【新関東リーグ2021・1部第8節マッチハイライト】優勝や降格が決まり始める第8節の結果とは!?

山崎冬弥

優勝争い、降格争いが激しい新関東リーグ。11月20日(土)に矢田部グランドで行われた結果がこちら。

第一試合は、ここを落とすと降格に王手となるため絶対に勝ちたい中央大学FUSSBALL(以下:中央フース)と、リーグ戦序盤は勢いが良かったものの、ここ3節で2連敗をしてしまっている明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の対戦。この日は風も強かったため風上の生田がペースを握る。チャンスは何度も作るものの、中々決めきれない。そこで前半25分に中央フース7番小嶋和典(3年=アビスパ福岡U-18)がPKを獲得。8番高尾昇吾(3年=広島皆実)が落ち着いて決め、試合を有利に進める。明治生田も最後まで攻め続けるも、決定機を決めきれず敗退。中央フースにとって貴重な白星を獲得した。

第二試合は勝てば優勝の可能性も見えてくる立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)と、明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の対戦。風上の明治体同連が押し気味で蹴り合いが続く。前半30分に立教愛好会77番高田悠生(2年=真岡)が相手ゴール前でフリーキックを獲得。明治体同連の陣形が整う前のクイックで速攻を始めて6番江田風太(3年=都立城東)が流し込む。このゴールに明治体同連は物議を醸すが認められず、ゴール判定が覆ることはなかった。後半も立教愛好会の固い守備からペースを掴み、チャンスを作るが決めきれない。そのまま試合終了し、勝ち点3を勝ち取った立教愛好会は最終節で優勝を目指して戦うだろう。

第三試合は優勝候補筆頭の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と、負けると降格が決まってしまう中央大学サッカー同好会(中央サカ同)の対戦。開始早々コーナーキックを獲得した早稲田稲穂は、こぼれ球を35番佐井康人(1年=早稲田実業)がダイレクトシュートでスーパーゴール。前半は早稲田稲穂の時間が多かったものの後半最後は中央サカ同の猛攻。中央サカ同も79番信岡光(1年=日大藤沢)を中心にチャンスを作るも早稲田稲穂の鉄壁に阻まれ0-1で敗北した。これで早稲田稲穂は優勝に大きく近づき、中央サカ同は降格が決定した。

第四試合は早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の早稲田ダービー。お互いに勝てば残留、負ければ最終節の降格争いに参戦するため、絶対に負けられない戦い。早稲田グスタのパスサッカー、早稲田理工のサイド攻撃と、お互いの強みがよく出た試合の入り。そんな中、前半20分に早稲田理工7番三品晴人(3年=静岡学園)のアーリークロスに反応した14番村井亮太(3年=早稲田摂陵)が点を決め先制。点を決めらながらも自分達のサッカーをしっかりと続けた早稲田グスタは、後半30分に絶好の位置でフリーキックを獲得。14番伊藤大翔(3年=國學院久我山)のシュートは早稲田理工の守護神23番山下壮一郎(2年=桐光学園)のスーパーセーブによって阻まれた。流れを掴んだ早稲田グスタは後半35分に30番荻本遥平(2年=國學院久我山)がカットインからゴールを決める。このまま試合終了かと思われたラストワンプレーで早稲田グスタのゴール前の混戦から抜け出した早稲田理工7番三品晴人が劇的なゴールを決め、試合終了。早稲田理工は3位に躍り出て残留が決定。早稲田グスタは最終節で降格争いをすることだろう。

最終節を残して優勝争い、残留争いがはっきりとしてきた。次節で残留と降格が決まる。熱い戦いになることは間違いない。3年生が最終節にて引退するチームも多いだろう。最後は熱く楽しいサッカーが繰り広げられることを期待する。

立教愛好会 1-0 明治体同連
中央フース 1-0 明治生田
早稲田グスタ 1-2 早稲田理工
早稲田稲穂 1-0 中央サカ同

Written by

山崎冬弥

touya

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.04.04

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは… 中央大学体同連FUSSBALL CLUB 3年 川田珠莉さん   ―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入…

read more 大竹彩郁
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.07.31

【同好会情報vol.9】あの宮澤ミシェルが指導!?東西交流戦とは

ついにやってきましたね夏休み!!   テストやレポートに追われた日々ももうおさらばですね。   きっと寝坊してテストにいけなかったり、レポート提出を忘れてた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.02

【新関東リーグ入れ替え戦】マッチプレビュー

 早稲田大学HUMAN.F.C.(1部) vs 明治大学体同連生田蹴友会(2部) 12月3日、早稲田大学HUMAN.F.C.と明治大学体同連生田蹴友会による、1部2部入れ替え戦がZOZOPARKで行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.01

【フットサル新歓記事vol.4】早稲田大学編(足猿キッカーズ、小手指FC、The Words、FC FALTA)

フットサルでも大好評の新歓企画! 満を持して紹介するのは、サッカー同様フットサルでも最多数を誇る「早稲田大学」です!! 早稲田大学からはFFCカレッジフットサルリーグに計4チーム参入しています…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.10

【完全個別キャリア面談のご案内】パッションナビで自分らしい就活をしよう!

皆様こんにちは! そして新年あけましておめでとうございます! 早速ですが、BeYonDプロジェクトから完全個別キャリア面談の紹介をさせていただきます。 以前もBeYonDと共同で就活…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.30

【新歓記事2018 vol.1】早稲田大学のチーム紹介その1

今年もついに新入生へ向けた新歓企画がスタートします! 最初に紹介するのは同好会カテゴリ最激戦区の「早稲田大学」です!! 学生活動日本一と謳われる早稲田大学には約20団体ものサッカーサークルが混…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-