今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

BeYonD 編集部

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】

先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦に併せて、ベストイレブン選考会が行われました。

今回の記事では、今後のサッカーサークル界を引っ張っていくであろう11人の内、5人を紹介していきます!
日々の練習から試合のメンバー決めまで、学生たちで運営を行う大学サッカーサークル。高校時代の部活動と大きく異なる環境を過ごした彼らにこの1年間を振り返ってもらいました!

【1:高校時代のサークルへの印象・入ったきっかけ 2:この一年を振り返って 3:今年の目標】

 

豊村亮太 高砂FC 23(浦和南)

1当初はサークル入るつもりは無かったです。遊んでばっかのイメージでしたが、先輩に誘われたのがきっかけでいざ入ってみるとレベルが高くてびっくりしました。

2全部サークルで埋まった1年間でした。サッカーすることは勿論のこと、遊びも楽しい1年でした。

3去年のアットホームカップでは、自分が止められずにPK負けをして、全国大会に出場できませんでした。今年こそは全国大会に出場したいです!

阿部真珠 中央大学サッカー同好会(日大山形)

1第一印象としては、遊び感というかサッカーをしながらも遊びをメインでやっている印象を持っていました。

2もっとサッカーを適当にやるのかなと思っていたけど、思っていたよりちゃんと練習するし、すごいなと思いました。楽しいなというのが率直な感想です。

3今年の目標は世界征服です。

 

北村恵介 法政大学学団連サッカー部(法政第二)

1高校と同じ熱量でやっているサークルもあれば、そうでないサークルもあると思っていました。高校時代コロナの影響で不完全燃焼に終わり、大学でも高校時代と同じ熱量でやりたいと考えていました。

2とにかく楽しい1年でした。サッカー面では、想像以上に上手い選手が多く、その中で揉まれることで上達を感じられました。また本気の試合ができて達成感に満ち溢れています。

3まだタイトルを取れていないので、残り2年間でできるだけ多くのタイトルを取りたいです!

島一将 法政大学学団連サッカー部(法政第二)

1部活ほどはガチでやらないところ。

2強度はイメージ通りでした。高校サッカーよりも縛りがなく、楽しい部分が多いです。

3次の大会であるMARCHカップで優勝したい。まだ一年生で出た大会で優勝できていなくて、決勝まで行っても勝てていないので、なんとか一年生でタイトルをとりたいです。

小平稜也 神奈川大学AGRADA(帝京長岡)

1高校に比べてゆるく、遊びでやっている組織。練習も大会もほとんどなく、上手い選手も少ない未知の世界でした。

2アットホームカップなどに出場して、上手い人が想像以上にたくさんいました。チームとしても完成されていて、一体感を思ってサッカーをやっている姿には驚きました。仲間と勝利を分かち合う瞬間は最高でした。

3今はコロナの影響であまり活動ができていない状況ですが、活動を重ねる中で戦術といった細かい部分まで突き詰めていいチームを作り上げたいです。そしてその先にはアットホームカップで優勝したいです。

 

 

いかがでしたでしょうか。是非ベストイレブンに選ばれた彼らの名前と顔を覚えて、対戦する際はマンマークをつけましょう!!残りの6人を紹介した記事は明日公開予定です!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.19

【大東文化大学学内戦決勝】フォトギャラリー

試合前にGLANZ21番和田(4年=西武台)とAVANZRE2番川畑(2年=国際学院)が握手を交わす両チームキャプテン。   終始ゴールを狙い続けたGLANZのス…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.03.04

BeYonD OGが振り返る “所属サークルに還元できるBeYonDでの経験”

暖かい日も増え、春の訪れを感じるこの頃。4年生の皆さんが卒業を間近に控える季節となりました。🌸 私たちBeYonDも代替わりを迎え、新しい幹部、メンバーと共にスタートを切りました。 そんな…

read more 田中菜々美
コラム 2017.07.16

【高校別OB座談会vol.5】市立浦和OB座談会 高校選手権出場の思い出を振り返る!

群雄割拠で高校サッカーの激戦区である埼玉県内で強豪として名の知れているさいたま市立浦和高等学校(以下:市立浦和)。 そんな市立浦和のOBたちに高校時代の思い出やそれぞれのサークルについてインタビュー…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.06

【BMOM87】吉崎光(3年=八千代) チームを引っ張り続けた代表の闘志が勝利を呼び込む

【新関東リーグ2017・1部入れ替え戦】Zozopark Honda Football Area 明治大学体同連生田サッカー部蹴友会 2-1 明治大学ESPERANZA 2017年新関東1…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.12.16

【新関東リーグ2021・1部】大会総括

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史…

read more 東 孝太郎
コラム 2020.05.13

【チーム特集】早稲田大学 A.C.Campione

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】において、 見事1099いいねを獲得して第3グループ優勝を果たした「早稲田大学AC.Campione」に独占インタビューを行いました! キラ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-