【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

早坂

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。

第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の試合は意外な試合展開となった。立ち上がりから早稲田グスタはチームの代名詞であるパスワークを発揮できず早稲田稲穂ペースとなった。早稲田稲穂は10番木下悠人(3年=早稲田実業)のコーナーキックを14番小森祥吾(3年=國學院久我山)がうまく合わせ先制。早稲田グスタは終始リズムを作れず、後半途中出場の早稲田稲穂36番中塚剛佑(1年=暁星)が立て続けに2得点をあげ、試合終了。昨季王者の早稲田グスタは3失点を喫し今節も勝利を挙げることができなかった。

2試合目は、前節待望の勝ち点3を掴み取り調子を上げている早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と残留には勝利が必要な中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の試合は、開始早々スコアが動いた。早稲田理工99番草柳祐介が鮮やかなフリーキック弾で先制。このまま早稲田理工が主導権を握る闘いとなったが、後半になると中央サカ同が持ち前の勢いで攻め続ける展開が続いた。しかし、あと一歩のところで決めることができず試合終了。今節の敗戦で中央サカ同は自力での残留がなくなってしまった。

3試合目は、早稲田大学HUMAN FC(以下:早稲田ヒューマン)と明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の試合は、両者残留をかけた闘いという事もあり白熱した試合運びとなった。前半、両チームともチャンスを作るも得点には繋げることができず、一歩も引かない姿勢を見せた。試合が動いたのは後半。ゴール前の混戦から早稲田ヒューマン33番冨岡直希(1年=虎姫)が右足を振り抜いた豪快なミドルシュート。クロスバーにあたりそのままゴールに吸い込まれた。試合終盤には明治体同連が猛攻を仕掛けるも寺澤悠大(3年=桐蔭学園)が好セーブ。最後まで隙を見せないヒューマンが逃げ切り試合終了。

4試合目は、優勝争い圏内の立教サッカー愛好会(以下:立教愛好会)と例年優勝候補の一角であるが今年は成績が振るわない中央大学フースバルクラブ(以下:中央フース)の試合。前半、両者様子見のような堅い試合の入り。この均衡を破ったのは立教愛好会。00番河崎零士(3年=日大三高)の横パスから77番高田悠生(2年=真岡)が華麗なループシュート。これが中央フースゴールに吸い込まれ立愛が先制。その後、両チームの攻防は激しさを増すが堅い守備陣に阻まれスコアは動かず試合終了。

残り2節となった新関東リーグ2021。今季は4チームが降格してしまうという事もあり、残留争いが激しさを増している。どのチームも勝ち点が拮抗しているので今後も目が離せない。

早稲田稲穂 3-0 早稲田グスタ
早稲田理工 1-0 中央サカ同
中央ヒューマン 1-0 明治体同連
立教愛好会  1-0 中央フース

Written by

早坂

早坂千紘

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太
コラム 2021.08.24

【各サークルの面白い人たち特集】vol.2 中央大学体同連フースバルクラブ:渡部雄飛

こんにちは!BeYonD編集部です!   各サークルの面白い人たち特集vol.2中央大学体同連フースバルクラブの渡部雄飛さんにインタビューさせていただきました!  …

read more 早坂
コラム 2019.03.26

【新歓記事2019 vol.2 早稲田大学 その2】

新歓企画第二弾です 今回も引き続き早稲田大学のチームを紹介していきます! たくさんチームがあるので迷っちゃいますね...   早稲田大学理工サッカー部 ・大学名・チ…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.01

【美女マネvol.23】今回はフォトジェニックセミロングな美女マネ!!

  こんにちは!     最近の異常な暑さに、地球温暖化を改めて感じますね!     温厚な私でも、暑いとつ…

read more 上野澄人
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.02

【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。 昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイ…

read more 成瀬将希
コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-