6節:中央大学サッカー同好会 vs 明治大学ESPERANZA

ここまで4勝1分の無敗で首位を走る中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)とここまで1勝3敗と勝ち点を取っておきたい明治大学ESPERANZA(以下:明治エスぺ)の試合。
試合はサカ同ペースで進む。前半から試合が動く。55番石塚健太(3年=国学院久我山)のクロスがこぼれると、こぼれ球に反応した29番滝口颯太(1年=松本山雅ユース)のミドルシュートで先制。
さらに10番新谷唯我(3年=日大三高)がボールを持つと、シュートレンジへに持ち込み左隅へのミドルシュートを決める。
後半も試合はサカ同ペースで進む。途中出場の中央サカ同72番佐久田凛太郎(2年=東海大相模)が2点を追加し、4-0となる。試合終盤に明治エスぺもコーナーキックから1点を返すが、ここで試合は終了。
4-1で首位サカ同がさらに勝ち点を積み上げる形となった。

第6節:早稲田大学FC GUSTA vs 中央大学MAPLE

3節以降3連勝と勢いに乗る早稲田大学FC GUSTA(以下:早稲田グスタ)と昇格争いに入り込むためにも勝ち点3を得たい中央大学MAPLE(以下:中央メープル)の戦い。
ボールを回しながらうまく保持する早稲田グスタに対して、アグレッシブなプレスでボールを奪いショートカウンターを仕掛けるメープル。前半は互いに一進一退の攻防を見せるも両者決めきれず0-0で折り返す。
後半3分、試合が動く。左サイドでボールを受けた早稲田グスタ14番荻元遼平(3年=国学院久我山)がドリブルで深い位置までボールを運ぶと、中へ送ったボールを受けた7番小島永遠(3年=武蔵野シティU-18)が切り込みシュート。これが決まり、早稲田グスタが先制する。
先制点を機に、ここからは早稲田グスタペースで試合が進む。
後半26分には、7番小島の裏へのパスに反応した56番梅原陽太(2年=国学院久我山)がダイレクトでゴールへ流し込み、追加点を奪う。
そしてそのまま試合は終了。早稲田グスタは4連勝。
最終節の結果次第で、プレーオフ進出もしくは1部昇格が決まる。

第5節:中央大学MAPLE vs 明治大学ESPERANZA

1週遅れての開催となった第5節。勝利で降格の可能性をなくしたい両者の1戦。
試合は開始直後から荒れ気味となる。試合が止まることが多く、互いに自分たちのペースに持ち込み切れない展開が続く。
試合が動いたのは、前半16分。明治エスぺがコーナーキックを獲得すると、46番伊藤勝亜(2年=東北学院)がニアで頭であわせ、ゴールへ吸い込まれる。その後は互いに一進一退の攻防を見せる。
中央メープルは前半25分、コーナーキックのこぼれ球に7番渡邉真之介(3年=桜が丘)がうまくコントロールしたダイレクトシュートで同点弾を放つ。
勝利のためにもう1点が欲しい両者はその後果敢な攻撃を見せるが、後半も追加点を決めることはできず、試合は1-1のドローとなった。

 

 

Written by

野口日向

noguchihinata

Keywords

Recommend

コラム 2018.11.23

チェルシーファン必見!!ディディエ・ドログバの来日決定!我ら大学生が盛り上げろ!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?   本日は、チェルシーファンのみならずサッカーファンの胸が熱くなるようなイベント情報をお送りします!   チェルシーFC×…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.06

【新歓記事vol.4】新入生必見!!立教大学&法政大学サッカーサークルを比較してみました!!

こんにちは!BEYOND編集部です!3月に入り多くの新入生はどのサークルに入るか悩んでいる時期ではないでしょうか?今回は、法政大学、立教大学の4サークルについてまとめてみました!是非サークル選びの参考…

read more 山崎夏果
コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2018.11.10

【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM60】三谷朋司(3年=国泰寺) 超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ

超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ 三谷朋司(3年=国泰寺)   関西同好会トーナメント準決勝京都産業大学ONZE(以下ONZE)対立命館大学CRACKS(以下CRACKS…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.29

【サークルの起源vol.1】第一回目はサッカーよりお酒!?なあのチーム

みなさんは自分たちのサークルがどのようにできたか知っていますか? なかなか知る機会がないのではないでしょうか! なので自分が所属しているサークルのことをより知ってほしいと思いこの企画を作り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.10.11

学生の皆さん、包装業界って知っていますか?

私たちBeYonDプロジェクトのスポンサーをして頂いている株式会社フジキカイ様からのお知らせになります!!包装業界のリーディングカンパニーであるフジキカイ様ですが、そもそも包装業界って学生にはあまり馴…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.24

【新関東FL2部A】ベストイレブン

  【優勝】 明治大学体同連生田サッカー部   【得点王】 6得点 明治体同連生田サッカー部77番 吉崎光(2年=八千代) &nbs…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-