【早稲田大学学内戦決勝】終了間際に早稲田理工に追いつかれるも、いい雰囲気を保ち続けたHUMANがPK戦を制し、激戦区の早稲田を統一!

古平 翔太

RESULTS

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部

【早稲田大学学内戦決勝】

早稲田大学HUMAN F.C 2 (5-3) 2 早稲田大学理工サッカー部

img_8807

img_8806

前半

序盤は両チームとも寄せの速いディフェンスに苦しみチャンスを作れないまま試合が進む。最初にチャンスを迎えたのは早稲田HUMAN(以下:HUMAN)。HUMAN17番菰原(2年=熊本国府)のスルーパスに裏へ抜け出した1番藤林(2年=比叡山)がキーパーとの一対一の場面を迎えるが、ここは早稲田理工(以下:早理)GK97番相澤(1年=平塚江南)の果敢な飛び出しに阻まれてしまう。その後は徐々にHUMANが試合の主導権を握り始める。しかし早理も5番伊藤(2年=松山南)を中心とした体を張った守備でシュートまでボールを運ばせない。前半20分、ついに均衡が破れる。HUMANが中盤でショートパスを繋ぎ、21番水谷(1年=神代)のパスを受けた藤林が一瞬の隙をついて35mの超ロングシュート。キーパーの手を弾きそのままゴールネットを揺らした。このまま前半が終わるかと思われた28分、早理が試合を振り出しに戻す。10番舞田(2年=都立大泉)の無回転FKが壁にぶつかり高く上がったボールを5番伊藤がヘディング、そのこぼれ球を19番小野(1年=桐光学園)がゴール右隅にシュートを突き刺した。両者譲らない展開で前半終了。

img_8808

後半

後半が始まると早理も徐々に自分たちのサッカーを展開するようになる。早理26番八塚(1年=小倉)の正確なロングフィードを起点とし攻撃の形が見え始めた。ところが勝ち越しに成功したのはHUMAN。11分、HUMAN21番水谷のFKをファーサイドに走りこんだ藤林が右足で完璧に合わせた。ベンチの応援も含めHUMANが試合のペースを再び握る。続く15分、HUMAN藤林がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。決めれば試合の流れを完全に手繰り寄せることのできるシーンであったが、早理97番相澤が完璧なPKストップ。このPKストップで、早理の反撃の狼煙が上がる。27分、早理9番松尾(2年=早大本庄)が左サイドをえぐり、マイナスにクロスを上げる。これに19番小野が飛び込むが惜しくもディフェンスに阻まれてしまう。止まることない早理は29分、26番八塚のロングフィードから左サイドを駆け上がった7番山谷(2年=川越東)がドリブルで持ち込みゴールネットを揺らす。終了間際に早理は再び追いつくことに成功。対するHUMANも17番菰原と1番藤林を中心とした素早いカウンター攻撃で何度もゴールを脅かすも、点を決めることができずに後半が終了。

img_8812

延長

延長になると、両チームとも疲労が見え始める。その中でも優勝に向かって激しい球際の攻防が繰り広げられた。延長前半6分、HUMAN74番真先(1年=東京成徳)のクロスを1番藤林がディフェンスとキーパーを外してシュート、間一髪のところで早理5番伊藤が身体を投げ出しシュートブロック。早理はDF陣の奮闘に応えるかのように攻撃陣も働く。延長前半10分、7番山谷のクロスに9番松尾がダイビングヘッドで飛び込むもファーに逸れる。延長後半は両チームとも幾度かのチャンスを迎え、シュートまで持ち込むも、試合を決定づける得点を決めることができない。そのまま延長戦は終了し、早稲田の頂点を決める戦いはPK戦に突入する。

img_8816

PK戦

先攻はHUMAN、後攻は早理。

リラックスした雰囲気のHUMANに対し、早理は集中力を高めている様子。先攻のHUMANが確実にゴールを決め、迎えた早理2人目のシュートは惜しくも左下のポストに嫌われてしまう。その後お互いに確実にゴールを決めるも最後まで1人も失敗しなかったHUMANがPK戦を制し2年ぶりの優勝を果たした。

 

 

H           理

◯         ◯

◯         ×

◯         ◯

◯         ◯

 

H : HUMAN FC

理 : 早稲田理工

 

HUMAN 5-3 早稲田理工

 

img_8757

昨年度惜しくも新関東1部リーグを降格してしまったHUMAN FC。この早稲田大学学内戦ではそのことを一切感じさせない強さで見事優勝を果たした。1年での新関東1部リーグ復帰、そして今後のカップ戦のタイトルを大いに期待させるような結果と内容で大会を締めくくった。このメンバーに新入生を加え、HUMAN FCがこれからどこまで躍進を遂げるのか楽しみである。

早稲田大学
HUMAN F.C.の詳細を見る
早稲田大学
理工サッカー部の詳細を見る

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

試合情報 2019.05.22

【新関東カップ2019・2回戦】青山理工が終了間際の得点で勝利!前回大会ベスト4の日大法学部は2回戦で姿を消す

新関東カップ

青山学院大学
理工サッカー部
1-0
日本大学
法学部サッカー部
read more 長谷川聡志

新関東カップ

青山学院大学
理工サッカー部
1-0
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2017.11.20

【新関東リーグ2017・1部最終節】スーパールーキーの劇的同点弾!王者早稲田稲穂が前人未到の三冠を成し遂げ、無敗でリーグ連覇を達成!!

新関東リーグ1部・最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
青山学院大学
理工サッカー部
read more 古平 翔太

新関東リーグ1部・最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2017.06.10

【新関東カップ2017 準決勝】 危なげない勝利で3連覇へ王手とした稲穂キッカーズ!

新関東カップ2017 準決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
立教大学
サッカー愛好会
read more 澤田結人

新関東カップ2017 準決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2018.10.22

【新関東リーグ2018 1部 第3節 】 今期マガ杯王者vs今年度 at home cup ベスト4の注目の激戦!

新関東リーグ

立教大学
サッカー愛好会
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
read more 成瀬将希

新関東リーグ

立教大学
サッカー愛好会
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
試合情報 2020.11.11

【新関東リーグ2020・2部第3節】久しぶりの1部へ、昇格へ近づけたのはどっちだ!?

新関東リーグ

中央大学
サッカー同好会
2-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
read more 落合陸

新関東リーグ

中央大学
サッカー同好会
2-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
試合情報 2017.02.23

【専修大学学内戦決勝】専修大学Pink Monky’sがチャンスを確実にモノにし、昨年の雪辱を晴らす。

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
試合情報 2020.11.02

【新関東リーグ2020一部・第1節】今季の開幕戦は昨年王者VS昇格組!早稲田ダービーの打ち合いを制したのは?!

練習試合

早稲田大学
FC.GUSTA
3-2
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more 高澤航平

練習試合

早稲田大学
FC.GUSTA
3-2
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2021.11.18

【新関東リーグ2021・1部第7節】絶対に負けられない早稲田ダービー!現在首位と2連覇中の王者が激突!

新関東リーグ2021・1部第7節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-0
早稲田大学
FC.GUSTA
read more 東 孝太郎

新関東リーグ2021・1部第7節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-0
早稲田大学
FC.GUSTA
試合情報 2017.04.23

【Guam Championship決勝戦】延長戦にもつれる好ゲーム。京産大が凄まじい勢いで試合を飲み込んだ。

Guam Championship決勝戦

東洋大学
FC.Liberte
2-3
京都産業大学
ONZE
read more 古平 翔太

Guam Championship決勝戦

東洋大学
FC.Liberte
2-3
京都産業大学
ONZE
試合情報 2017.08.12

【文教大学学内戦決勝】Flipが早い時間で挙げた1点を守りきり歓喜の優勝!!

文教大学学内戦 決勝

文教大学 FlipF.C.
1-0
文教大学F.C.NUTS
read more BeYonD 編集部

文教大学学内戦 決勝

文教大学 FlipF.C.
1-0
文教大学F.C.NUTS

-PICKUP CIRCLE-