【全米に見せたい】青山学院大学理工サッカー部のモチベーションムービーがすごい!!!!

上野澄人

2009年チャンピオンズリーグ

決勝『バルセロナvs.マンチェスターユナイテッド』
世界一を決める重要な試合前にバルセロナのグアルディオラ監督が選手にみせたこちらのビデオをご存知でしょうか??
(本編:1分15秒〜)

なんと、この作品は映画グラディエーターをベースに、出場選手全員を必ず一度は登場させたビデオを地元のテレビ局に依頼して作らせたものらしいです。
あの世界No. 1のバルセロナですら、試合前にモチベーションを最高潮に持っていくため力を注いでいるのです。

 

サッカー選手は試合前にモチベーションを高めるために音楽を聴いたり、ムービーを見たりするものですが、それはなにもプロに限ったことではありません。同好会カテゴリーの選手も同じなのです。

 

そして、最近では同好会カテゴリーのモチベーションムービーのクオリティがかなり上がっているのをご存じでしょうか??

 

それを示すかのように、先日行われたアットホームカップではモチベーションムービーコンテストが開かれ、他チームからも大きく話題となったムービーがありました。

 

 

それが青山学院大学理工サッカー部のこちらの作品です。

 

この作品は、先ほどのバルサのムービーに匹敵(それ以上)の出来と言っても過言ではありません。是非ご覧ください!

 

 

 

いかがだったでしょうか?
もはや一大学生が作るレベルを悠に超しているような気がします。

 

このムービーを作った青山学院大学理工サッカー部3年の神戸大樹さんはこう語っています。

 

s__61636619

 

 

「僕は青理の中でスター選手でもなんでも無く、三年生になって最高学年になったのにベンチに座っていることが長いようなサッカーが下手な選手です。だけど他のチームメイトとなんら変わらない熱い気持ちはもっていて、それをプレー以外で表すことができるのがモチベーションムービーでした。見てくれたみんなから「ムービーかっこよかったよ!」と声をかけられるのはもちろん嬉しいし、チームの助けになったりみんなを鼓舞できるのがやりがいです。なにより、自分の青理への熱い気持ちを表すことができることが1番のやりがいです。」

 

 

「このムービーの2番からは、ある1人のプレイヤーの挫折、決心、努力、成功、仲間の大切さを、GoProを使った一人称視点で描きました。途中交代のシーンから始まり、ピッチを後にした選手はそのプレーの不甲斐なさからチームメイトに八つ当たりをしてしまいます。その後の悔しさと後悔から顔を洗い流すシーンなども、うまく表現できたと思っています。投げやりになろうとする彼でしたが、どんな時でも仲間がそばにいてくれることを気づかされます。努力を繰り返すことで彼は最終的にまたピッチに舞い戻り、ゴールを決めるというストーリーになっています。」

 

 

次に紹介するのは、新関東リーグ第6節に向け制作したというこちらのムービー。

 

 

「このムービーは毎節作っている新関東リーグに向けた動画の中で1番気持ちの込められた動画になっています。使われている曲と動画のタイトルにもなっている”Don’t Let Me Down”とは直訳すると「私をがっかりさせないで」という意味です。その意味通り、試合に出る選手にはマネージャーを含め、応援してくれる、サポートしてくれる他の人達をがっかりさせないで欲しいし、試合に勝って皆んなを喜ばせて欲しいという願いが込められた作品になっています。」

 

 

 

こちらも本当に素晴らしい作品です。

神戸さんにとって「モチベーションムービー」とは。

 

「個人的な意見ですが、モチベーションムービーは単純に思い出をまとめたり写真を並べるだけではダメだと思っています。やはり試合に向け、選手達の心を動かすことができる、奮い立たせることができる、そんなメッセージ性のある作品に仕上げるための動画編集方法が必要だと思っています。だから僕は絶対に勝つという強い気持ちをひとつひとつのモチベーションムービーに込めていつも作っています。」

 

 

最後に見て頂きたいのはこちら。

明日行われる新関東リーグ最終節に向け、神戸さんにとって最新作であり最後の作品となるムービーです。

 

 

 

このムービーを作っているときに、自然と涙があふれてきたというエピソードも。

 

ピッチに立つ選手だけではなく、誰にでも活躍する場所があるのが同好会カテゴリーの良さのひとつです。

 

それを自分なりに模索し、結果としてチームにとって大きな力となっている神戸さんのムービーをより多くの人に見てほしい。そんな思いで今回取材させて頂くことになりました。神戸さん、ご協力いただきありがとうございました!

Written by

上野澄人

ueno

中央大学 サッカー同好会

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.07

マネージャーよ、ヒールを脱げ

みなさんのサッカーサークルのマネージャーのイメージってどんな感じでしょう?かわいい?癒し?黄色い声援?どれも間違ってはいないと思います。でも、最近のマネージャーはそれだけではないんです。チームによって…

read more 神垣柚乃
コラム 2017.11.18

【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

【新関東リーグ2017・1部最終節】 同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。 小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。   引き分け以上でリー…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.09.09

【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

マガジン杯が始まりましたね!!   プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??   また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか?? …

read more 大貫 杏華
コラム 2017.03.23

【審判の思いpart2】審判から見た体育会と同好会。

審判の視点から見た同好会カテゴリーを語る”審判の思い”第2弾は、体育会選手、審判の二つの側面を持つ片山 裕貴さんです。体育会選手として、また多くの同好会カテゴリーの試合を裁いてきたからこそわかる同好会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.26

【BMOM79】終了間際の衝撃2発!!2連勝に導いた体同連エース遊馬幹彦(3年=熊谷西)

新関東リーグ2017・1部第2節、明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)の試合が鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた。 試合は体同連が退場者を出しなが…

read more 大塚朝史
コラム 2017.05.15

【BMOM39】國久将利 (3年=若狭) 均衡を破るエースの一発!

関西同好会トーナメント1回戦 BMOM 國久将利(3年=若峡) 遂に5月13日、関西同好会トーナメントが開幕した。昨年の関西同好会トーナメント王者、関西大学F.C.TRIOS(以下:トリオス)の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.11.16

【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area 青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA 11月11日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.04.22

【チームの根vol.4】”同好会の黒子の中の黒子”中央大学サッカー同好会 長谷川拓(4年=日野台)

今年度で設立50年と深い歴史を誇る中央大学サッカー同好会(以下、同好会)。今回は、自他共に認める"ノリと勢い"のチームを陰で支え続けた、元副会長、長谷川 拓[留学中(時差13時間)]に焦点を当てた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more 斉藤 耕兵

-PICKUP CIRCLE-