【新関東リーグ2021・第9節】新関東リーグ最終節!優勝・残留をかけた運命の一戦に勝利したのは!?

東孝太郎

11月27日(土)矢田部グラウンドにて新関東リーグ最終節が行われた。今節までに慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應理工)と中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の降格が決まっている。今節で優勝チームと残りの降格2チームが確定する大切な1戦。3年生にとって集大成となる公式戦の結果がこちら。

 

10時に開幕した第1試合は早稲田大学HUMAN FC(以下:早稲田ヒューマン)と立教サッカー愛好会(以下:立教愛好会)の対決。前半早稲田ヒューマンの52番甲斐達也(2年=昌平)が左サイドに展開。ボールを受けた1番戸苅健太(3年=市立浦和)がドリブルで持ち運び、シュート性のクロスをあげると、そのままゴールに吸い込まれた。後半になると立教愛好会が攻勢に出る。立教愛好会55番藤原心路(3年=神戸国際大学付属)のゴールで同点に追いつく。早稲田ヒューマン27番奥遼介(2年=国分寺)のクロスに1番戸苅が合わせて勝ち越し弾を決めるも、その後立教愛好会が再び追いつきそのまま試合終了。

 

第1試合のもう1試合は早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フース)の試合。この試合に勝利した方が1部残留となる大切な一戦で、お互い残留に向け白熱した試合展開となる。中央フースは4年生を中心に硬い守りから14番鈴木北斗(3年=検見川)と34番外輪三四郎(4年=都立狛江)のゴールで2点を先制する。早稲田グスタも終了間際に30番荻本遥平(2年=國學院久我山)のゴールで1点を返すも反撃はここまで。リーグ戦2連覇中の早稲田グスタがまさかの敗北で2部降格となる大波乱の展開となった。

 

12時30分から開始された第2試合は明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)と明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の明治ダービー。この試合も勝利した方が残留となる負けられない1戦。前半開始から明治ダービーらしい火花散る戦いが繰り広げられる。一進一退の攻防が繰り広げられる中、後半試合が動く。明治生田が20番石川大揮(3年=挟山々丘)のスーパーゴールで先制する。明治体同連の34番丸山開大(3年=國學院久我山)のゴールで反撃の狼煙を上げる同点ゴールを決めるもこのまま試合終了。明治体同は無念の2部降格となった。

 

第2試合のもう1試合は早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の早稲田ダービー。早稲田稲穂は第1試合で現在2位の立教愛好会が引き分けたため1部リーグの優勝が決定してはいるものの早稲田ダービーは絶対に負けられない1戦。早稲田稲穂が2点を先制し試合を優位に進めていたが、早稲田理工の6番浅沼拓真(3年=都立国立)、7番三品晴人(3年=静岡学園)の立て続けのゴールで同点に追いつき試合終了。早稲田ダービーは痛み分けとなった。

 

今年の新関東リーグ1部は拮抗した試合が多く混戦となった。その中でも早稲田稲穂は5勝3分で無敗での優勝を決め力の差を見せつけた。また明治体同、早稲田グスタ、中央サカ同、慶應理工の4チームは悔しくも2部降格となってしまった。

最終節まで自チームの勝利に向け戦い、素晴らしい試合を繰り広げてくれた選手たちに敬意を表したい。

 

[第9節]

早稲田ヒューマン 2-2 立教愛好会

早稲田グスタ 1-2 中央フース

明治生田 1-1 明治体同

早稲田稲穂 2-2 早稲田理工

 

[順位表]

Written by

東孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.26

【プレからの想いvol.3 】”マネはスパイス”

夏の合宿もほとんど終わり、3年生にとっての最後の夏が終わろうとしています。 久々のこの企画… プレからの想い 今回はユニオンリーグから、 早稲田大学 GIOCATORE このサークル…

read more 大貫 杏華
コラム 2016.11.25

【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム 早稲田F.C.GUSTAと明治生田サッカー部蹴球会 2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、 いったいどんな神のいたずらな…

read more 古平 翔太
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.25

【BMOM125】川島 優太(3年=東京ヴェルディ)圧倒的なサッカーセンスで相手を翻弄する

新関東カップ二回戦第三試合。慶応義塾大学慶応キッカーズ(以下:慶応キッカーズ)と、明治学院大学白金FC(以下:明治学院白金)の試合が5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELDにて行われた。…

read more 齋藤優
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more 上野澄人
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more 高木啓行
コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.30

【新歓記事2021】vol.6 明治大学

beyond編集部です! 本日は中央大学に続き明治大学の5チームを紹介していきます! ぜひご覧になってくださいナ   明治生田サッカー部蹴友会 ・大学名…

read more 山崎冬弥
コラム 2021.03.07

【GK特集】知ってるようで知らないGKの気持ち

どうも、コムドットにはまり 「内定もらえない可能性これ一切なーい」と調子に乗っていましたが 「内定が一切ない」になりそうな森です。 今回は今まであまり触れられてこなかったポジションに…

read more 森 りょうご

-PICKUP CIRCLE-