【マネの想いvol.1】 ”プレーヤー目線に立てるマネージャーでいるために”

BeYonD 編集部

大学サッカー同好会カテゴリーにおいてマネージャーは必要不可欠な存在である。また、マネージャーのあり方もチームによって大きく異なる。本企画は、様々なチームのマネージャーの想いをインタービュー形式で探っていきたい。

 

第一弾 慶應キッカーズ 田村咲歩さん

「プレイヤー目線に立てるマネージャーでいるために」

43022

 

−慶應キッカーズ(以下キッカーズ)に入ったきっかけを教えてください。
中学生の頃からサッカーが大好きで、高校3年生の受験の時期は、夕ご飯を家で食べるときに、やべっちFCとプレミアを見ている時間が生きがいだったくらい(笑)そのこともあり、ずっとサッカーのマネージャーをしたいと思っていて、私は試合や練習をサポートしたいと思っていたのでサークルを選びました。とりあえずと思ってキッカーズの説明会に行ったら、「本気で全国目指してます」って宣言してて、かっこいいなと思って即決しました。

 

−最後の1年をどのような思いで過ごしてきましたか?
1個上の先輩たちが最強すぎたので、自分たちの代になったときにプレーヤーは戦力ダウンに相当焦っていたように思います。キッカーズは練習が週2回で、グラウンドがとれなかったときはフットサル場でやることもあって、他のチームとチーム力に大きい差があると感じていたので、それを補うことはなんでもしようと思っていました。今までやってこなかったことや足りなかったことは気づいた瞬間にやろうと思っていました。思いつくことは全部やってきたつもりです。

42961

−例えばどのようなことをしたんでしょうか?
プレイヤー一人一人をしっかりと見て、求めていることを言われる前にやる。例えば「これ持ってきて!」とか(笑)あとはスタメンだけでなく、みんな見てますっていうのを伝えるために、みんなに声をかけてました。マネージャーに認知されてる。マネージャーに何かしてもらっているって感じた方がいいプレーができるんじゃないかなって思っていて。そういうことをやってきました。
最後の合宿では全学年の50人くらいのプレーヤーとマネージャーに手紙を書きました。私が1年のとき、2個上の代表に「これからキッカーズを引っ張って行ってください」ってメッセージをもらって、私はそれを何度も見て頑張ることができたんです。その先輩には及ばないけど、私の手紙をみてキッカーズに残ってくれる人が1人でも多かったらいいなと思って。

 

−お話を聞いてると、サークルに対する意識がマネージャーの域を超えていてすごいなって思います。
その点については自分でも意識していて、サッカーも好きだし、1番プレーヤー目線に立てるマネージャーでありたいと思ってました。私はキッカーズのムービーを作っているんですが、マネージャーが作るのは私が初めてなんです。「マネにプレーヤーの気持ちわかるわけない」と言われたこともあったんですけど、それがめっちゃ悔しくて・・・そうかもしれないけど、絶対伝えられることはあるはずだし、もっと1個1個の試合に対してどういう気持ちで臨むかっていうのを一人一人工夫したほうがいいんじゃないかなって思いました。あらゆる人の言ったことやプレーを汲み取ろうと意識しています。モチベーションムービーを作るとき、スタメンをリストアップして、今週の注目選手と、今週のチームを書いて、じゃあ今週はどういうコンセプトのムービーを作るかを考えてました。言葉にこだわって、マネ感を入れないことを意識して。ムービーは大事な試合の直前に見るものだから、何かが変わるかもしれないから。
実際プレーヤーにも、ムービーの言葉が的確だったから気持ちを整理して試合に臨めてたって言ってもらえたりしたので、よかったです。

42970

−後輩へ伝えたいことはありますか?
本当にもっとやりたい(笑)これからもプレーヤーはサッカーをやっていくんだろうけど、こんなにも足が壊れて死ぬくらいまで勝ちにいくのってないだろうから、それがすごいうらやましくて。あと1年も2年も現役で頑張り続けられたら、なんでもできる可能性があるってことを感じながらキッカーズで過ごしてほしいです。

 

−あなたにとってキッカーズとは?
大事な大事な居場所。守りたい場所。

42906

キッカーズを支え続けた3年間。田村さんはおそらく何が正解かわからない中で、もがきながら必死に駆け抜けてきただろう。そして、引退時にプレーヤーから言われた「さほがいたから頑張れた」の言葉を聞いて、ようやく自分のやってきたことに間違いはなかったと思えたのではないだろうか

サークルにおけるマネージャーという立場は、本当に難しい。やろうと思えばとことん、やらないと思えば何もしないことだってできる。そんな環境の中で、こんなにもプレイヤーのことを、チームのことを考えたマネージャーがいただろうか。キッカーズが強いキッカーズであるために支え続けた彼女のマネージャー像は、後輩へとこの先ずっと引き継がれていくだろう

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more 高木啓行
コラム 2019.04.02

【新歓記事2019 vol.9 法政大学】

  今回は第7弾!法政大学について紹介していきます! 法政大学生必見です! 法政大学 学団連サッカー部 ・大学・チーム名 法政大学 学団連サッカー部 …

read more 小川雄矢
コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.31

【同好会情報vol.9】あの宮澤ミシェルが指導!?東西交流戦とは

ついにやってきましたね夏休み!!   テストやレポートに追われた日々ももうおさらばですね。   きっと寝坊してテストにいけなかったり、レポート提出を忘れてた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more 浅川大樹
コラム 2019.03.31

「ちみら何者⁈」2019年度 曲者揃いのBeYonD運営メンバー紹介記事!!

みなさんこんにちは!   いつもBeYonDの記事を見てくれている方も初めての方もこんにちは!   2年前同じような入りの同じような記事を見てくれた方もこん…

read more 成瀬将希
コラム 2019.11.05

【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。 この…

read more 丸山椋大
コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.16

[スパイク特集vol.3] HGのスパイクを履いているのに足の裏にマメができる!?そんな疑問を解決します!

今年は、夏が終わったと思ったら秋をすっ飛ばして冬になってしまいましたね。 ですが、スパイクコラムは大事なことを飛ばすことなくやっていきたいと思います!     …

read more 古平 翔太
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more 大貫 杏華

-PICKUP CIRCLE-