【新関東リーグ2019・1部第7節マッチハイライト】優勝したのは、グスタ!降格するのはまさかの、、、

丸山椋大

2019年の新関東リーグの最終節は台風の影響で延期になったアットホームカップの関係で、11月16日と11月23日の2日間に分けられて開催された。

今節まで優勝チームも降格チームも確定していない中で、すべての命運を握っていたのは11月23日に開催された早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)の試合だった。

第1試合

11月16日に開催された第1試合は共に残留を争う明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービー。残留のためには勝つしかない最下位の生田は2番呉(3年=かえつ有明)の値千金のゴールで体同連に1−0で勝利を収め、勝ち点を7に伸ばした。この結果、最下位を脱した明治生田の残留は他のチームの結果を待つこととなった。

第2試合

第2試合は6節を終え、首位と勝ち点差3で4位につける早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)と残留争いを繰り広げる明治大学Esperanza(以下:エスペ)。上位陣の結果では優勝の可能性がわずかに残されている早理は、第1試合の結果残留を決めるために勝つしかなくなったエスペの41番神山(2年=座間)に先制を許す。ここまで得点を量産しているエスペのエースがまたもや仕事をする。一方の早理も好調ぶりを見せつけるかのように34番出原(2年=千種)が得点。前半のうちに追いついたこの試合はそのまま1−1で終了した。これによりエスペは下位2位が決定。プレーオフか、自動降格かは23日の結果に委ねられた。

第3試合

23日に開催された第3試合と第4試合。第3試合は2位稲穂と3位フースバルの優勝の可能性があるチーム同士の直接対決になった。前日からの悪天候により、ピッチ上にも水がたまる最悪のピッチコンディションで、ボールを前に運ぶことすらままならないこの試合は前半終了間際に稲穂10番中島(3年=早大本庄)のゴールで稲穂が先制。貴重な得点をゲットする。しかし後半立ち上がりにフースバル38番橋爪(1年=西武学園文理)のゴールで追いつき、14番鈴木(3年=都立狛江)が逆転ゴール。そのまま試合終了。フースバルは勝ち点を14に伸ばしグスタの結果を待つことになった。

第4試合

第3試合の結果、引き分け以上で優勝のグスタは残留のために勝つことしか許されない立愛と対戦。両チームともテクニックがある選手が多い印象の中、この日のピッチコンディションは相性が最悪のように感じた。そんな中で先制したのは立愛。PKを獲得した立愛が8番石井にボールを託す。キャプテンとして降格は阻止したいこの男が、ゴール左に突き刺し先制。残留に望みをつなぐ得点をゲット。しかし、それでも動揺しないのが今シーズンのグスタ。圧倒的なタレントを前線にそろえるグスタは落ち着いたプレーをみせ後半に11番金田(3年=國學院久我山)が得点。その後は両チームともゴールを決められず試合終了。この結果グスタは初の新関東リーグ優勝を決めた。一方の立愛は降格が決定。悔しい結果となった。

2885e01f-660c-420c-9507-ff527d7149ae

(最終順位表)

23日の結果、優勝はグスタに決まった。無敗でリーグ戦を終え、審判着の問題がありながらも強さをみせつけ悲願の初優勝を遂げた。
一方、最下位は立愛に決まってしまった。今シーズンは新関東カップ優勝、マガジン杯準優勝と前評判は高かっただけに、意外な結果となってしまった。
7位のエスペは入れ替え戦に回ることになった。タフな戦いを勝ち抜いてきた2部の上位チームとの対戦の結果で残留か降格を決めることになる。この入れ替え戦からも目が離せないだろう。
もう一つの昇格組の早理は4位でフィニッシュ。首位と勝ち点差3のギリギリの戦いだったことが順位を見ればわかるだろう。
最終節まで優勝チームも降格チームも決まらなかった大混戦の新関東リーグ2019一部。多くの3年生はこの大会をもって引退となる。入れ替え戦が終了して今年のリーグ戦は終了となるため、最後の入れ替え戦にも注目していきたい。

 

 

 

Written by

丸山椋大

maruyama

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.11

【特別企画】Leo the footballにインタビュー!「Leo the football」編!

みなさんおうち時間はいかがお過ごしですか? 前回に続き今回も、分析官兼サッカーYoutuberとして登録者数10万人を誇る「Leo the football(レオザフットボール)」さん(以下レオ…

read more 酒井透
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more 上野澄人
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.08

【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。 今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。 &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more 古平 翔太
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more 高橋優斗
コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-