【キャプテン特集】全員が入って良かったと思えるサークルへ

渡部雄飛

みなさんこんにちは!

リーグ戦も始まり、ほとんどのチームがあと約1か月で3年生が引退してしまいます。

そんな中、今年2部から昇格しノリに乗っている

立教サッカー愛好会主将(以下:立愛)

 河崎零士さんに熱い想いを語っていただきました。

インタビューはBeYonDの「ハム」こと渡部雄飛がお送りします!

最近寒いですが、こちらの記事を見て温まってください!

キャプテンになった経緯

ハム「まずどういった流れでキャプテンになったの?」

河崎「他薦でした。1年時から立愛の活動に積極的に参加していたことや、2年時には試合にも出してもらうことができ、代替わりの際に前代表から推薦され選ばれました。」

ハム「んじゃ結構最初の頃から学年の中心ではあった感じかな?」

河崎「うーん。どうでしょうね(笑)一年時は純粋に立愛が好きで行ってました。応援してて楽しかったですし、一つの大会にこんな大勢で熱くなれるっていい組織だなと思って、ハマっていきましたね。

2年時はそれにプラスして試合にも関わることが出来たので責任感やスタメンとしての覚悟が芽生えてきました。」

ハム「いいね〜! アツい代表っぽいね」

河崎「キャプテンになった最初は大変でしたけど、最近は慣れてきて、副代表2人と協力しながら頑張ってます!」

キャプテンとして意識してること

ハム「100人を超える団体を運営していくって大変だと思うけど、その中で特に意識してることとかはあるの?」

河崎「何かを決める際に、幹部だけで決めないってことですね。部員全員でチームづくりをすることを意識していて、全員で決めたことを幹部が最終的に決断して実行に移すようにしてます。チームが強くても不満が多ければ楽しくないと思うので、しっかり意見を聞くようにしていますね。」

ハム「部員全員の意見をしっかり聞くことはやっぱり大事なことだよね。」

河崎「そうですね。でも、何をするにも最終的な決定は代表の仕事なので、決めたことに対しての責任感はしっかり持つようにしてます。幹部はもちろん、部員全員でチームづくりをしているので助かりますし、とても楽しいです!」

運営において大変なこと

ハム「約1年間、運営してきて大変だったことや壁にぶつかったことは何かある?」

河崎「サッカー面だと、やっぱりメンバー選考の部分ですね。試合に関われる人数も決まっているので毎回とても迷いますし、決定に不満が出ることもありますね。あとはやっぱり最初は事務的な面が大変です。メンバー表を作ったり、時間管理などが大変ですね。でも、もう慣れました(笑)」

ハム「メンバー選考に関してはどこのチームもぶつかる問題だよね。乗り越えるために何か意識してることとかはあるの?」

河崎「メンバーを決めている立場なので、試合に出場する時は誰よりも声を出したり、軽いプレーをしないようにすることは気をつけてますね。

あとは、副代表2人と協力して部員との個人面談を行ってます。今やっている練習やメンバーについてなど、みんなの前で話しづらいことを一対一で正直に話すことで、少しでも不満を減らしていこうと考えてます。」

ハム「行動やプレイで示せるキャプテンが一番かっこいいよね!個人面談も部員一人一人の意見を聞けるから良い取り組みだよね。」

河崎「ありがとうございます!個人面談で直接意見を聞けるので、僕自身色んなことに気付かされますし、それをチームに還元できるので良いですね。」

ハム「あと、事務的な作業もあるって結構やること多いんだね。」

河崎「そうですね。他のサークルと違って立愛は新歓も代表がメインでやったり、企画とかも代表が進めるので裏方に回ることも多いです。みんなから大変って思われがちですが、サークルの楽しさをサッカーに持ち込めるので僕はポジティブに捉えてます!」

理想のキャプテン像

ハム「理想のキャプテン像はどんな感じなの?」

河崎「やっぱりサッカーのプレイで引っ張っていくのが理想ですね。でも新関東他チームのボランチはみんなうますぎますね(笑)

ハム「わかる()

おれもボランチだったんだけど、上手い人のボールは本当に取れないよね。」

河崎「ですよね。技術とかで1番になれない分、キャプテンシーや声でチームを鼓舞するってことは自分の心がけ一つで出来ることなので、そういう面で負けないようにはしてます。」

ハム「試合で対戦したことあるけど、本当に気持ちを全面に出してプレイするよね。」

河崎「ありがとうございます。あと、キャプテンとして軸は大切にしたいなと思ってます。部員全員が立愛で良かったなと思える組織を作りたいという軸を持ってるので、そういった雰囲気を作れるキャプテンになりたいですね。」

ハム「聞いてて思ったけど本当にキャプテンが似合うね!」

河崎「本当ですか?()

キャプテンになった最初は責任感感じすぎて、ピリピリしてた時期もありました。そのせいでマネージャーから『れいじが笑ってるの見ると嬉しい』って言われましたからね()

ハム「どんだけ笑ってなかったねん()

河崎「その一言で気付かされたので、今は純粋にサッカーやイベントを楽しむという初心を思い出して心掛けてますね。」

最後に一言

ハム「最後に一言お願いします!」

河崎「良いチームとして終わるために、軸を持ってそれに合った行動をしていきたいと思います。そうすれば結果もついてくると信じているので、リーグ戦優勝して、自分だけでなくみんなが立愛で良かったと思えるように頑張ります!」

 

 

一昨年はカップ戦優勝。マガジン杯準優勝。

昨年はリーグ2部優勝。

今年は熱いキャプテンを中心に悲願の新関東一部リーグ優勝を目指す立教サッカー愛好会。

皆さん大注目です!

Written by

渡部雄飛

Watanobe

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.27

【新関東1部リーグ総集編】

【優勝】 早稲田大学稲穂キッカーズ   【得点王】 8得点 10番 MF 今井 淳貴 (3年=都立駒場) 早稲田大学稲穂キッカーズ 【新人賞】 76番 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.04

【美女マネ特集vol.11】新年一発目は実験とサッカーに明け暮れるあのチームのマネ!

  あけましておめでとうございます!   あけおめ!!     あけおめと美女マネって似てますね!! 枝豆もその部類に入り…

read more 上野澄人
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

「そもそも、お前ら誰だよ?」BeYonD運営メンバー紹介〜関東編〜

みなさんこんばんは。 普段見てくれている人も初めての人もこんばんは。 同好会カテゴリー待望のWEBメディア”BeYonD”の認知度も徐々に増してきて嬉しい限りです。 新企画などもどんどん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2017.09.13

【BeYonD特別招待】優勝賞品はボルシア・ドルトムント観戦ツアー!!H.I.S主催フットサル大会

2017年10月28日 H.I.S主催フットサル大会開催決定! この度BeYonDは先日のボルシア・ドルトムント来日ツアーで 一緒にお仕事させていただいたH.I.Sさんのイベントに スポンサー…

read more 古平 翔太
コラム 2017.11.12

【新関東リーグ2017・1部第6節ハイライト】稲穂の優勝は次節までお預け!より激化する残留争い!

11月11日、ZOZOPARK にて新関東リーグ2017 ・1部第6節が行われた。 リーグ戦も終盤に差し掛かり優勝争い・残留争いが一層過激となり見所の多い試合となった。 明治大学体同連サッカー…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more 上野澄人

-PICKUP CIRCLE-