【新関東理工系カップ2023】優勝はどちらの手に⁉東京電機大サッカー部と青山学院理工サッカー部が激突!

山田大晴

RESULTS

新関東理工系カップ2023決勝

s__4554806
3-0
青山学院大学
理工サッカー部

新関東理工系カップ2023準決勝、決勝が9月6日(水)にしんよこフットボールパークにて行われた。

決勝カードは、準決勝で早稲田理工をPK戦の末倒し、悲願の初優勝を狙う東京電機大学理工学部体育会蹴球部(以下:電大)と、準決勝で法政大学高体連サッカー部を3-0で倒し勢いに乗る青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)の両チームである。

 

(東京電機大学理工学部体育会蹴球部スターティングメンバー)

(青山学院大学理工サッカー部スターティングメンバー)

 

試合内容

電大サッカー部のキックオフで試合はスタート。序盤はやや青理がボールを保持しながら進む。

青理26番中山雄貴(2年=大和)が華麗なテクニックで相手選手を交わしながらチームを後ろから組み立て流れを作る。一方の電大も、16番山口醇(1年=桐生清桜)を前線でターゲットに、後ろからのロングボールでチャンスを作る。

前半10分、青理からのロングボールをうまく処理した電大が左サイドの2番加藤雄大(4年=船橋啓明)にボールを繋ぎ一気に前進、青理DFの背後をとった電大18番桜井唯人(1年=埼玉平成)がカットインからシュート。しかしこれは青理15番山口晴史(1年=東工大付属)がブロック。

青理にもチャンスが訪れる。

前半14分、青理26番中山、59番間野透太(2年=東大和南)、8番畑中凌雅(3年=町田)の3人による華麗なパスワークから左サイドに展開、14番小山佳祐(3年=厚木)がゴール前でタメを作り中央にパス、26番中山がフリーでダイレクトシュートを放つ。しかし惜しくもゴール頭上へと外れてしまう。

試合も終盤に差し掛かった前半19分、試合が動く。

電大18番桜井が左サイドでボールを受け中央へドリブルし、右サイドにいた9番古川拓海(3年=都立向丘)へと展開、古川の正確無比なクロスに37番佐藤優多(1年=帝京大可児)が反応し落ち着いてゴール。電大が先制点を挙げる。

反撃をしたい青理だったが、電大が再び攻撃を仕掛ける。

前半20分、ロングボールを前線でうまく処理した18番桜井が右サイドに展開、サイドチェンジに反応した10番徳田雄(4年=常総学院)がカットインを仕掛け冷静に相手を交わしそのままシュート、地を這うボールが見事にゴールサイドネットを揺らす。

電大の勢いは尚も止まらない。

前半21分、青理のビルドアップからのパスミスをカットした18番桜井が一気に前へ仕掛ける。中にいた味方へのパスが青理DFのミスを誘いワンツーの形となりGKと一対一に、冷静にGKの動きを判断した桜井が追加点を挙げ、わずか3分で3点を挙げるという驚きの展開となる。

後半に入ってからは、青理も攻撃陣が奮闘したものの、電大の堅い守備をなかなか崩すことができずそのまま試合終了。東京電機大学理工学部体育会蹴球部サッカー部がカップ戦に参入してわずか2年で理工カップ優勝を果たす結果となった。

(電大サッカー部歓喜の瞬間)

編集部の個人的MVPは電大18番桜井唯人、すべての得点の起点となり、自身でもダメ押しとなる3点目をしっかりとマークした桜井は、常に青理DFにプレッシャーを与える驚異的な存在になっていたといえる。

今年の優勝候補に挙げられていた法政大学高体連サッカー部を下し決勝に進出してきた青理だったが、序盤こそ試合の流れを握っていたものの、短時間で得点を重ねられ、悔しい結果となった。

2023年新関東理工系カップは波乱の展開が多く、どのチームも目の離せない試合展開が多かったといえる。それぞれチームで出た反省点を持ち帰り、秋、冬と続く新たなリーグ戦、カップ戦に向けて、個々が大きな成長をすることを期待していきたい。

青山学院大学
理工サッカー部の詳細を見る

Written by

山田大晴

yamada

Keywords

Recommend

試合情報 2019.02.18

【中央大学学内戦2019決勝】因縁の対決!中央フースは王座死守なるか?中央サカ同、新関東カップのリベンジなるか!?

中央大学学内戦決勝

中央大学
サッカー同好会
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

中央大学学内戦決勝

中央大学
サッカー同好会
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.02.25

【新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝】中央フースバルBが劇的な同点弾の勢いのままPK戦を制し、チャンピオンシップ優勝を果たす!

新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝戦

法政大学
学団連サッカー部
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブB
read more BeYonD 編集部

新人戦1年生大会チャンピオンシップ決勝戦

法政大学
学団連サッカー部
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブB
試合情報 2017.02.24

[上智大学学内戦決勝]一点をめぐる肉弾戦。値千金のゴールを奪い取ったFUN-ta-SISTER Aが二連覇を果たす。

上智大学学内戦決勝

上智大学
サッカー愛好会EAGLE
0-1
上智大学
FUN-ta-SISTER
read more BeYonD 編集部

上智大学学内戦決勝

上智大学
サッカー愛好会EAGLE
0-1
上智大学
FUN-ta-SISTER
試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】日大理工が前線のフィジカルを活かして東大駒場を退ける。

新関東カップ2017 2回戦

日本大学
理工学部サッカー部
2-0
東京大学
駒場FC
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

日本大学
理工学部サッカー部
2-0
東京大学
駒場FC
試合情報 2022.11.22

【新関東リーグ2022・1部・第5節】昨年度上位2チームの負けられない闘い。

新関東リーグ一部2022

立教大学
サッカー愛好会
1-2
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more 青木優太

新関東リーグ一部2022

立教大学
サッカー愛好会
1-2
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2018.06.13

【新関東カップ2018準々決勝】 因縁の激闘!中大ダービー

新関東カップ準々決勝

運営者情報
0-1
運営者情報
read more BeYonD 編集部

新関東カップ準々決勝

運営者情報
0-1
運営者情報
試合情報 2016.11.20

【新関東FL第7節】2位争い!上位対決はスコアレスドロー

新関東FL最終節

明治大学
Groovy kids
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東FL最終節

明治大学
Groovy kids
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.11.20

【新関東リーグ2017・1部最終節】スーパールーキーの劇的同点弾!王者早稲田稲穂が前人未到の三冠を成し遂げ、無敗でリーグ連覇を達成!!

新関東リーグ1部・最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
青山学院大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ1部・最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2019.12.07

【新関東リーグ2019・昇格プレーオフ決勝】今シーズン最後のゲームを制した、早稲田大学HUMAN F.C.が1部復帰を決める!

新関東リーグ2019昇格プレーオフ決勝

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-0
明治大学
ESPERANZA
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2019昇格プレーオフ決勝

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-0
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2017.10.15

【新関東リーグ2017・1部第1節】第1節きっての好カード!王者稲穂に強豪フースが挑む!!

新関東リーグ2017・1部第1節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2017・1部第1節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ

-PICKUP CIRCLE-