【新関東リーグ2021・1部第8節マッチハイライト】優勝や降格が決まり始める第8節の結果とは!?

山崎冬弥

優勝争い、降格争いが激しい新関東リーグ。11月20日(土)に矢田部グランドで行われた結果がこちら。

第一試合は、ここを落とすと降格に王手となるため絶対に勝ちたい中央大学FUSSBALL(以下:中央フース)と、リーグ戦序盤は勢いが良かったものの、ここ3節で2連敗をしてしまっている明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の対戦。この日は風も強かったため風上の生田がペースを握る。チャンスは何度も作るものの、中々決めきれない。そこで前半25分に中央フース7番小嶋和典(3年=アビスパ福岡U-18)がPKを獲得。8番高尾昇吾(3年=広島皆実)が落ち着いて決め、試合を有利に進める。明治生田も最後まで攻め続けるも、決定機を決めきれず敗退。中央フースにとって貴重な白星を獲得した。

第二試合は勝てば優勝の可能性も見えてくる立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)と、明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の対戦。風上の明治体同連が押し気味で蹴り合いが続く。前半30分に立教愛好会77番高田悠生(2年=真岡)が相手ゴール前でフリーキックを獲得。明治体同連の陣形が整う前のクイックで速攻を始めて6番江田風太(3年=都立城東)が流し込む。このゴールに明治体同連は物議を醸すが認められず、ゴール判定が覆ることはなかった。後半も立教愛好会の固い守備からペースを掴み、チャンスを作るが決めきれない。そのまま試合終了し、勝ち点3を勝ち取った立教愛好会は最終節で優勝を目指して戦うだろう。

第三試合は優勝候補筆頭の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と、負けると降格が決まってしまう中央大学サッカー同好会(中央サカ同)の対戦。開始早々コーナーキックを獲得した早稲田稲穂は、こぼれ球を35番佐井康人(1年=早稲田実業)がダイレクトシュートでスーパーゴール。前半は早稲田稲穂の時間が多かったものの後半最後は中央サカ同の猛攻。中央サカ同も79番信岡光(1年=日大藤沢)を中心にチャンスを作るも早稲田稲穂の鉄壁に阻まれ0-1で敗北した。これで早稲田稲穂は優勝に大きく近づき、中央サカ同は降格が決定した。

第四試合は早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の早稲田ダービー。お互いに勝てば残留、負ければ最終節の降格争いに参戦するため、絶対に負けられない戦い。早稲田グスタのパスサッカー、早稲田理工のサイド攻撃と、お互いの強みがよく出た試合の入り。そんな中、前半20分に早稲田理工7番三品晴人(3年=静岡学園)のアーリークロスに反応した14番村井亮太(3年=早稲田摂陵)が点を決め先制。点を決めらながらも自分達のサッカーをしっかりと続けた早稲田グスタは、後半30分に絶好の位置でフリーキックを獲得。14番伊藤大翔(3年=國學院久我山)のシュートは早稲田理工の守護神23番山下壮一郎(2年=桐光学園)のスーパーセーブによって阻まれた。流れを掴んだ早稲田グスタは後半35分に30番荻本遥平(2年=國學院久我山)がカットインからゴールを決める。このまま試合終了かと思われたラストワンプレーで早稲田グスタのゴール前の混戦から抜け出した早稲田理工7番三品晴人が劇的なゴールを決め、試合終了。早稲田理工は3位に躍り出て残留が決定。早稲田グスタは最終節で降格争いをすることだろう。

最終節を残して優勝争い、残留争いがはっきりとしてきた。次節で残留と降格が決まる。熱い戦いになることは間違いない。3年生が最終節にて引退するチームも多いだろう。最後は熱く楽しいサッカーが繰り広げられることを期待する。

立教愛好会 1-0 明治体同連
中央フース 1-0 明治生田
早稲田グスタ 1-2 早稲田理工
早稲田稲穂 1-0 中央サカ同

Written by

山崎冬弥

touya

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.07.09

【前代未聞のサッカー大会】サークルの楽しさが詰まった”GUSTA CUP”が2年ぶりに開催!

6月17/18日、茨城県神栖市「サッカータウン波崎」にて、第二回GUSTA CUPが開催された。   GUSTA CUPとは、関東の強豪サークルである早稲田大学FC.GUSTAが…

read more 東 孝太郎
コラム 2018.03.24

【BeYonDフットサル部門発足決定】立ち上げメンバーをご紹介!!

こんにちは!! 突然ですが、、、! この度、『BeYonDフットサル部門』が立ち上がることが決定しました!! サッカー同好会カテゴリーだけではなく、 フットサル同好会カテゴリーの情…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.16

【新人戦2年生大会】 総集編

【優勝】 慶應義塾大学リコタイChanpagenaFC 【総評】  2月5・6日に行われた2年生学年大会。抽選によりグループリーグの組み合わせが決まった。昨年度準優勝の立教愛好会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.13

【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん 「全てを懸けて。」 −まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。 南アフリカW杯…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.18

【YouTuberインタビュー】サークルからプロを目指すあとぅきさんにインタビュー

はい、どうもみなさんこんにちは。   beyond編集部です! 本日の企画!! YouTuberの【あとぅきさん「サークルからプロへ」】で、中央大学サッカー同好会(以…

read more 山崎冬弥
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-