【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

高橋佑輔

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完封勝利。

その早稲田稲穂のスターティングラインナップに一際目立つ名前の選手がいる。

d44038c1-d5b5-468d-b7cb-c8853b9d3d60

シャバシュ哲生(2年=暁星)

フランス人の親を持つハーフのシャバシュ。その端正な顔立ちと長い手足には誰もが見惚れてしまう。

まさに狙い通りの一撃。

「マガハイ用に仕上げたトリックプレーで狙い通りの点でした」

と本人も語るようにシャバシュの一撃は反撃を狙う明治生田を黙らせた。後半7分、深津笙(3年=星稜)のフリーキックに頭で合わせ、ダメ押しとなる3点目。シャバシュも得点後は力強いガッツポーズを見せた。

シャバシュのプレースタイルはまさにボックストゥボックス。強い縦への推進力と運動量を活かし、攻守に渡って至る所に顔を出す。ボールを持ち出すとJリーグの下部組織で培った足元の技術と速さを活かして相手にとって脅威的な存在となり続ける。

開幕戦の明治生田戦では
「新しい戦術がどのくらい通用するのか楽しみだったと同時に心配な面もありました。結局それがうまくハマって勝てたのは良かったです」
と今までの早稲田稲穂の縦に早いサッカーに加えて、新しいフォーメーションでの攻撃を使い分けて戦った。

これにより「FW以外も点が取れるチームになった」と言うように当日は豊田吏央(2年=幕張総合)とシャバシュのMFらがゴール。キャプテンの中島剣士郎(3年=早大本庄)の独力に頼らずとも3点を奪ってみせた。

「マガ杯は自分のせいで負けてしまい先輩達に迷惑をかけたので、3年生と一緒に戦える最後の大会で喜んで終われるように頑張ります!」と意気込むシャバシュ。

現在2節を終え、単独首位に立つ早稲田稲穂。
優勝に向けた残り5試合。残す戦いはカップ戦王者・立教愛好会、マガ杯王者・中央フースバル、同大学のライバル・早稲田グスタ、早稲田理工など、楽な戦いは一つもない。過去の悔しさを晴らすべく、シャバシュ哲生が新関東リーグで躍動する。

bdfea344-5d12-4aa7-9107-8005e29110e0

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.07

【同好会基礎情報Vol. 3】秀才揃い?!理工系リーグとは?

  大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントなどについて解説する連載企画。   今回の第3弾では、こちらも最近よく聞くようになった「理工系リーグ」につい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.16

【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area 青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA 11月11日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2016.12.02

【新関東リーグ入れ替え戦】マッチプレビュー

 早稲田大学HUMAN.F.C.(1部) vs 明治大学体同連生田蹴友会(2部) 12月3日、早稲田大学HUMAN.F.C.と明治大学体同連生田蹴友会による、1部2部入れ替え戦がZOZOPARKで行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more 高橋優斗
コラム 2020.07.02

マネージャーの必需品『ドクターバッグ』の中身に迫る!

皆さんこんにちは! 7月になり、そろそろ活動再開に向けて準備をしていく時期だと思います。   サッカーサークルのマネージャーにとって絶対必要な物と言えば、ドクターバッグですよね…

read more 山下美穂
コラム 2018.12.20

新関東リーグ2018・1部 ベストイレブン

2018年11月17日、新関東リーグは中央大学フースバルクラブが圧倒的な強さを見せ無敗優勝を果たすという形で幕を閉じた。 中央フースバルは新関東カップに続く、2冠目となる。 BeYonD編集部は今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.02

【マネの想いvol.5】”プレーヤーと一緒に、夢を追いかけて”

3年マネージャー特集第5弾 中央大学サッカー同好会 山口絵莉子さん 「プレーヤーと共に、追った夢」 −中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に入ったきっかけを教えてください 自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.24

【BMOM33】 丹羽遼(3年=東海大仰星) バランサーに徹した男のスーパーボレーで延長戦を制し、グアムの切符を掴み取る!

【BMOM33】京都産業大学 ONZE 15番 MF 丹羽遼   Guam Championship本大会・決勝は東洋大学 FC Liberte(以下Liberte…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.19

【新関東リーグ2019・1部第1節マッチハイライト】今年も始まった新関東リーグ!注目の1部開幕戦、初戦を勝利で飾ったチームは!

10月19日、鹿島ハイツにて令和最初の新関東リーグ1部第1節の4試合が行われた。 今季の開幕カードは昇格組の早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)と昨季4位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グ…

read more 丸山椋大

-PICKUP CIRCLE-