【各サークルの面白い人たち特集】vol.2 中央大学体同連フースバルクラブ:渡部雄飛

早坂

こんにちは!BeYonD編集部です!

 

各サークルの面白い人たち特集vol.2中央大学体同連フースバルクラブの渡部雄飛さんにインタビューさせていただきました!

 

【プロフィール】

・名前:渡部 雄飛(わたなべ ゆうと)

・ニックネーム:ハム、ハムさん、ハムちゃん

・出身高校:相馬高校(福島県)

・所属サークル:中央大学体同連フースバルクラブ

・座右の銘:自らが輝くことで周りも輝く

・特技:ツッコミ

・趣味:居酒屋巡り

・チャームポイント:親知らず

【渡部雄飛って誰だ!?】

ビヨンド編集部:「今回、サークルの盛り上げ役特集第2回ということで、中央大学体同連フースバルクラブの渡部雄飛さんにインタビューさせていただきます。よろしくお願いします。まず初めに自己紹介お願いします。」

ハムさん:「中央大学体同連フースバルクラブ14番、渡部雄飛です。よろしくお願いします!あだ名はハムって呼ばれているので皆さん気軽に呼んでください!」

ビヨンド編集部:「どうしてハムと呼ばれるようになったのですか?」

ハムさん:「2年生の時に、自分が着替えていると一つ上の先輩に、『お前白いし、旨そうだからハムみたいだな』って言われたのがきっかけで、それからは先輩・後輩関係なく皆がハムやハムさん、ハムちゃんって呼ぶようになりました(笑)。」

ビヨンド編集部:「そのあだ名について嫌な気はしなかったんですか?」

ハムさん:「全くですね。むしろ嬉しかったですね。親しみやすいあだ名でみんなとの心の距離もグッと縮まった気がしました。みんながそれで笑顔になれるなら自分は嬉しく思います(笑)。」

【なぜフースバルに?】

ビヨンド編集部:「他にもサークルがある中で、なぜフースバルに入会したのですか?」

ハムさん:「まず、先輩たちがかっこよくて可愛かったっていうのがありました。ビジュアルもそうだし、生き方としても素晴らしい人たちの集団なんだと思いましたね。そこに共感した感じですね。サカ同(中央大学サッカー同好会)とも迷ったんですけど、フースバルの年上マネージャーは端麗な女性が多くて、そんな人たちに可愛がってもらったら、もう入会するしかないでしょ(笑)。あと、サカ同は生粋の陽キャ集団だから、そこに自分が入っても、目立ちたがり屋の自分が輝けないとも思いましたね。」

ビヨンド編集部:「周りが輝きすぎているサカ同では自分が輝くことは難しいですもんね(笑)。そして、フースバルなら比較的陽キャになれると踏んだわけですね(笑)。サッカーと遊びのどちらに重きを置きましたか?」

ハムさん:「どちらかというとサッカーかな。自分の出身高校はそんなに強くなくて、フースバルには名門出身の人も多くて、そういう人たちと一緒にサッカーしたいと思いました。遊びもいいけど、やっぱりサッカー好きなんです(笑)。」

【フースバルでどんな存在?】

ビヨンド編集部:「フースバルの幹事長でもあるハムさんは、サークル内でどんな存在ですか?」

ハムさん:「一言で表すとおもちゃですね(笑)。」

ビヨンド編集部:「おもちゃ?幹事長がおもちゃになるのは珍しいですよね(笑)。そうなったら幹事長としての威厳とかは無くならないんですか?」

ハムさん:「そうですね(笑)。学年問わず馬鹿にされたり、いじられたりするんで、そういった意味ではおもちゃなんです。でも、イベントや飲み会の計画もしっかりするし、当日は自分が率先して体を張ったりして皆を楽しませているので、こんな幹事長だけどしっかりついてきてくれました。『やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ』を徹底できた素晴らしい幹事長であると自負しております。」

ビヨンド編集部:「では今回の特集の核でもある、面白キャラになった経緯を教えてほしいです。」

ハムさん:「繰り返すことになるけど、自分は目立ちたがり屋だから体を張って周りが笑ってくれるとすごく嬉しいからっていうのが率直な思いで、それを自然とやっていたらお笑い担当的な立ち位置になりましたね(笑)。大学入学当初から先輩からいじられていたのでこういうキャラになったのかなと(笑)。」

ビヨンド編集部:「高校時代はどんな感じだったんですか?」

ハムさん:「高校の時は部長をやっていて厳しくもあったけど、オフの日とかは後輩とかとよく一緒に遊んだし、後輩にも結構馬鹿にされてましたね(笑)。今思えば高校時代と大学生活の自分のキャラとか立ち位置って全然変わってないですね(笑)。」

【フースバルについて】

ビヨンド編集部:「フースバルへの愛を語ってください(笑)。」

ハムさん:「漠然としているけど、みんな個性的で輝いているなと思いますね(笑)。あと、良くも悪くもサークルっぽくない所がいいなぁと思いますね。マネージャーが全出席とか、練習来るのが当たり前みたいな風潮があって、傍から見ると辛いことでもやることで、試合に勝った時の喜びとかを全員で共有できるのがすごく好きですね。」

ビヨンド編集部:「これからのフースバルへ一言お願いします!」

ハムさん:「グスタ(早稲田大学FC.GUSTA)とか稲穂(早稲田大学稲穂キッカーズ)と共にサークル界を牽引するような存在だと思うので、フースバルだけじゃなくてサークル界全体を盛り上げていってほしいと思います。」

【最後に一言】

ビヨンド編集部:「最後に一言お願いします!」

ハムさん:「人見知りせずにグイグイ誰とでもしゃべれるので、大会とかで見かけたら気軽に声をかけてください!どんな雑なボケでも拾うし、体も張るので是非ともお話ししましょう!ありがとうございました。」

ビヨンド編集部:「ありがとうございました。」

 

特技のツッコミとは相反する『いじられる』という現実でも力強く生きているハムさん。そんなハムさんの株がただただ上がった特集記事でしたが、インタビューを通して面白くてメリハリのある人物であることがわかりました。グラウンドで彼を見つけたら是非お話してみることをお勧めします!

Written by

早坂

早坂千紘

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.07

【同好会情報vol.10】マガジン杯とは?

みなさん夏休みどのようにお過ごしでしょうか?9月に入り、 暑さもなくなり秋らしくなってきましたね!   しかしこの大会なしでは夏は終われない…   そ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.25

【BMOM95】早稲田稲穂GK落合裕太(3年=日大藤沢)頼れるGKはカバーリングスキルも卓抜!

[05.20  新関東カップ 2018 3回戦  早稲田稲穂 0(6)-(5)0 早稲田ヒューマン 鹿島ハイツ第4グラウンド] スコアレスドロー、枠内シュート無し。 このような試合展開…

read more 高橋佑輔
コラム 2022.11.09

【新関東リーグ2022・1部・2.3節マッチハイライト】過密日程となった2日目。2連戦を物にするのはどのチームか!?

第2節 中央大学体同連フースバルクラブ VS 明治大学生田サッカー蹴友会 前節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)に敗れた中央大学フースバルクラブ(以下:フース)と、明治大学groovykids…

read more 柴田尋生
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.10.27

美女マネ特集2023!

[avatar /] お疲れ様です。ついにサークルの集大成である新関東リーグが始まるので、いつも支えてくれるマネージャー特集の記事を書こうと思います! 「支えてくれてありがとう 美女マネージャ…

read more 夏果山崎
コラム 2022.08.14

元大学日本1、元Jリーガーからみたサークルの印象は?

井筒さんインタビュー第2弾! 前回同様、大学でキャプテンとして日本一になり、J2でプレーし、クリアソン新宿をJFLへと導いた井筒陸也さんに今記事ではサークルの印象を聞いてみた。 サークルに…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2020.06.22

【筋トレ特集vol.1】筋トレはもてるためではない。

皆さんこんにちは!   おうち時間いかがお過ごしですか?     本日紹介するのは、、、、 おうち時間全てを筋トレに捧げたイカした男 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.04

【イケメン特集vol.2】モダン女子が求める正統派、スタイル抜群イケメン

こんにちは!     8月9月と暑かった夏が嘘のように 最近は寒くなってきました!     9月にはサッカーサークル一大イ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM4]MF三村翼(3年)直接FKで決勝点。攻守で存在感を示す

驚異のセカンド回収率 三村   明治大学体同連サッカー部は、中央大学サッカー同好会との生き残りを賭けた下位決戦。 結果は1-0で明治体同連が勝利した。この大事な決勝点を挙げたのは、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.24

【筋トレ特集vol.2】サークル界のマッスルモンスター

皆さんこんにちは!   梅雨になり、家にいる時間が長くなっていると思います。   そんな中でもトレーニングを続けるサークルの筋肉自慢を紹介していきます! …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-