【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

BeYonD 編集部

九州が生んだ冷静な番人

明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリーグ戦を終えた。この試合で明治グル―ビーのゴールマウスを守り続けたのが、24番のGK溝部 賢人(3年=大濠)だ。中央フースバルの強烈な攻撃陣が明治グル―ビーに襲い掛かった。しかし溝部は、中央フースバルに一度もゴールを許すことはなかった。DF陣を含め決死の守備で耐えしのいだ。その最後の砦であった溝部は、この試合で数多くのビックセーブを見せ、勝利に貢献した。

溝部は「主力を欠く中、マガ杯王者の中央フースバルとの試合でしたが、しっかりと勝ち点を積み上げ2位でリーグ戦を終えられたことは光栄です」とコメントした。最終節の中央フースバル戦に対して「主力を欠いていた事、雨でピッチがスリッピーな状況だったので、DF陣とマイナス気味のパスや横パスを極力減らそうと試合に入った。また、相手の分厚い攻撃を警戒し、無理に取りに行かず枚数をかけて奪おうと決めた」としっかりとDFラインを統率していることがコメントからわかる。「また、無失点で試合を終えられたことは、体を張ってブロックしてくれたみんなに感謝をしている」と味方を称賛した。数多くのセービングの中で「相手の左SHのファーへのシュートをこぼしてしまったら詰められると思ったので、左手で勢いを殺して右手で押さえつけたら、上手くキャッチできた。このプレーは自分ながら満足です」とビックセーブの裏側について話した。

img_3131

溝部のゴールマウスを守っている姿は、非常に落ち着きがある。まるで余裕が有り余っているように見える溝部は、これから控えている就職活動でも持ち前の冷静さを発揮できるのだろうか。本人は「就職活動は、今は不安だらけです。ポジティブに頑張っていこうと思います」と意気込んだ。みなさん、最終節で輝いた溝部を応援しよう。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.07.16

【BeYonD History vol.2】”サッカー同好会を胸張って語れる場所にしたい”高橋佑輔

普段は中の人が見えないBeYonDのこれまでとこれからを紐解いていく新企画BeYonD Historyvo.1はもう読んでいただけましたでしょうか?vol.2はvol.1に登場した"真面目老害"の古平…

read more 古平 翔太
コラム 2017.10.29

【サークルの起源vol.1】第一回目はサッカーよりお酒!?なあのチーム

みなさんは自分たちのサークルがどのようにできたか知っていますか? なかなか知る機会がないのではないでしょうか! なので自分が所属しているサークルのことをより知ってほしいと思いこの企画を作り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.17

【特別企画】マガ杯髪型特集!通称“マガ髪”2018!

皆さんこんにちは! 今回はマガ杯特別企画で去年に引き続きマガ杯参加者の髪の毛特集を行なっていこうと思います?‍♂️?‍♀️ 普段はバイトの関係や諸事情で染められない人もこの1週間のためにた…

read more 寺島直哉
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

[スパイク特集vol.3] HGのスパイクを履いているのに足の裏にマメができる!?そんな疑問を解決します!

今年は、夏が終わったと思ったら秋をすっ飛ばして冬になってしまいましたね。 ですが、スパイクコラムは大事なことを飛ばすことなくやっていきたいと思います!     …

read more 古平 翔太
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more 古平 翔太
コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.17

【新関東リーグ2017・1部最終節】マッチプレビュー 激化する残留争いまとめ!

2017年11月18日 鹿島ハイツにて新関東リーグ最終節、全4試合が開催される。 本日までに全チーム6試合消化し、残すはあと1節となった。 現在優勝の可能性が残されているのは早稲田大学稲穂キッ…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.04

【新関東FL1部第4節 ・第5節】マッチプレビュー

1位 早稲田大学稲穂キッカーズ 勝ち点9と首位を走る稲穂は今週末、中央大学フースバルクラブと立教大学サッカー愛好会と対戦する。稲穂は11月3日にアットホームカップ決勝を戦った。この試合が土曜日の…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-