【YouTuberインタビュー】サークルからプロを目指すあとぅきさんにインタビュー

山崎冬弥

はい、どうもみなさんこんにちは。

 

beyond編集部です!

本日の企画!!

YouTuberの【あとぅきさん「サークルからプロへ」】で、中央大学サッカー同好会(以下、中央サカ同)の代表を務める、船石篤紀さんに突撃インタビュ〜〜〜〜!!!

早速インタビューしていきまSHOW!

 

img_1729

 

強豪校からサークルへ

-自己紹介をお願いします。

中央大学3年生国際経営学部サッカー同好会所属している船石篤紀です。よろしくお願いします。

 

-好きな食べ物はなんですか?

好きな食べ物は、プロテイン、、です。。

あ、食べ物じゃないか。

 

-なぜ体育会ではなくサークルに入ったんですか?

高校で試合出れなかった。プロに入るために星稜入ったのに出れなくて挫折しました。そのまま大学進学してプロはその時に諦めていて、他のいろんなことに挑戦して自分の可能性を広げよう思ってサークルを選びました。

また、挫折して諦めていたから部活の選択肢がなかった。親に金をかけてもらっていたから(寮費がかなりかかる)親のためにも試合に出てプロにならなきゃいけなかったのに出れなかったから自分の中でケジメをつけて諦めました。

 

-なぜ中央大学フースバル(以下、中央フースバル)ではなく中央サカ同を選んだんですか?

先輩のおかげですね。新歓で先輩が積極的にアプローチしてくれたからです!

フースも行ったけどもう既にグループが出来てたから違うなって。

 

f60314a1-d645-41aa-bb4f-99946b8d23fb

(中央サカ同では1年生から活躍)

 

-学内戦の決勝で中央フースバルと試合して退場した件についてどう思いますか?

いい質問ですね(笑)

勝ちたいって思いが強すぎてファールになってしまいました。そーゆーときこそ冷静になれなかったのが悔しいです、、

 

-打倒中央フースバルのアプローチとしてどう取り組んでいますか?

みんなフースに勝ちたいって思ってるけどフースだけに勝つためのアプローチはないです。全チームに勝つための対策を取っています。日本一のためのライバル視をしているだけです。

 

-新歓での中央フースバルとの違いはなんですか?

あまりフースのことは知らないけど、サカ同の方が雰囲気ワイワイしてると思います。

フースはザ・サッカーって感じで、サカ同はやる時やるし遊ぶとき遊ぶ。そんな違いはないです。サークルとして遊ぶのはサカ同のほうが多いのかな。

 

-雰囲気的には中央サカ同のほうが緩いのかな?

いや僕たちも日本一目指してますけど。(怒)

 

-日本一に向けて直行してるのか、蛇行しているのかという感じですか?

蛇行というか欲張りですね。(笑)勝ちたいし遊びたい!!

 

-中央サカ同の良さはなんですか?

男女学年問わず仲がいいです。楽しいの究極系。サカ同に入って大学生活すごく楽しくなりました!大学生活楽しんで充実させるならサカ同かな!!!

 

 YouTuber「あとぅきさん」

-なぜYouTubeを始めたんですか?

YouTube始めようと思ったきっかけは、元々中学生の時から地元の友達と動画作りしていて、それを見返したらめっちゃ笑ったし、楽しかったからまた自分で動画編集してコンテンツ作ろうと思ってYouTubeという道を選択しました。

27a512dc-1f44-4cf2-8dc7-7da50c29fc97

( YouTubeで体を張るあとぅきさん)

 

-何がもう一度プロ目指すきっかけとなったんですか?

ドキュメンタリーでも語ったから見てね!https://youtu.be/CgVMWiH3498

12歳の時に書いた20歳の僕宛ての手紙が家に届いて、そこに夢が書いてあって、なぜ諦めてるんだと自分に言われたような気がして、もう一度挑戦していいんじゃないかと思いました。

それをYouTubeに載せるのもいいアイデアかなと。

 

-YouTubeの動画のアイデアはどう考えてるんですか?(ボケろボケろ)

空から降ってくるんですよね突然パッと

あ、降ってきたこれにしよかな

シャワー浴びてる時とか(小声

 

-やんぞやんぞの語源はなんですか?

まず言いやすい、そこでもし流行らせた時にユーザー、ファンが増えるし、それでファンもやる気になってくれたらいいなと。ファンのことを思って。口に出すとそれが行動に移るから、言霊です!!

 

-YouTubeの質問コーナーでサッカー選手見てると聞きましたが本当ですか?

はい、鈴木優磨選手です。初めにインスタにいいねしてくれてフォローしたら返ってきてそれをストーリーあげたら反応してくれてDMが始まった。偽垢でなく公式マーク付いてました(笑)

-ガチですね笑笑

 

-今後の目標はなんですか?

もちろんプロになることだし、

YouTubeは今年中にチャンネル登録者数10万(ほんとは1万)

 

-見てほしいプレーはなんですか?

ドリブルです。サイドで持ったときに縦仕掛けるドリブルですね。これで抜けないことないです(笑)

 

-宣伝などありますか?

しょうごbossとのコラボ動画が近々出るから見てね!

チャンネル登録して待っててください!

 

-最後に一言ください。

やんぞやんぞ!プロになる!

a6c6c779-1519-43ac-8df8-76f1026e608d

(実はタイ人との噂)

 

はい、ということで本日もやってきましたけどいかがだったでしょうか。

この記事がいいねと思ったらBeYonDのTwitter、Instagramのアカウントフォローを、
面白いねと思ったら周りに拡散を、よろしくお願いします!

そしてそして、なんと、BeYonDが YouTubeチャンネル開設しました!!

試合をYouTubeでライブ配信できるようになるので、チャンネル登録よろしくお願いします!

https://youtube.com/channel/UCNUI-nNx1GIUqgfzbos_3GQ

(BeYonD  YouTubeチャンネル)

 

https://youtube.com/channel/UCDYVO7KIxyncuOQni-PozRQ

(あとぅきさん YouTubeチャンネル)

Written by

山崎冬弥

touya

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.14

【新関東カップ2022 ベスト8 マッチハイライト】負けたら終わりのトーナメント方式 準決勝へとコマを進めたのはどこのチームか!?

2週にわたり繰り広げられた予選を勝ち抜き、ついに集まった8チームが優勝をかけ、負けたら終わりのノックアウト方式でぶつかる! 第1試合 早稲田稲穂vs日大スポ科 第1試合は昨季新関東リーグ・カップ両…

read more 杉本 竣平
コラム 2017.03.06

【審判の想い】〜番外編〜 そこのあなた審判にいつも文句を言ってはいませんか?

今回はマネの想いならぬ「審判の想い」と題して、審判の気持ちについて学生審判にインタビューをしてきました。     身近なようで身近ではない審判、そんな知られざる審…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【新関東リーグ 2018】1部 第1節・第2節ハイライト

先日10月13.14日に集中開催形式で新関東リーグ1部 第1節と第2節が開催された。 例年、集中開催は第4節と第5節で行われていたが、今年は異例の開幕戦スタート。 リーグ戦の勢いに大きく影響を与え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.31

【同好会情報vol.9】あの宮澤ミシェルが指導!?東西交流戦とは

ついにやってきましたね夏休み!!   テストやレポートに追われた日々ももうおさらばですね。   きっと寝坊してテストにいけなかったり、レポート提出を忘れてた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.08

【BMOM38】小川潤之助(2年=杉並FC) 守護神のビッグセーブ連発で稲穂フェスタ連覇達成!

ゴールデンウィーク最終日に行われた第15回稲穂フェスタ。中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の2連覇で幕を閉じた今大会。 その決勝戦、青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)との対戦で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.25

【BMOM78】浅田拓郎(3年=農大一高)怪我からの完全復活を果たしたこの男が試合を決めた!

新関東リーグ1部第2節、立教大学サッカー愛好会(以下立愛)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下フース)の一戦が行われた。 前節、明治大学生田蹴友会に3-0で勝利し、初戦から調子の良い立愛は、今節で…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-