【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

早坂

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。

第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の試合は意外な試合展開となった。立ち上がりから早稲田グスタはチームの代名詞であるパスワークを発揮できず早稲田稲穂ペースとなった。早稲田稲穂は10番木下悠人(3年=早稲田実業)のコーナーキックを14番小森祥吾(3年=國學院久我山)がうまく合わせ先制。早稲田グスタは終始リズムを作れず、後半途中出場の早稲田稲穂36番中塚剛佑(1年=暁星)が立て続けに2得点をあげ、試合終了。昨季王者の早稲田グスタは3失点を喫し今節も勝利を挙げることができなかった。

2試合目は、前節待望の勝ち点3を掴み取り調子を上げている早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と残留には勝利が必要な中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の試合は、開始早々スコアが動いた。早稲田理工99番草柳祐介が鮮やかなフリーキック弾で先制。このまま早稲田理工が主導権を握る闘いとなったが、後半になると中央サカ同が持ち前の勢いで攻め続ける展開が続いた。しかし、あと一歩のところで決めることができず試合終了。今節の敗戦で中央サカ同は自力での残留がなくなってしまった。

3試合目は、早稲田大学HUMAN FC(以下:早稲田ヒューマン)と明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の試合は、両者残留をかけた闘いという事もあり白熱した試合運びとなった。前半、両チームともチャンスを作るも得点には繋げることができず、一歩も引かない姿勢を見せた。試合が動いたのは後半。ゴール前の混戦から早稲田ヒューマン33番冨岡直希(1年=虎姫)が右足を振り抜いた豪快なミドルシュート。クロスバーにあたりそのままゴールに吸い込まれた。試合終盤には明治体同連が猛攻を仕掛けるも寺澤悠大(3年=桐蔭学園)が好セーブ。最後まで隙を見せないヒューマンが逃げ切り試合終了。

4試合目は、優勝争い圏内の立教サッカー愛好会(以下:立教愛好会)と例年優勝候補の一角であるが今年は成績が振るわない中央大学フースバルクラブ(以下:中央フース)の試合。前半、両者様子見のような堅い試合の入り。この均衡を破ったのは立教愛好会。00番河崎零士(3年=日大三高)の横パスから77番高田悠生(2年=真岡)が華麗なループシュート。これが中央フースゴールに吸い込まれ立愛が先制。その後、両チームの攻防は激しさを増すが堅い守備陣に阻まれスコアは動かず試合終了。

残り2節となった新関東リーグ2021。今季は4チームが降格してしまうという事もあり、残留争いが激しさを増している。どのチームも勝ち点が拮抗しているので今後も目が離せない。

早稲田稲穂 3-0 早稲田グスタ
早稲田理工 1-0 中央サカ同
中央ヒューマン 1-0 明治体同連
立教愛好会  1-0 中央フース

Written by

早坂

早坂千紘

Keywords

Recommend

コラム 2022.06.04

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

明治大学ESPERANZA チームPR サッカーも遊びも全力! 注目選手 山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー! 注目新入生 今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.16

【高校別OB座談会vol.5】市立浦和OB座談会 高校選手権出場の思い出を振り返る!

群雄割拠で高校サッカーの激戦区である埼玉県内で強豪として名の知れているさいたま市立浦和高等学校(以下:市立浦和)。 そんな市立浦和のOBたちに高校時代の思い出やそれぞれのサークルについてインタビュー…

read more 高橋佑輔
コラム 2022.11.09

【新関東リーグ2022・1部・2.3節マッチハイライト】過密日程となった2日目。2連戦を物にするのはどのチームか!?

第2節 中央大学体同連フースバルクラブ VS 明治大学生田サッカー蹴友会 前節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)に敗れた中央大学フースバルクラブ(以下:フース)と、明治大学groovykids…

read more 柴田尋生
コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.21

【新関東カップ2018】新人賞

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。 4月に大学生になったばかりで加入して間…

read more 遠藤瞭介
コラム 2016.12.21

【美女マネ特集vol.9】第9回はシリーズ史上初となるユニオンリーグに所属するあのチームのマネ!

  こんにちは!   審判の言うことは~??     ぜった~~い!!   でおなじみの美女マネ特集で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.13

【新関東カップ2018】大会総括

4月末から始まり7月1日(日)に閉幕した『新関東カップ2018』。 今回はその大会を簡単に振り返るとともに 最後に、BeYonDが取材を通じて感じたことについて言及していきたい。 優勝 中…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.02.19

BeYonD HPにある同好会情報を更新しませんか!?

こんばんは!BeYonD編集部です! サッカーサークル・同好会に所属している皆様へのお知らせです! この度BeYonD HPにある同好会情報を更新しようと思い、皆様にご協力頂けたらなと考えています…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-