【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

高橋佑輔

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完封勝利。

その早稲田稲穂のスターティングラインナップに一際目立つ名前の選手がいる。

d44038c1-d5b5-468d-b7cb-c8853b9d3d60

シャバシュ哲生(2年=暁星)

フランス人の親を持つハーフのシャバシュ。その端正な顔立ちと長い手足には誰もが見惚れてしまう。

まさに狙い通りの一撃。

「マガハイ用に仕上げたトリックプレーで狙い通りの点でした」

と本人も語るようにシャバシュの一撃は反撃を狙う明治生田を黙らせた。後半7分、深津笙(3年=星稜)のフリーキックに頭で合わせ、ダメ押しとなる3点目。シャバシュも得点後は力強いガッツポーズを見せた。

シャバシュのプレースタイルはまさにボックストゥボックス。強い縦への推進力と運動量を活かし、攻守に渡って至る所に顔を出す。ボールを持ち出すとJリーグの下部組織で培った足元の技術と速さを活かして相手にとって脅威的な存在となり続ける。

開幕戦の明治生田戦では
「新しい戦術がどのくらい通用するのか楽しみだったと同時に心配な面もありました。結局それがうまくハマって勝てたのは良かったです」
と今までの早稲田稲穂の縦に早いサッカーに加えて、新しいフォーメーションでの攻撃を使い分けて戦った。

これにより「FW以外も点が取れるチームになった」と言うように当日は豊田吏央(2年=幕張総合)とシャバシュのMFらがゴール。キャプテンの中島剣士郎(3年=早大本庄)の独力に頼らずとも3点を奪ってみせた。

「マガ杯は自分のせいで負けてしまい先輩達に迷惑をかけたので、3年生と一緒に戦える最後の大会で喜んで終われるように頑張ります!」と意気込むシャバシュ。

現在2節を終え、単独首位に立つ早稲田稲穂。
優勝に向けた残り5試合。残す戦いはカップ戦王者・立教愛好会、マガ杯王者・中央フースバル、同大学のライバル・早稲田グスタ、早稲田理工など、楽な戦いは一つもない。過去の悔しさを晴らすべく、シャバシュ哲生が新関東リーグで躍動する。

bdfea344-5d12-4aa7-9107-8005e29110e0

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.22

【BMOM13】鷹野 友哉(3年) 復帰戦で底抜けの肺を披露

ドラマティックボーイ   明治体同連は、先日の新関東リーグ最終節で青山理工と対戦した。残留圏に残るために勝利が絶対条件であった。明治体同連は2点差をつけ勝利すれば、自力での残留を決め…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more 高澤航平
コラム 2018.05.28

【BMOM96】 中村豪(3年=洛南)が無回転ミドルシュートでだめ押し弾!チームを勝利へ導く!

新関東カップ2018、3回戦鹿島ハイツにて中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)と首都大学東京八雲FC(以下:八雲)との試合は2対0の状況の中、ダークホース八雲が1点を取るも、フースが逃げ切る…

read more 三木大輔
コラム 2017.05.31

【BMOM48】大寺泰楽(2年=滝川)”早理の起爆剤”が勝利を手繰り寄せる!!

5月27日新関東カップ2017  3回戦、早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)は2部上位枠として3回戦から参戦した慶應キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)と対戦した。 ”早…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.05.05

【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

  GWも終盤にさしかかってきましたね!   どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!   そしたらやっぱり気になるのが、明…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM3]DF村山一輝(3年)闘将が魂ヘディングで決勝点

闘将 村山   立教大学サッカー愛好会は第4節、3位青山大学理工サッカー部との対戦。試合開始早々から両チームにチャンスが訪れ、8分、立教愛好会が先制点を挙げる。決めたのは、「立愛の闘…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.08

【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

同志社大学三ツ葉キッカーズ 野村まどかさん −三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。 プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たち…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【BMOM11】 妹尾 空(3年)が守備の要として勝利に貢献

超高層ヘディングマシーン 妹尾   明治大学グル―ビーキッズは第6節に、青山学院大学理工サッカー部と対戦した。結果は1-0で明治グル―ビーが勝利した。グル―ビーは後半開始早々に奪った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.01

【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。 中央フース…

read more 斉藤 耕兵

-PICKUP CIRCLE-