【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

早坂

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。

第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の試合は意外な試合展開となった。立ち上がりから早稲田グスタはチームの代名詞であるパスワークを発揮できず早稲田稲穂ペースとなった。早稲田稲穂は10番木下悠人(3年=早稲田実業)のコーナーキックを14番小森祥吾(3年=國學院久我山)がうまく合わせ先制。早稲田グスタは終始リズムを作れず、後半途中出場の早稲田稲穂36番中塚剛佑(1年=暁星)が立て続けに2得点をあげ、試合終了。昨季王者の早稲田グスタは3失点を喫し今節も勝利を挙げることができなかった。

2試合目は、前節待望の勝ち点3を掴み取り調子を上げている早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と残留には勝利が必要な中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の試合は、開始早々スコアが動いた。早稲田理工99番草柳祐介が鮮やかなフリーキック弾で先制。このまま早稲田理工が主導権を握る闘いとなったが、後半になると中央サカ同が持ち前の勢いで攻め続ける展開が続いた。しかし、あと一歩のところで決めることができず試合終了。今節の敗戦で中央サカ同は自力での残留がなくなってしまった。

3試合目は、早稲田大学HUMAN FC(以下:早稲田ヒューマン)と明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の試合は、両者残留をかけた闘いという事もあり白熱した試合運びとなった。前半、両チームともチャンスを作るも得点には繋げることができず、一歩も引かない姿勢を見せた。試合が動いたのは後半。ゴール前の混戦から早稲田ヒューマン33番冨岡直希(1年=虎姫)が右足を振り抜いた豪快なミドルシュート。クロスバーにあたりそのままゴールに吸い込まれた。試合終盤には明治体同連が猛攻を仕掛けるも寺澤悠大(3年=桐蔭学園)が好セーブ。最後まで隙を見せないヒューマンが逃げ切り試合終了。

4試合目は、優勝争い圏内の立教サッカー愛好会(以下:立教愛好会)と例年優勝候補の一角であるが今年は成績が振るわない中央大学フースバルクラブ(以下:中央フース)の試合。前半、両者様子見のような堅い試合の入り。この均衡を破ったのは立教愛好会。00番河崎零士(3年=日大三高)の横パスから77番高田悠生(2年=真岡)が華麗なループシュート。これが中央フースゴールに吸い込まれ立愛が先制。その後、両チームの攻防は激しさを増すが堅い守備陣に阻まれスコアは動かず試合終了。

残り2節となった新関東リーグ2021。今季は4チームが降格してしまうという事もあり、残留争いが激しさを増している。どのチームも勝ち点が拮抗しているので今後も目が離せない。

早稲田稲穂 3-0 早稲田グスタ
早稲田理工 1-0 中央サカ同
中央ヒューマン 1-0 明治体同連
立教愛好会  1-0 中央フース

Written by

早坂

早坂千紘

Keywords

Recommend

コラム 2018.11.28

【BMOM117】増井裕次郎(3年=修道)8年ぶりの1部へ!導いたのは Mr.信頼感!

  11月24日(土)、新関東リーグ1部昇格戦の明治大学Esperanza(以下:明治エスペランサ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合がZOZOPARK HONDA …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.07.16

【各サークルの面白い人たち特集】 vol.1 立教大学サッカー愛好会:進藤俊輔

こんばんは!BeYonD編集部です! 各サークルの面白い人たち特集が始まりました!! 第一弾は、立教大学サッカー愛好会 進藤俊輔さんにインタビューをさせていただきました! 【プロフィール】 …

read more 青木優太
コラム 2018.09.17

【特別企画】マガ杯髪型特集!通称“マガ髪”2018!

皆さんこんにちは! 今回はマガ杯特別企画で去年に引き続きマガ杯参加者の髪の毛特集を行なっていこうと思います?‍♂️?‍♀️ 普段はバイトの関係や諸事情で染められない人もこの1週間のためにた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

【同好会基礎情報Vol.4】早慶MARCHの頂点!圧倒的試合数をこなすUNION LEAGUEってなに?

【同好会基礎情報Vol. 4】 早慶MARCHが覇権を争う?!圧倒的な試合数をこなすUNION LEAGUEとは?   大学サッカー同好会カテゴリーの様々な大会・イベントな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM5]FW谷口友哉(3年)ストライカーが残留へ望みをつなぐ決勝点

テクれ谷口 最下位と負けられない中、挑んだ第4節の明治大学グルービーキッズ戦。0-0で前半を折り返し、迎えた後半3分、勝ち点0の早稲田大学HUMANが先制点を決める。決めたのは背番号9番谷口 友哉(…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.05

【BMOM131】田村和己(3年=FCトリプレッタ)工体連のファンタジスタが格上相手に躍動。

5月25日ZOZOパークで新関東カップ3回戦FC.GUSTA(以下:グスタ)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)の試合が行われた。試合は華麗なパスワークから多彩な攻撃を仕掛けるグスタに対し、工体…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.16

【新歓ムービー特集vol.3】荒友キッカーズ、GIOCATORE、Groovy kids、三ツ葉キッカーズ

早稲田大学 荒友キッカーズ https://youtu.be/e4pe9TdAK3g 【コンセプト】 サークルの雰囲気をわかってもらう 【工夫した点】 サッカーとイベントに分けた点 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-