【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

BeYonD 編集部

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。

①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C.
(以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン)
開幕2連勝と波に乗る中央フースバル。対する早稲田ヒューマンは初戦を落とし、勝ち点3を掴みたい大事な1戦。試合は、中央フースバル16番市野塚奏(2年=静岡学園)が先制点を挙げると、立て続けに68番小竹直輝(4年=新潟明訓)が追加点。粘る早稲田ヒューマンは52番柴田大翔(2年=東海学園)がPKを冷静に決めるも反撃ならず。中央フースバルが3連勝を飾った。

②早稲田大学理工サッカー部 VS 慶應大学理工サッカー部
(以下:早稲田理工、慶應リコタイ)
絶対に負けられない理工サッカー部の早慶戦。勝ち点3同士の白熱した試合は、早稲田理工が24番米田世翔(2年=済々黌)、7番川口瞬(3年=都立町田)の2得点をしっかりと守り切り、理工ダービーを制す。早稲田理工が今節2勝目を挙げた。

③早稲田大学FC.GUSTA VS 明治大学体同連サッカー部
(以下:早稲田グスタ、明治体同連)
3連勝を目指す早稲田グスタに対し、2勝目を挙げたい明治体同連の1戦。ヒートアップした試合は、前半に早稲田グスタが66番篠原蒼(1年=国学院久我山)の得点で先制。後半には、前半にPKを思いっきり外した9番齊藤優(3年=早大本庄)が今度はしっかりとゴールを決め追加点を挙げる。早稲田グスタが3連勝を飾り、首位をしっかりとキープ。

④早稲田大学稲穂キッカーズ VS 明治大学生田蹴友会
(以下:早稲田稲穂、明治生田)
開幕戦を落とし挽回を図る早稲田稲穂と開幕2連敗と難しい試合が続く明治生田の1戦。試合は早稲田稲穂5番駒田樹治(3年=川和)の2得点に加え、55番河島佑樹(1年=暁星)、15番木下悠人(2年=早稲田実業)がゴールを決めて4得点をマーク。圧倒的な攻撃力を魅せつけた早稲田稲穂が初勝利を飾った。

 

[第3節]
中央フースバル 2-1 早稲田ヒューマン
早稲田理工 2-0 慶應リコタイ
早稲田グスタ 2-0 明治体同連
早稲田稲穂 4-0 明治生田

[順位表]
s__2875410

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.24

【BMOM74】ユニオンカップ3連覇に大きく貢献したスーパーサブ。その男とは一体何者だ!

ユニオンカップ決勝戦が9月22日に行われた。決勝戦まで駒を進めたのが早稲田大学水曜サッカー会(以下:水曜)と同じく早稲田大学CHUTAR(以下:CHUTAR)であった。 試合は2-1で水曜がCHUT…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.05

【新入生必見!同好会チームガイドvol.11】法政大学編その1

法政大学 FC PASSION 【男性メンバー数】 50名 【女性メンバー数】 50名 【SNS・ホームページ】 Twitter:https://twitter.com/shu…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.17

【美女マネvol.27】現在ミスコン出場中!今回は黒いユニフォームのチームのマネを初特集!

こんにちは!   サークル生活もいよいよ終盤に入りましたね!   先輩たちが引退すればいよいよ幹部交代となります。   寂しいですね。…

read more 高橋佑輔
コラム 2023.10.07

ミスコンでも活躍する美人マネージャー

今年もミスコンの季節がやってきたということで、今年もマネージャーのみならず、ミスコンでも活躍している黒尾ヒカルさん(中央大学体同連フ―スバルクラブ)、夏坂結名さん(慶応キッカーズ)のお二人にインタビュ…

read more 松本 瑠風
コラム 2021.10.09

激戦必須!新関東リーグPREVIEW SHOW【後編】

昨日に続き、新関東リーグ1部のチームを紹介!   ・明治大学体同連サッカー部 (以下:明治体同連) ・昨シーズン 6位 今年の明治体同連のサッカースタイルは堅守速攻で、J…

read more 山崎冬弥
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.01.17

【株式会社フジキカイ】BeYonDの新スポンサー様を訪問させていただきました!

    みなさんこんにちは!BeYonD編集部です!   今回、2021年12月より新たにBeYonDプロジェクトをスポンサードしていただいている…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-